MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

低反発マットレスは身体が包み込まれる感覚が魅力。特徴、注意点、おすすめ商品まとめ

低反発マットレスは身体が包み込まれる感覚が魅力。特徴、注意点、おすすめ商品まとめ

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

『低反発マットレス』はフィット感のある寝心地が魅力のマットレスです。さまざまな機能や特徴があり「自分に合うものがどれかわからない」と悩んでいる人もいるかもしれません。そんな人に向けて低反発マットレスの特徴やおすすめの商品を紹介します。

目次

低反発マットレスとは?

マットレスを探すにあたり、必ずといっていいほど登場するのが『低反発マットレス』です。

「名前は知っているけれどどんなものかわからない」「なんとなく柔らかいイメージ」という人に向けて、まずは低反発マットレスの基礎知識を解説します。

反発弾性が15%未満のマットレス

低反発マットレスは反発弾性が『15%未満』のマットレスと、日本工業規格(JIS)で定められています。高反発マットレスは反発弾性が50%以上で、低反発マットレスと比較して反発弾性が高いです。

これをさらに分かりやすく例えるためにも、マットレスを手で押したときの状態をイメージしてみてください。

低反発マットレスは、マットレスを押したときに、ふわっと時間をかけて元の状態に戻ります。一方、高反発マットレスを押しても、あまり沈み込まないうえに素早く元の状態に戻るのです。

これにより、低反発マットレスは柔らかく包み込むような寝心地、高反発マットレスはその硬さによりしっかりとした寝心地のものが多いようです。

反発弾性とは

反発弾性は、ある物体に対して力を加えたときに、加えた力と跳ね返る力を『%』で表したものです。

例えば、低反発マットレスと高反発マットレスに、同じ重さの鉄球を一定の高さから落としたとします。

反発弾性が低い低反発マットレスでは鉄球はあまり高く跳ね上がらず、受け止める形に近いです。反対に反発弾性が高い高反発マットレスでは、鉄球が高く跳ね上がるといわれています。

反発弾性が低いと身体にフィットする

低反発マットレスは反発弾性が低いことで、マットレスの中でも比較的柔らかくフィット感が高いといわれています。

反対に反発弾性が高い高反発マットレスは、フィット感はそこまで高くない反面、身体をしっかり支えてくれるため安定感のある寝心地です。

マットレスは反発弾性が低いから・高いからよいという訳ではなく、自分の体や好みに合ったものを選ぶことが重要です。もしも寝心地の悪さを感じるようであれば、マットレスを見直したほうがよいかもしれません。

低反発マットレスの素材

マットレスの素材は寝心地にとって重要な要素です。では、低反発マットレスの素材はどのようなものが使われているのでしょうか?

ここでは、低反発マットレスに使用されている素材について見ていきましょう。

ウレタン製が主流

低反発マットレスは『ウレタンフォーム』と呼ばれる化合物が使われていることが多いです。

ウレタンフォームは、ポリウレタンと呼ばれるプラスチック樹脂を原料としています。フォームには『泡』という意味があり、ウレタンフォームはたくさん気泡を含んでいることが特徴です。

大きく『軟質ウレタンフォーム』『半硬質ウレタンフォーム』『硬質ウレタンフォーム』に分けることができます。低反発マットレスは軟質・半硬質ウレタンフォームが使用されることが主流です。

なお、軟質ウレタンフォームは、食器用スポンジ・自転車のサドル・椅子の座面、硬質ウレタンフォームは建物や船の断熱材・救命艇の浮力材・防水パッキンなどに使用されています。

反発弾性の小ささが特徴

低反発マットレスに使用されるウレタンフォームは、反発弾性の小ささが特徴といえます。外からの力を受けたときにゆっくりと元に戻るのは、この反発弾性の小ささが関係しているのです。

ウレタンフォーム製の低反発マットレスが「支える」というより「受け止める」ような寝心地なのは、この反発弾性によるものといえます。

反対に反発弾性が比較的大きい硬質ウレタンフォームは、体重・体圧に対し反発して体を押し返します。つまり同じウレタンフォームでも、反発弾性が大きいか小さいかで、マットレスの硬さや柔らかさが変わってくるのです。

