MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

キングベッド選びは通販が便利。収納付きや連結タイプなど種類を知ろう

キングベッド選びは通販が便利。収納付きや連結タイプなど種類を知ろう

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

夫婦や子供と一緒に眠れるベッドを探している場合、『キングベッド』のような大きなサイズを検討している人も多いのではないでしょうか?キングベッドを選ぶときのポイントやおすすめ商品をチェックして、ぴったりのベッドを手に入れましょう。

目次

キングベッドはどれくらいの大きさか

キングベッド 大きさ

キングベッドの購入を検討しているものの、1人用のシングルベッドやダブルベッドよりも大きさサイズのため、「サイズ感がわからない」という人もいるかもしれません。サイズ感と部屋に置いたときのイメージをチェックして、購入時の参考にしましょう。

ダブルやクイーンとの違い

キングベッドは『幅約180cm×長さ約195cm』のものが一般的です。ベッドのサイズの中でも大きなサイズに分類されます。

一般的なダブルベッドは幅約140cm、クイーンベッドは幅約160cmです。キングベッドの幅と比べると、ダブルベッドは約40cm・クイーンベッドは約20cm狭いことがわかります。

シングルやセミダブルなどの幅はさらに狭くなるため、キングベッドがずいぶんと大きいことがイメージできるのではないでしょうか?「他人を気にせず伸び伸び寝たい」「夫婦や家族で一緒に寝たい」という人は、キングベッドがぴったりです。

部屋に入るサイズか確認しよう

キングベッドは4畳判や5畳のような狭い部屋にも設置することは可能ですが、ベッドだけで部屋が埋まります。

他の家具を設置するスペースどころか、生活スペースを確保することは難しいでしょう。6畳以上の部屋であればキングベッドを設置できますが、家具や収納を置くと圧迫感を覚える可能性があります。

キングベッドを余裕を持って設置するためには『8畳』以上の部屋が望ましいサイズです。部屋の広さは十分であっても、玄関や天井、部屋のドア前にスペースがないと『搬入』に差し支える可能性があります。

梱包されたときのことを加味して、『ベッドサイズ+10cm』程度の余裕があるかどうか計っておくと安心です。

マンションや戸建ての2階に置く場合

マンションや戸建ての2階の場合は、『通路』や『階段』を通るサイズ・梱包のものを選びましょう。マンションや部屋の中の階段は、折り返しが急なところも珍しくありません。

ベッド一式の中で、もっとも幅を取るのはマットレスです。キングベッドともなると幅と長さがほぼ同じなため、シングルベッドのように横に倒して入れようとしても難しいでしょう。玄関の高さよりも長い場合には、入らないこともあります。

真空パックされている『圧縮タイプ』や半分のサイズになる『折りたたみタイプ』、二つ以上に分けられる『分割タイプ』ものなら、エレベーターや玄関を通らないというリスクを避けられるでしょう。

ベッドフレームは『組み立て式』のものであれば、部品がこまかく分かれていることで搬入しやすくなります。

キングサイズのメリットとデメリット

キングベッド メリット デメリット

キングベッドは、大きい故のメリットとデメリットがあります。購入後に「自分には合わなかった」と後悔することのないように、チェックしておきましょう。

2人で寝ても余裕があり快適

キングベッドのメリットは、『大人2人で寝ても十分な余裕がある』ことです。人間が快適に寝返りを打つためには、『片側約25cm』の幅が必要といわれています。平均的な肩幅は、男性は約45cm・女性は約40cmです。

男性と女性が2人並んで寝る場合に必要な幅は、平均値を参考にすると(25+男45+女40+25cm)=約135cmとなります。キングベッドの幅は約180cmあるため、寝返りの幅を考慮しても約45cmの余裕があるでしょう。

