MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

ベッドのクリーニングはプロに依頼すべき?料金・時間・選び方・おすすめサービスを紹介

ベッドのクリーニングはプロに依頼すべき?料金・時間・選び方・おすすめサービスを紹介

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

ベッドの購入から長くたっているなら、そろそろクリーニングが気になるタイミングかもしれません。プロに依頼すると、まるで新品のように生まれ変わる可能性があります。業者ごとのサービスの違いやクリーニングのメリットを知り、利用を検討してみましょう。

目次

ベッドをクリーニングに出すメリットは? 

汚れが目立ってきたベッドは、自分では掃除できない部分もあります。そのため業者にクリーニングを依頼した方がよいかもしれません。

クリーニングを依頼するメリットには、具体的にどのようなことがあるのでしょうか?

内部まできれいに

長年使い続けているベッドには、一見きれいに見えたとしても、汗や皮脂による汚れが染み込んでいることが多いそうです。そのような内部の汚れをきれいに落とせるのは、『プロの道具と技術だからこそ』といえます。

自宅にある一般的な掃除道具や、自分でできる家庭の掃除の技術では、ベッドの内側まできれいにするのは難しいお手入れではないでしょうか。

見えないところに入り込んだ汚れまで、徹底的に洗浄するクリーニングにより、安心して清潔なベッドで眠れるようになるはずです。

クッション性が回復する

クリーニングでは、ベッド内部のクッションの層まで、蒸気で洗浄するそうです。約100℃にも及ぶ高温で、汚れはもちろん、ダニや雑菌まで対策できるといわれています。

このように、クッションまで徹底的にきれいにするため、クリーニング後には『ふかふかの質感が復活』することもあるそうです。汚れがきれいに落ちると同時に、寝心地のよさも回復するサービスといえます。

購入直後のふかふかなベッドが好み、という人にもぴったりでしょう。

しつこい汚れや臭いもきれいに

軽い汚れであれば、ぬらしたタオルでたたくようにすると、落とせることがほとんどです。しかし、ひどい汚れや、ついてから時間のたった汚れは、自分では落とせないこともあります。

そのような頑固な汚れも、クリーニングに依頼すればきれいに落とせる可能性があるそうです。汚れの種類に合わせ、適切な洗浄剤や洗い方を選べるプロだからこそ、さまざまな汚れに対応できると考えられます。

また、汚れが原因で臭いが染み付くこともあるそうです。徹底的に汚れを取り除くクリーニングなら、臭いの原因である汚れが取り除かれるため、臭いも一緒になくなることが期待できるといわれていす。

ベッドのクリーニングの作業内容とは

大きくて動かすのが難しいベッドのクリーニングは、自宅で作業をしてもらえるそうです。どのような手順と内容で、クリーニングが実施されるのでしょうか?

掃除機によるゴミの吸引作業

まず実施するのは、掃除機による吸引作業です。日常的に寝室の掃除をしていても、ベッドにはごみが残っていることがあります。

ほこりや髪の毛などが表面に付着しているだけでなく、マットレスとベッドフレームの隙間に入りこんでいることもあるそうです。『端から丁寧に掃除機がけ』をして、ごみがないベッドを目指します。

ベッドのゴミを徹底的に除去することで、この後の作業を、より効果的に実施できるようになるそうです。

表面と内側の汚れを浮き出す

掃除機による吸引作業が終了したら、次は蒸気による洗浄を実施します。約100℃という高温のスチームを噴射する機器で、ベッドの『表面と内部の汚れを浮かせる役割』のある工程だそうです。

ベッドの上を繰り返しスチームで熱して、たまった汚れをどんどん取り除きやすくしていきます。

さらに、専用洗浄機を使用し、頑固な汚れを除去しやすくすることもあるそうです。特に、シミや頑固な汚れが付着している部分は、重点的に作業するといわれています。

汚れをしっかり浮かせることができたら、バキュームで吸い込み作業だそうです。このとき、洗浄で使用した水と同時に浮かせた汚れを吸引し、ベッドから汚れが取り除かれます。

最後に乾燥

水分をバキュームでしっかり吸い込んでも、ベッドはまだ完全に乾いていません。そのため、最後の工程では、『専用ドライヤーを使用して乾燥』させるそうです。

ベッドは湿気が残っていると、傷みやすくなったり、カビが生えたり、ダニが繁殖しやすくなったりするといわれています。

清潔にクリーニングしたベッドを、しっかり乾かすことで、気持ちよく眠りやすい状態に仕上げるそうです。

ベッドのクリーニングの料金の目安 

ベッドのクリーニングは、特別な機材や専用の洗剤を使用するため、決して安い金額とはいえません。具体的にどのくらいの料金がかかるのでしょうか?目安を知り、依頼するときの参考にしましょう。

サイズによって料金が異なる

クリーニングの料金は、ベッドのサイズによって違うようです。片面をクリーニングしてもらう場合、シングルやセミダブルは約8000~1万5000円、ダブル以上だと約1~3万円が相場といわれています。

