MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

高反発の敷布団の特徴やメリットは?おすすめ商品も紹介

高反発の敷布団の特徴やメリットは?おすすめ商品も紹介

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

高反発敷布団はたくさんの種類があるので、何を重視して選べばよいか判断が難しいです。他の敷布団に比べると、どのような違いがあるのでしょうか。高反発敷布団の特徴や、向いている人の特徴などを紹介します。

目次

高反発敷布団とは

高反発敷布団は、従来の敷布団に比べて『反発力が強い素材』を使用しています。同じ高反発敷布団と名前がついていても、特徴はさまざまです。高反発敷布団を選ぶ前に押さえておきたい、基本情報を紹介します。

弾力が強い敷布団

高反発敷布団は弾力性が強く、程よく体を押し返すようにできていることが特徴です。

「寝心地が硬い」と表現されることが多いですが、生地や素材自体が硬いわけではありません。体重によって沈み込む度合いが少なく、反発力が高い敷布団を高反発敷布団と呼んでいます。

弾力性に乏しい敷布団で眠っていると体に負担をかけることがあるので、『適度な反発力』がある敷布団を選ぶことが大事です。

高反発ウレタンを使った商品が多い

高反発敷布団の素材には、『弾力性に富んだ高反発ウレタン』がよく利用されています。ウレタンを波型に加工し、体を面ではなく点で支えることで、体圧を分散させられる構造になっている商品が多いです。

また、一種類の素材だけでなく、いくつかの素材を組み合わせて寝心地を調整していることも少なくありません。例えば、ウレタンや樹脂繊維などのクッション層に、ウールや綿などの詰め物を組み合わせたタイプがあります。

敷布団とマットレスの歴史と機能の違い

敷布団とマットレスはどちらも体の下に敷いて使う物ですが、全く同じ機能を持っているわけではありません。

敷布団は日本で古くから使われている物で、マットレスは西洋から入ってきた物であることが大きな違いです。それぞれの特徴や歴史を紹介します。

敷布団は江戸時代に広がった寝具

現代のような家屋ではなく、竪穴式住居に暮らしていた時代にはまだ敷布団は存在せず、寝るときに『ムシロ』を敷いて寝ていました。

平安時代頃から、植物の繊維を編んで作った『ゴザ』のような物を敷いた上に寝て、上から着物を掛けて眠るようになります。

諸説ありますが、現代の敷布団に近い形の物が登場するのは江戸時代に入ってからです。しかし、綿を使った布団は高価だったため、庶民はワラを敷布団代わりにして寝ることも珍しくありませんでした。

明治以降になると安価な外国製の綿が入ってきたため、現代のような綿で作られた布団が庶民の手が届く存在になり始めます。布団を収納する押し入れの存在が一般的になったのも、明治以降です。

ベッドと共にマットレスが登場

日本でベッドを生産するようになるのは、1926年からです。日本の寝具メーカー、日本ベッドの前身である『日本羽根工業社』がベッドを生産するとともに、国産の連結式スプリングマットを商品化しました。

1940年頃からマットレスの本格的な生産を開始しますが、太平洋戦争が始まったため軍の要請のもと布団の製造が中心になります。

ベッドやマットレスが登場した当時は、官庁や高級ホテルなどで使われていましたが、戦後は時代の変化とともに住宅事情が変わり、徐々に一般家庭にもベッドやマットレスが普及するようになりました。

機能と特徴を比較

マットレスと敷布団は、どちらも寝心地を高めてくれることに変わりはありませんが、それぞれに機能や特徴が違います。

マットレスの特徴は『弾力性や復元性』に優れ、体の重みが1カ所に集中することを防いでくれることです。敷布団と比べると眠っているときの姿勢をサポートする力に優れ、体が痛くなりにくいといえます。

一方、敷布団は押し入れに収納することを想定して作られているため、『軽くてコンパクト』な物が多いです。マットレスに比べると薄く作られていることが多く、就寝中の姿勢をサポートする機能が劣る場合があります。