低反発マットレスのメリット

「低反発と高反発、どちらにするか悩む」という人もいるでしょう。そんなときにメリットを知っていると、選ぶときの決め手になるかもしれません。

低反発マットレスのメリットはどのようなものでしょうか?主なメリットを3つ解説します。

身体にフィットし寝心地が良い

身体体にフィットする寝心地のよさが感じられるのは、低反発マットレスのメリットであり魅力の1つです。

体形や体格に合わせて自然と沈み込むため、優しく包み込まれるような優しい寝心地を満喫できるでしょう。

仰向き・横向きではマットレスに接する面や体重がかかる面が異なりますが、低反発マットレスは体の動きに合わせて形を変えるため、あらゆる寝姿勢に対応してくれることもポイントです。

また、低反発マットレスは『体圧分散(体にかかる圧力を分散する力)』にも優れています。体全体がマットレスに密着することで、背中や腰など特定の部位に圧力がかかりにくく、起床時の痛みや不快感を覚えにくいそうです。

振動が伝わりにくい

低反発マットレスは衝撃を吸収する特性をもっていることから、マットレスの上で動いたときに『振動が伝わりにくい』こともメリットです。

パートナーや子どもなど複数人が1つのマットレスで寝ていると、自分や相手が寝起きしたり寝返りを打ったりしたときの振動が気になるという人も少なくありません。

振動が気になるあまり、寝つきが悪くなる・夜中に起きてしまうなど、睡眠の質を下げてしまう可能性もあるでしょう。

低反発マットレスは振動が伝わりにくいため、自分や相手の睡眠時のトラブルが起こりにくくなるかもしれません。

安価な商品も多く選択肢が豊富

低反発マットレスは高反発マットレスと比べて商品展開が豊富です。価格もお手頃なものからブランド価格まで幅広く設定されています。

「たくさんの種類から気に入るものを選びたい」「コスパのよいものを探したい」という人にぴったりです。予算に合うものや好みのデザインのものを見つけやすいでしょう。

なお、価格が安いものは品質も価格相応のため、あまりに安価なものは長く愛用するのには向いていません。一方で、価格が高いものでも自分の体に合わない場合には、宝の持ち腐れになってしまう可能性があります。

マットレスは頻繁に買い直すものではないからこそ、自分の体に合うもの・長く愛用できる品質のものを選ぶことが重要といえるでしょう。

低反発マットレスを使う注意点

低反発マットレスにはメリットだけでなくデメリットも存在します。

実際に使用したときに「思っていたものと違った」ということがないように、あらかじめ低反発マットレスを使用するときの注意点をチェックしておきましょう。

寝返りが打ちにくく腰に負担がかかる

低反発マットレスは寝返りを打ちにくいというデメリットがあるといわれています。これは柔らかく身体が沈み込んでしまうことが要因だそうです。

仮に寝て起きるまで同じ寝姿勢をとり続けると、背中や腰など特定の部位が圧迫され続け、血液循環に滞りが生まれてしまうといわれています。これにより背中や腰に痛みや不快感を覚える原因になってしまうケースもあるそうです。

快適に眠るためには、適度な寝返りが必要と考えられています。柔らかすぎる低反発マットレスは、避けるほうが賢明でしょう。

通気性が悪く蒸れやすい

通気性が悪く熱がこもりやすいことも、低反発マットレスのデメリットです。

反対に冬場は体の熱を取り込んで暖かくなるというメリットがありますが、とくに暑さが厳しい夏や湿気が多い梅雨時は、蒸れが気になり眠れなくなることもあるかもしれません。