平均的な体格の夫婦であれば寝返りを打っても落ちる心配がなく、ゆったりと眠れます。小さな子供であれば、3人で寝ることも可能です。

高級感がある

キングベッドは、サイズが大きく存在感があります。素材を少し意識するだけで、『部屋の雰囲気に高級感を出してくれる』こともメリットの一つです。

レザーは、高級感を出すのにもってこいの素材です。スタイリッシュと重厚感を両立します。北欧調など人気の高い木製はシンプルながらしっかりした造りで、品のよいインテリアとして部屋と調和するでしょう。

布貼りのファブリックはやわらかさを醸し出し、落ち着いた美しさです。ロココ調やお姫様風のフリル付き、光沢のある素材など、とことんゴージャス感を追求してもよいでしょう。

デザイン性の高いキングベッドは部屋に置くだけで雰囲気を一変し、まるでホテルのような寝室を演出できます。

ホテルのベッドでよく見られる『ベッドスロー(ベッドの上の細長い布)』や『大きなクッション』を並べると、高級感がアップするかもしれません。クッションの色・シーツなどの質感や色を統一すれば、よりラグジュアリーな雰囲気が生まれます。

シーツやカバーがあまり売られていない

キングベッドのデメリットというと、シーツやカバーがあまり売られていないことです。シングルベッドやダブルベッドのような定番のサイズと比べると、キングベッドは本体自体が取り扱いの少ない傾向にあります。

シーツやカバーなど付属品も少なめで、「たくさんのデザインから選びたい」という人は困ってしまうかもしれません。

寝具専門店や家具ショップなど一つのブランドやメーカーでは取り扱いが少なめですが、『Amazon』や『楽天』などの通販サイトでは比較的種類があります。こだわりが強いわけでなければ、そこまでデメリットを感じることはないでしょう。

どちらが使いやすいか比較してみよう

キングベッド 種類

キングベッドを購入するときは、『連結ベッド』と『1枚もの』から選べます。キングベッドと同等のスペースになるように、シングルベッドやセミダブルベッドなどを2台を並べて使うことも選択肢の一つです。それぞれの特徴をチェックして、部屋や生活スタイルに合うものを選びましょう。

スタンダードな連結ベッド

キングベッドは、二つに分割できる連結ベッドがスタンダードです。ベッド同士は、触れあっている側の数カ所を『専用の金具やベルト』でしっかり固定します。一般的な使い方をしていればズレてしまう心配はありません。

キングベッドはサイズが大きいため、搬入するときに玄関やドアを通らない事態も珍しくありません。連結タイプであれば『分割した状態』で届くため、搬入がスムーズに進むでしょう。

連結ベッドは2台に分割するタイプが主流ですが、3台以上に分割できるタイプもあります。いわゆる『ワイドキングベッド』で、幅約80cmのセミシングルを3台並べた形です。分割したときの大きさがそれぞれ異なるものもあるため、購入前にサイズをしっかりチェックしておきましょう。

境目が気にならない1枚もの

一般的なベッドと同じく、1枚のマットレスを使用したキングベッドももちろんあります。連結ベッドのように2台に分けて使用することはできませんが、『ベッド同士の境目が気にならない』のがメリットです。

境目があると寝返りを打つときや真ん中で寝るときに、体が境目に沈んでしまうことがあります。1枚ものであればどこで寝てもフラットで、寝心地の悪さを感じにくいでしょう。境目にカバーやゴミが挟まる心配がないこともメリットといえます。

ただし、1枚で届くことで、当然連結ベッドよりも大きな状態で届くことは注意したいポイントです。搬入できるサイズかあらかじめチェックしておきましょう。

寝具が手に入りやすいサイズのベッド2台

キングベッドの代わりに、別のサイズのベッドを2台並べるのも手です。たとえば、シングルベッドは幅約97cmで、二つ並べると幅約194cmとキングベッド1台よりもわずかに大きめのサイズになります。

同じサイズを並べる必要はなく、シングルベッド+セミシングルベッドのような組み合わせも可能です。セミシングルは幅約80cmで、2台を並べると約177cmとなり、キングベッドとほぼ同じサイズになります。

ベッドを並べるスタイルであれば、『連結と分割を好きなタイミングでできる』ことが魅力です。小さな子供がいる家庭であれば、普段は連結した状態で使用し、子供の成長に合わせて分割して2台のベッドとして使うこともできるでしょう。

1人用は需要も多く、シーツやカバーなどの寝具類も手に入りやすいサイズです。キングベッドのデメリットとして指摘される『商品の種類の少なさ』への対策にもなるでしょう。

キングベッドを選ぶなら?