置いた場所から動かさない場合はマットレス、部屋を広く使いたい場合は敷布団、というように選んでもよいでしょう。

高反発敷布団の特徴

高反発敷布団には、他の敷布団にはない特徴やメリットがあります。自分にぴったりな敷布団を選ぶには、特徴を深く知ることが大切です。

どんな敷布団を選ぶか迷っているときの参考になる、高反発敷布団の特徴を見ていきましょう。

程よい硬さで体が沈みにくい

高反発敷布団は硬めの寝心地で『程よい反発力』があり、体が沈み込み過ぎるのを防いでくれます。

敷布団が硬いと体が痛くなると考える人は多いかもしれませんが、程よい硬さがあることはよい敷布団を選ぶときに重要な要素です。

反発力に乏しい柔らかい敷布団だと体を均一に支えられず、腰や肩などに負担がかかってしまうことがありますが、適度な反発力があると一部分だけに負荷がかかりにくく、寝ているときの姿勢をサポートしてくれるでしょう。

寝返りがうちやすい

寝返りがうちやすいことも、高反発敷布団の特徴の一つです。適度な反発力がある高反発敷布団を使用すれば、『寝返りをサポート』してくれます。

十分な睡眠時間を取っているにもかかわらず眠りが浅いように感じる場合、睡眠中にうまく寝返りがうてていないかもしれません。

人は眠っている間に何度も寝返りをうちます。寝返りがうまくできないと、目覚めたときになんとなく体が疲れているように感じたり、よく眠れなかったと感じたりすることがあるのです。

弾力がなく柔らかい敷布団では体が沈み込み過ぎてしまい、寝返りをうちにくくなる場合があるでしょう。

寝姿勢をキープしやすい

高反発敷布団は、寝ているときの理想的な姿勢をキープしやすい特徴があります。理想的な姿勢とは、『首や腰のカーブ』に負担がかかりくい姿勢のことです。

人間の体は、重みがある部分とそうでない部分に分かれているため、横になったときに肩や臀部などの重い部分が沈み込みやすくなります。

高反発敷布団を使うと首や腰に負担が集中しにくく、立っている姿勢のときに近い自然なカーブを保ちやすいです。

通気性に優れている

通気性に優れた商品が多いことも、高反発敷布団の大きな特徴です。特に、『樹脂繊維』を使用しているタイプは通気性に優れている物が少なくありません。

人間の体は眠っているときも体温調節をするためにたくさんの汗をかいているので、通気性が悪い敷布団を使っていると体が蒸れやすくなります。

通気性が悪いと汗で体がべたついて寝苦しいと感じたり、湿気がたまってカビやダニが発生したりすることもあるのです。通気性に優れたタイプを選んだ方が、快適に眠りやすくなるでしょう。

高反発敷布団が向いている人

敷布団にはさまざまな種類があり、眠り方も人それぞれです。低反発の方が心地よいと感じる人もいれば、高反発の方が寝やすい人もいます。高反発敷布団が向いている人の特徴を見ていきましょう。

体重が重めの人

体格に優れた人や体重が重めの人は、反発力が強い高反発敷布団の使用がおすすめです。

体重が重い人が寝ると、敷布団に『高い圧力』をかけます。柔らか過ぎる敷布団だと体が深く沈み込んでしまい、寝返りがうちにくいでしょう。うまく寝返りがうてないと、腰や背中などに違和感が出ることがあります。

敷布団の中材を押し潰す力も強いので、柔らかい敷布団を使うと早くへたってしまいやすく、頻繁な買い替えが必要です。へたりにくい高反発敷布団を使った方が、費用を抑えられます。

腰痛がある人

腰痛をカバーしたい人には柔らかい敷布団より、寝返りがしやすい高反発敷布団がおすすめです。反発力が高い高反発敷布団は、腰の重みを支えて『寝返りをサポート』してくれます。

低反発敷布団は衝撃を受け止める力が強く体圧分散に優れていますが、体を柔らかく包み込む性質があるため、寝返りをうちにくく腰に負担がかかりやすいでしょう。

低反発敷布団との違いは?