さらに、蒸れを放置し続けると、カビやダニが発生する原因になることもあるそうです。

通気性・放湿性に優れたベッドパッドやカバーを使用したり、寝室の空調を調整したりといった工夫次第では、蒸れによる不快感を軽減できるかもしれません。

また、低反発マットレスの中でも『オープンセル構造』のものは、比較的通気性がよいといわれています。購入前にマットレスの機能面をチェックしておきましょう。

素材によってはサポート力が不足

低反発マットレスに使われる素材によっては、ただ柔らかいだけでサポート力が全くないものもあるといわれています。

柔らかすぎるマットレスの場合、背中や腰などが深く沈み込んでしまうことで、睡眠時に寝姿勢が崩れてしまうそうです。これにより特定の部位に負担がかかりやすくなり、快適な睡眠を妨げてしまう恐れもあるといわれています。

一見すると柔らかいマットレスは寝心地がよいように感じるかもしれませんが、柔らかすぎるマットレスは、マットレスの本来の役割を果たしているとはいえません

「柔らかいからよい」と決めてしまうのではなく、自分の体に合うものを選びましょう。

低反発マットレスを選ぶポイント

低反発マットレスを選ぶにあたり、寝心地や使い心地以外にも、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。ここではマットレスを選ぶポイントを見ていきましょう。

へたりにくい素材・構造か

柔らかく反発弾性が少ない低反発マットレスは、へたりやすいという難点があります。使用する人の体重や使い方によりへたるスピードは異なりますが、早ければ約1~2年でへたって薄くなってしまうこともあるそうです。

低反発素材と高反発素材を組み合わせた『二重構造』タイプの低反発マットレスは、比較的へたりにくいといわれています。

低反発の柔らかさと高反発の適度な硬さがあることで、寝心地のよさと耐久性の高さを兼ね備えていることが特徴です。

「へたりが気になる」「長く使えるものが欲しい」という人は、へたりにくい素材や構造のものをチェックしてみましょう。

長期保証がついているものがおすすめ

低反発マットレスを選ぶときは『長期保証』がついているか確認しておきましょう。

低反発マットレスはその性質上、高反発マットレスと比べるとへたりやすく耐久性が高いとはいえません。そのため寿命が短いものも多いそうです。

長期保証がついているものは、その年数分は使えるという証明であるため安心して使えます。例えば10年の保証がついているものなら、10年を目安に使えると考えられるのです。

しかし、長期保証がついているものほど価格が高めです。そのため手頃な価格の低反発マットレスを購入し、へたりが気になったタイミングで買い替えるのもよいかもしれません。

実際に寝て判断するのがベター

低反発マットレスを選ぶときは、できるだけ実際に寝心地を確かめておくとよいでしょう。

硬い・柔らかいという感覚は、人によって差異があります。他人が「硬い」と感じたものであっても、自分には「柔らかい」と感じるかもしれません。

購入後に「好みじゃなかった」「自分の体に合わなかった」ということがないように、実際に寝てみる・触れてみることで低反発の具合を判断しておきましょう

通販サイトで購入する場合は、商品紹介・口コミ・レビューなどをチェックして、できるだけ細かく寝心地を確かめておくと安心です。

寝心地抜群おすすめ低反発マットレス

睡眠は毎日必ずとるものです。マットレスは毎日使うものだからこそ、寝心地のよいものを選びたいのではないでしょうか。

ここでは寝心地抜群のおすすめ低反発マットレスを紹介します。

ショップジャパン トゥルースリーパープレミアケア 5点セット

弾力性と復元力に優れた『ウルトラヴィスコエラスティック』という低反発素材を採用していることがポイントです。体の凸凹に合わせて形を変えて、まるで自分専用に作られたかのようなフィット感があるといわれています。

現在使っているマットレスや敷き布団に重ねて使えるため、かんたんにワンランク上の寝心地を手に入れられることも魅力です。

抗菌・防臭・防ダニのトリプル加工で、清潔な状態を保ちやすいでしょう。側地はリバーシブル仕様です。

夏は通気性のよいメッシュ面、冬はなめらかなスムーズ面を使い分けることで、年間を通して心地よく使えるでしょう。

  • 商品名:ショップジャパン トゥルースリーパープレミアケア 5点セット
  • 楽天:商品ページ

テンピュール トッパーデラックス3.5 S

アメリカ航空宇宙局『NASA』から公式認定を受けた独自の低反発素材を使用したマットレスです。使う人の体重・体温・体形に応じて形が変わり、まるで宇宙空間に浮いているような感覚で、リラックスしながら眠りにつけるといわれています。