キングベッド 選び方

ベッドは、基本的に何度も購入するものではありません。数年は問題なく使えるものを選ぶためには、いくつかのポイントを押さえることが大切です。

キングベッドを選ぶときにチェックしたい予算の目安や便利な機能、メーカーの選び方を解説します。

予算から選ぶ

ベッドを選ぶ際、予算は大切なポイントです。キングベッドは安価なものでも1万円前後はします。有名ブランドのものであれば数十万円することも珍しくありません。

睡眠の質に本格的にこだわるのであれば、『10万円以上』の予算が必要になるでしょう。高価なものは品質や耐久性が高いものが多く、数十年単位で品質保証が付いているものがほとんどです。「長く愛用できるものが欲しい」と考えている人に向いています。

ただし、生活環境が変わる可能性があったり、ベッドを汚しやすい子供やペットと生活したりする場合は、希望に関係なく買い替える必要も出てくるかもしれません。

近年では、安くてもスプリングや床板などにこだわっている商品もあります。「とにかく安さを重視したい」という人は、『1万円台』でマットレス付きベッドを探すことも可能です。

機能で選ぶ

ベッドの機能も、チェックしておきたいポイントです。ベッドは寝て使う以外にも、読書をしたりソファーのように座ったりすることもあるでしょう。

ベッドボードにライトやキャビネット(棚)が付いている『宮棚付き』タイプは、読書のときの明かりや本・眼鏡などを置くスペースを確保できます。コンセント口が付いていれば、スマホの充電ができてより便利です。

ベッドの下に『収納ケース』が付いているタイプは、衣類や季節ものなどを収納できます。キングベッドを置くと寝室が狭くなりがちですが、収納付きであればスペースを有効活用できるでしょう。

主にベッドサイズに合った収納ケースをベッド下に入れる『収納ベッド』ベッドの構造としてローチェストが付いている『チェストベッド』があります。

収納ベッドは左右どちらからも入れられるものが多く、ベッドの位置によって開けやすい側に入れ替えることもできます。チェストベッドはタンスと同じ箱形で、湿気やホコリに直接影響を受けにくいでしょう。

メーカーから選ぶ

有名なメーカーから選ぶこともベッドを選ぶ方法の一つです。

『シーリー(sealy)』や『サータ(Serta)』のようにロングセラー商品を生み出しているメーカーは、多くの人に支持されてきた実績があります。

『日本ベッド』や『フランスベッド』のような国産ベッドメーカーは、日本人の体型に合うベッド作りにこだわりをもっており、体に合うものを見つけやすいでしょう。

『ニトリ』や『アイリスオーヤマ』のようなホームセンターや量販店のベッドは、手頃かつ購入しやすいことが魅力です。

メーカーはあくまでも判断基準の一つであり、同じメーカーでもまったく異なる構造や素材の商品を作っていることも少なくありません。

硬さ・素材・機能など『自身がこだわりたいポイントは何か』を考えたうえでいくつかのメーカーから該当する商品をチェックしておくと、自分に合うものを見つける参考になるでしょう。

デッドスペースを活用したいなら

キングベッド 跳ね上げ式

キングベッドはその大きさから設置スペースに『デッドスペース』が生まれがちです。寝室のスペースが限られている場合は、スペースを有効活用できる『跳ね上げ式』のベッドを選ぶことをおすすめします。