両面クリーニングをすると、料金は同サイズのベッドの約2倍になるケースが多い傾向です。

状態で変わるため見積もりが必要

また、ベッドの『状態によって料金は変動』します。例えば、染み汚れが大きく広がっている・たくさん付着しているという場合には、サイズに応じてオプション料金の支払いが必要なケースもあるそうです。

そのため、料金を詳しく知るためには、事前に見積もりを依頼する必要があります。複数の業者に見積もりを依頼すると、サービス内容や料金を比較でき、希望に合った業者を選びやすくなるでしょう。

ベッドのクリーニングの所要時間

クリーニングの作業を開始してから終わるまでは、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?また、持ち込みによるクリーニングにかかるおおよその納期も紹介します。

出張してもらえば2~3時間程度

自宅に出張してもらうタイプのベッドクリーニングは、全行程が終わるまでに『約2~3時間』かかるそうです。ただし、所要時間は一律ではなく、ベッドのサイズによって変わるといわれています。

小さなシングルベッドを片面クリーニングするより、大きめのダブルベッドを両面クリーニングする方が、1つずつの作業に時間がかかりやすくなり、全体の所要時間も長くなりやすいのです。

また、汚れの状態・オプションの有無・作業当日の気温や温度などにも左右されるといわれています。詳しい所要時間を知りたい場合には、ベッドのサイズや汚れの状態を確認し、業者に問い合わせるとよいでしょう。

店舗でクリーニングする場合

業者の中には、宅配でベッドのマットレスを送り、店舗でクリーニングを実施する、というタイプのサービスもあります。仕上がりまでの目安は『約2~3週間』だそうです。

店舗へ届くまでの時間・クリーニングにかかる時間・自宅に届くまでの時間が必要なため、出張タイプのクリーニングと比較して、完了までに長い時間がかかると考えられます。

ベッドのクリーニング業者の選び方

クリーニングの業者はたくさんあります。いろいろ見ていると、「どこに依頼すればよいのだろうか?」と迷ってしまうかもしれません。

自分にぴったりの業者を探すためには、選び方のポイントを知っていることが大切です。

サービスで選ぶ

業者選びのポイントとしてまずあげられるのは『サービスの質』です。基本のクリーニング内容は、どの業者でも似た工程で行われることが多いといわれています。

サービスに差が出てきやすいのは、オプションです。例えば、汚れやカビ・ダニを防ぎやすくする長期防臭抗菌加工を施したり、ダニ対策のために防ダニ加工を施したりできる業者もあります。

また、オプション自体はどの業者にもある内容でも、無料で実施しているためお得ということもあるかもしれません。例えば、染み抜きを無料でしている業者などがあります。

他にも、女性スタッフ同行や、損害保険加入といった業者もあるため、安心して使用しやすい業者を選べるでしょう。

対応可能なタイプを確認

ベッドの素材によっては、クリーニングできないこともあるそうです。そのため、自宅のベッドのクリーニングに『対応できる業者』を選ぶ、というのも大切なポイントといえます。

例えば、一般的なボンネルコイルマットレスであれば、スチーム洗浄によるクリーニングができるケースが多いため、依頼できる業者はたくさんあるはずです。

一方、水ぬれに弱い素材である、低反発や高反発のウレタン・ラテックスなどは、スチームが使用できずクリーニングができないことも多いといわれています。

改めて、自宅のベッドの素材を確認することで、確実に対応してもらいやすくなるでしょう。

使っている洗剤で選ぶ

肌が敏感な人や、薬品に反応しやすい人・小さな子どもがいる人などの場合、使用している洗剤が気になることもあるかもしれません。

業者によってクリーニングに使用する洗剤は違うため、『使っている洗剤で選ぶ』という選択肢もあります。中には、合成界面活性剤や化学物質の使用を最小限に抑えた洗剤を使用している業者もあるため、必要に応じて選ぶとよいでしょう。

どのような洗剤を使っているか明記されていない場合には、問い合わせてみると安心して依頼しやすくなるはずです。

ベッドのクリーニングのおすすめ業者を紹介

たくさんの業者がある中から、特におすすめの3社を紹介します。それぞれの特徴をチェックして、希望に合うかどうか確認しましょう。

人と環境に優しい「ダスタリー東京」

クリーニングに使用する洗剤は業者ごとに違いますが、ダスタリー東京ではオリジナルの洗浄剤『SEEQ』を使用しているそうです。

麦・トウモロコシ・大豆・菜種・リンゴなどを原料に作られた純植物性の洗浄剤は、人はもちろん環境にも優しいといわれています。

一般的な合成洗剤に含まれている化学物質が入っていないため、口に入れても大丈夫なほどの安全性の高さだそうです。そのため、肌が敏感な人も安心して使いやすく、環境にも負荷がかかりにくいと考えられています。

このように、安全な洗浄剤と、スチーム洗浄を組み合わせ、ベッドの汚れを掃除する業者だそうです。防ダニや防カビといった加工も依頼できます。

ベッドクリーニング ソファー カーペット クリーニングのダスタリー

幅広い家具に対応「あらうや」

あらうやは東京都内・埼玉県内で、さまざまな大型布製品のクリーニングを行っている業者になります。ベッドはもちろん、ソファー・カーシート・チャイルドシートなどもクリーニングできるといわれています。