一般的な低反発マットレスと比べると耐久性に優れているそうです。三つ折りにもできるため、収納スペースが限られている人や来客用のマットレスを探している人に向いているでしょう。

  • 商品名:テンピュール トッパーデラックス3.5 S
  • 楽天:商品ページ

低価格が魅力の低反発マットレス        

低価格のマットレスは手軽に購入しやすいため「コスパのよいものが欲しい」という人におすすめです。ここでは、低価格ながら品質も魅力的な低反発マットレスを見ていきましょう。

ニトリ カバーが洗えるメッシュウレタンマットレス

厚さ8cmと薄型の低反発マットレスです。ロフトベッドや2段ベッドのような、フレームがしっかりしているベッドに向いているといわれています。

ウレタンの弾力があることで、薄型とはいえしっかり体にフィットしてくるでしょう。体が床につくような底付感もほとんどないそうです。

カバーは洗うことができます。メッシュ生地を採用しており、マットレスの湿気を逃して蒸れにくい仕様です。

カラーはピンク・ブルー・グリーン・ブラック・ライトブルーから選べます。マットレスにしては珍しいカラー展開の豊富さも魅力といえるでしょう。

  • 商品名:ニトリ カバーが洗えるメッシュウレタンマットレス
  • 公式サイト:商品ページ

GOKUMIN プレミアム低反発マットレス

低反発素材『ジェルメモリーフォーム』を採用しているマットレスです。ソフトな肌触りとしっかり体を支える適度な硬さがあります。

加えて一般的な低反発素材よりも通気性に優れており、マットレスが蒸れにくいこともポイントです。

マットレス本体には消臭・調湿効果が期待できる『竹炭』が配合されています。さらに、マットレスに小さな穴あき加工がされていることで、さらに通気性を向上しているそうです。

専用の収納袋がセットになっていて、持ち運び・収納しやすいという利点があります。

  • 商品名:GOKUMIN プレミアム低反発マットレス
  • Amazon:商品ページ

アイリスオーヤマ 低反発マットレス

カバーがリバーシブル仕様になっており、表面は冬にぴったりなニット生地・裏面は夏にぴったりなメッシュ生地を採用した低反発マットレスです。季節に合わせて表にする面を変えることで、年間を通して心地よく眠れるでしょう。

素材には体に柔らかくフィットするウレタンフォームを使用しています。厚さ4cmと薄型のマットレスのため、手持ちのマットレスや敷布団に重ねて使うとよいかもしれません。

  • 商品名:アイリスオーヤマ 低反発マットレス
  • 公式サイト:商品ページ

タンスのゲン 低反発マットレス 8cm ダブル 耐圧分散 洗えるカバー付き

厚さ8cmと極厚の低反発マットレスです。カバーにはパイル生地を採用しており、肌触りのよさとマットレス本体のフィット感のある寝心地が合わさることで、穏やかな眠りへと誘ってくれるでしょう。

肌に直接触れる機会の多いカバーは取り外して洗濯可能です。定期的に洗濯することで、清潔な状態を保ちやすいでしょう。

三つ折り・丸めることができるためかんたんに持ち運べます。重さは約8kgと女性でも持ち運びやすいでしょう。

  • 商品名:タンスのゲン 低反発マットレス 8cm ダブル 耐圧分散 洗えるカバー付き
  • 公式サイト:商品ページ

まとめ

低反発マットレスは、柔らかく包み込まれるような寝心地が特徴です。高反発マットレスと比べると安価なものも多く、商品バラエティが豊富なことも嬉しいポイントといえます。

ただし、体に合わない硬さのものを選ぶと、眠りを妨げたり体のトラブルを引き起こしたりする可能性があります。素材や構造を考慮しながら、最適なマットレスを見つけましょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