跳ね上げ式は、床板を『バネ』で持ち上げることで、収納スペースを確保できるタイプのベッドです。おすすめの商品をチェックしましょう。

収納ベッド専門店 跳ね上げ式ベッド

2台のベッドが独立した使用の連結タイプのキングベッドです。国産ベッドならではのモダンデザインは、設置することで部屋の雰囲気を格上げしてくれることでしょう。

ベッド下は一面収納スペースになっており、2台で最大『1100l』もの荷物を収納できます。1泊2日用のキャリーケースに入る衣類の量は25lほどといわれています。

季節もののや利用頻度の低い衣類、日常使いしない家具なども収納できるでしょう。跳ね上げ部分は車のトランクにも使われる『国産ガスシリンダー』を使用しており、女性でも簡単に開閉できます。

  • 商品名:収納ベッド専門店 跳ね上げ式ベッド
  • 楽天:商品ページ

ベッドスタイル 大型跳ね上げすのこベッド

『天然木すのこ』を床板に使用している跳ね上げ式キングベッドです。格子状のすのこは通気性に優れており、収納した荷物を湿気やカビから守る構造になっています。

荷物量に合わせて、3種類のフレームから選べるのが特徴です。

  • レギュラー:深さ25cm・容量820l
  • ラージ:深さ32cm・容量1020l
  • グランド:深さ39cm・容量1340l

大容量の収納スペースがあり、スーツケースや布団など大型の荷物もスッキリ収納できるでしょう。開閉部分は『ガス圧シリンダー』を使用しています。軽い力で動く仕様で、スムーズに開閉できる仕様です。

第三者機関による1万回の『開閉テスト』をクリアしており、1日1開閉したとして、約30年は問題なく使える耐久性と安全性があるとされています。

  • 商品名:ベッドスタイル 大型跳ね上げすのこベッド
  • 楽天:商品ページ

おしゃれなインテリアにぴったり

キングベッド おしゃれ

ベッドを選ぶときは「インテリアとの調和を重視したい」という人もいるでしょう。シンプルかつおしゃれな雰囲気のキングベッドを選べば、部屋のインテリアをワンランク格上げしてくれます。おしゃれなインテリアにぴったりのキングベッドをチェックしましょう。

ARMONIA METRIA

側面から見ると緩やかな曲線を描いている独特のフォルムが特徴のキングベッドです。ソファー専門店が開発したベッドで、ヘッドボードをソファーのように背もたれとして使用できるように設計されています。

表面は耐久性が高い『PUレザー』を使用しており、まるで高級スポーツカーの内装のような雰囲気です。水拭きが可能で、汚れが付いたら軽くこするだけで綺麗に落とせるでしょう。

床板部分は通気性・耐久性が高い『天然ポプラ材』を使用したすのこでできています。簡単に取り外しができるため、掃除の手間がかからないことも嬉しいポイントです。

RUF BETTEN TRENDLINE008

『ルフ(RUF)』はドイツのベッドブランドで、『アップホルスターベッド(布張りベッド)』を取り扱っていることで有名です。ベッドはすべて『完全受注生産』となっており、熟練の職人が確かな技術で1台1台丁寧に製造してくれます。

表面の布地は光沢のある糸を使用したものや奥行きのある複数色糸使用のものなど9タイプから選ぶことが可能です。インテリアに合わせて生地やカラーを選べば、部屋の雰囲気にマッチしてくれるでしょう。

天然木にこだわるなら

キングベッド 天然木

『天然木』を使用したベッドは、ナチュラルな雰囲気が特徴です。木の温かみを感じるデザインは畳との相性もよく、和室にも合わせやすいでしょう。天然木を使用したキングベッドを紹介します。

neruco 国産檜すのこローベッド

島根・高知県の『国産天然檜』を使用したキングベッドです。吸湿性が高い檜を通気性のよいすのこ状に組み立てていることで、湿気が溜まりにくく蒸れにくい環境が目指せます。

床から近い『ロータイプ』であることもポイントです。ヘッド部分には取り外し可能な『サイドガード』も付いており、寝返りで落ちにくいよう考慮されています。角部分は『面取り加工』でぶつけても安心です。小さな子どもがいる家庭と相性のよいベッドといえるでしょう。