クリーニングには、界面活性剤や有害な化学物質を含まない洗浄水を使用しているため、小さな子どもやお肌の敏感な人が使うベッドも安心して任せられるのではないでしょうか。

また、バイオ消臭剤を使用するオプションも選択できるそうです。おねしょの汚れや臭いがついても、バイオ消臭剤なら嫌な臭いを発生させることなく、悪臭の元を分解できるといわれています。

マットレス・チャイルドシートのクリーニング 東京都内・埼玉県内 – 大型布製品のクリーニング あらうや

確かな技術が魅力「クリーンネット」

クリーンネットの魅力は、家具や布製品のクリーニングに精通した技術者が在籍しているといわれている点です。確かな技術によって、大切なベッドを確実にきれいにしてくれるでしょう。

子どもやペットがおねしょをしてしまった、具合が悪くてベッドで吐いてしまった、というようなときも、汚れと臭いをしっかり落としてくれるといわれています。

スチーム洗浄の後には、オリジナル酵素剤も使用しているそうです。食器洗浄機にも使える安全性の高い洗浄剤で、汚れをさらに分解しやすくしています。

技術に基づいた実績のある業者ですが、万一の時に備え、賠償保険へ加入しているそうです。技術面でも保証の面でも安心して任せられるでしょう。

ビル清掃・ハウスクリーニング・害虫駆除・消臭脱臭 – クリーンネット

ベッドを長持ちさせるには

クリーニングでぴかぴかの状態になったベッドは、できるだけきれいな状態で使い続けたいものです。そのために役立つ方法を紹介します。日々のお手入れで、ベッドの寿命にも違いが出てくるそうです。

パッドやシーツを使う

きれいになったベッドを汚れから守るには、『ベッドパッドやシーツ』が役に立つといわれています。万一汚してしまっても、ベッドパッドやシーツが敷いてあれば、ベッド本体には汚れがつきにくいはずです。

汚れてもベッドパッドやシーツなら自宅でかんたんに洗濯しやすいので、自分でお手入れができます。

ベッドパッドやシーツは、ベッドの湿気対策にもつながるでしょう。眠っているときの汗がベッド本体に染み込みにくくなるため、湿気でベッドが傷みやすくなるのを予防する働きが期待できるはずです。

よく乾燥させる

ベッドのマットレスを『天日干しや陰干し』で乾燥させることも、長持ちしやすくするためのポイントといえます。

定期的に壁に立てかけることを習慣にするだけで、普段湿気がたまりやすい場所の通気性を高めやすくなるそうです。

ベッドが乾燥した状態をキープできれば、カビが生えたりダニが繁殖したりしにくくなるといわれています。ベッドが傷みにくくなるため、快適な状態で使い続けられるでしょう。

ローテーションして使う

一部だけでもへたってしまうと、ベッドは寝心地が変化してしまい、使い続けられなくなってしまうそうです。無理に使い続けていると、寝姿勢の乱れから、体調に影響を及ぼすこともあるといわれています。

そのため、定期的に上下や表裏を入れ替える『ローテーション』を実施しましょう。使う面を変えることで、1カ所だけへたることを避けやすくなり、ベッドが長持ちしやすくなります。

ローテーションは、約2~3カ月ごとに1度するのが目安とされているそうです。季節ごとのお手入れとして取り入れるとよいでしょう。

自分で汚れを落とす方法

ベッドの汚れが目立ち始めたら、自分で落とす方法もあります。小さな汚れなら、十分対応可能です。

おねしょの汚れができたときや、血がついたときには、ぬらしたタオルでたたき洗いをしましょう。水で薄めた中性洗剤でぬらしたタオルで、汚れや臭いがなくなるまでたたけばOKです。

次に、きれいな水でぬらしたタオルでたたき、洗剤を落としましょう。最後に乾いたタオルで水気を拭き取り、ドライヤーで乾かせば、すっきりきれいに落ちているはずです。

また、カビには消毒用エタノールの使用が便利といわれています。消毒用エタノールをカビが気になる場所にスプレーし、1時間くらい置いてからお湯をつけたタオルで拭き、乾かしましょう。

まとめ

使い始めて時間がたったベッドは、クリーニングを依頼するとよいかもしれません。自分では掃除できないベッド内部や、きれいにするのが難しい頑固な汚れまで、ぴかぴかにしてくれるはずです。

料金やサービスが業者ごとに違うため、自分のベッドに対応している業者であることを確認し、見積もりを依頼しましょう。複数の業者で見積もりをすると、希望を満たす業者を見つけやすいでしょう。

自宅に出張して実施されるクリーニングは、所要時間約2~3時間というケースが多いといわれています。

たった数時間でベッドが新品のようにきれいになるクリーニングで、気持ちよく眠りやすいベッドの状態をキープしませんか?

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