  • 商品名:neruco 国産檜すのこローベッド
  • 楽天:商品ページ

Homecoming 桐のすのこベッド

床板に脚が付いたシンプルな設計のキングベッドです。装飾がないオーソドックスな見た目は、どのようなインテリアにもなじんでくれるでしょう。

軽くて丈夫な『桐』を、ベッドフレーム・脚ともに約70mmと贅沢な厚みで使用しています。吸湿性が高く、就寝時の不快な蒸れを吸収してくれるでしょう。

脚4本・すのこ2枚・中央脚1本の計七つのパーツで構成されており、女性でも六角レンチのみで簡単に組み立てられます。

シンプルな構造ではありますが、『日本工業規格(JIS)』の耐荷重試験(約150kg)をクリアしており、耐久性の高さは折り紙付きです。

王道メーカーのキングベッド

キングベッド 王道メーカー

「よいものを買いたいけれど、特にこだわりたい点がなくどのベッドがよいか迷う」という人は、品質の高さに定評がある王道メーカーの商品がおすすめです。人気のキングベッドをチェックしましょう。

ニトリ 棚・コンセント付きベッドフレーム(K Sキャビ 引出し有)

ベッド下に引き出しが付いているキングベッドです。『フルオープンスライドレール式』で、奥まで引き出せます。中身が一目瞭然で、出し入れの際もスムーズです引き出すスペースを考えて、余裕を持って設置しましょう。

ヘッドボードには、スマホや目覚まし時計が置ける棚が付いています。コンセントも中央に2口付いており、スマホの充電をしながら眠れて便利です。

店舗や公式通販サイトで購入した場合は、有料で組み立てを行ってくれるサービスもあります。組み立てに自信がない人におすすめです。

  • 商品名:ニトリ 棚・コンセント付きベッドフレーム(K Sキャビ 引出し有)
  • 楽天:商品ページ

フランスベッド タタミーノ

床板に『和紙タタミ』を使用しており、和の雰囲気漂うキングベッドです。和紙タタミは従来の『い草タタミ』よりもキズやダニに強く、水や汚れが染みにくいという特性があるとされています。

ベッドを使用しないときは、寝具を外すことで寛ぎスペースとして活用することも可能です。脚は長さ11cmで、洋室に設置すれば『小上がり和室』としても使えるでしょう。

フレーム部分はナチュラル(ライトブラウン)とミディアム(ブラウン)から選べます。ヘッドボードありなしを選べるだけでなく、脚を外してロータイプのベッドとしても使える自由度の高さも魅力です。別売りのサイドキャビネットは装着すれば、小物をスッキリ収納できます。

日本ベッド ビンセント

天然木を使用した上質かつ洗練されたデザインが魅力のキングベッドです。『天然木は使うほどに色味が深くなる』といわれている素材で、年月の長さに合わせて味わい深い雰囲気を楽しめるでしょう。

ウォールナット・ダークブラウン・グレーと、三つのカラーから選べます。ナチュラルな雰囲気のインテリアはもちろん、アジアン・アメリカン・和室などさまざまなテイストの部屋ともマッチしてくれるでしょう。

シモンズ グレースサルーン

ヘッドボードやフレームに『牛本革』を使用した高級感のあるキングベッドです。サイド部分は『ポプラ無垢材』を使用しており、スタイリッシュな雰囲気を高めています。

床板は幅が太めのすのこ状で、すき間を極力減らしながらも湿気がこもりにくい構造です。通常のすのこに比べると板の部分が多く、耐久性も高いといわれています。

脚は長さ6cmとロータイプのベッドで、部屋に圧迫感を与えません。気品を感じるデザインはインテリアと調和し、部屋の雰囲気を格上げしてくれるでしょう。

まとめ

キングベッドは大人2人でも余裕をもって眠れるスペースがあり、小さな子どもであれば3人で並んで寝ることも可能です。1人で使用する場合は、大胆に寝返りを打っても落ちる心配がありません。

ベッドの中でも特に大きなサイズのため、部屋に置いても生活スペースを確保できるか測ってみたり、搬入に問題ない経路・スペースがあるかを確かめたりしてから購入すると安心です。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