低反発敷布団も高反発敷布団は、いずれも体への負担が少ないことをアピールしているため、どちらがよいのか悩んでしまいがちです。高反発敷布団と比較するために知っておきたい、低反発敷布団の特徴を紹介します。

低反発敷布団の特徴

低反発敷布団は寝心地が柔らかく、『ぴったりと包み込まれるような感触』が特徴です。肌あたりが優しいため、筋肉が柔らかい女性や年配の人などに好まれています。

高品質な低反発敷布団は体圧分散性に優れ、体に負担をかけにくいです。手で低反発敷布団を押すとじわじわと沈み、離したときもゆっくりと復元します。横揺れにも強く、安定した寝心地を得られるでしょう。

安定感がある一方で沈み込みが深いため、寝返りをうちにくいことがデメリットです。肩・腰・膝などに痛みを抱えている場合は、少々使いにくいかもしれません。

低反発敷布団が向いている人

低反発敷布団が向いている人は、『柔らかく安定感がある寝心地を好んでいる人』が当てはまります。独特な柔らかさと優れた体圧分散性があるため、どこか1点に圧力が集中することなく寝られるでしょう。

高品質な低反発敷布団を利用することと、へたってきたら買い替えることを守れば体に負担をかけることは少ないと考えられます。

高反発敷布団で快適に眠るコツ

高反発敷布団で快適に眠るには、いくつかのポイントがあります。高品質な敷布団を手に入れても、お手入れを怠ると寝心地のよさを感じられないばかりか、劣化を早める原因になるかもしれません。

高反発敷布団を快適に使用するためのコツを紹介します。

湿気対策をする

高反発敷布団に寝ていると、床との接地面が湿気で濡れてしまうことがあります。

眠っているときにかいた汗が敷布団に吸収され、湿気を帯びることがあるのです。他にも、床と布団の温度差によって結露が生じる場合もあるでしょう。

湿気をため込んだままだと、カビが生えたりジメジメして不快な寝心地になってしまうため、日中は敷布団を上げ、小まめに干すことが大切です。敷きっぱなしにせず、壁などに立てかけるだけでも湿気のたまり過ぎを防げます。

ウレタンを使用している敷布団は直射日光に弱いため、風通しがよい場所に陰干しをして湿気を飛ばしましょう。また、敷布団の下にスノコを敷いて空間を作ったり、除湿シートを敷いて湿気を吸収したりすることもおすすめです。

ホコリを小まめに掃除

ホコリは繊維が擦れることによって空気中に舞い、床に降り積もっていきます。

高反発敷布団を床に直接敷いて寝ると、床にたまったホコリが敷布団に付着しやすいです。ホコリが敷布団にまとわりついていると不衛生なので、小まめに掃除しましょう。

敷布団を叩くと内部にホコリが入り込んでしまうことがあるため、ホコリを取りたいときは表面にクリーナーや掃除機をかけることをおすすめします。

できれば、3週間に1回程度は敷布団の表面に全体的に掃除機をかけ、ホコリをため込まないようにしましょう。

床からの冷えに備える

通気性が高い高反発敷布団を使用していると、床からの冷えが伝わってくることがあります。冷えを防ぐには、スノコを敷いて床と直接触れないようにしたり、保温性が高いカバーをかけたりして対策することがおすすめです。

綿やウールなどの天然素材が使われているカバーは、保温性に優れているだけでなく吸湿性もあるため、汗で蒸れにくく快適な寝心地をサポートしてくれます。

また、敷布団に湿気がたまっていると、余計に冷えを感じやすいです。日頃から敷布団を風通しのよい場所で干して湿気を飛ばしておきましょう。布団乾燥機に対応している場合、寝る前に温風を入れておくと暖かく眠れます。

おすすめの高反発敷布団5選

高反発マットレス

高反発敷布団はさまざまな寝具メーカーが販売しているため、どれを購入するか悩む人が多いでしょう。寝返りがうちやすく快適な寝姿勢をサポートしてくれる、おすすめの高反発敷布団を紹介します。

ニトリ 高反発+硬質4層敷布団 シングル(S)

『高反発ウレタン』と『硬質ウレタン』をポリエステル巻綿で挟んだ、4層タイプの敷布団です。必要に応じて、高反発ウレタンと硬質ウレタンの両面を使い分けられます。

腰痛があるときは、より反発力が高い面を使うことがおすすめです。その日の気分や体調に合わせて使用するとよいでしょう。

両面を使えるタイプの敷布団は、1カ所に圧力がかかってへたることを防げるので、交互に使うと長持ちさせられます。また、側生地の側面がメッシュ加工されているため、通気性がよく湿気がたまりにくいところもポイントです。

商品名:ニトリ 高反発+硬質4層敷ふとん シングル
楽天:商品リンク

ディノス ブレスエアー敷布団ネオ シリーズ 3つ折り敷布団

バネのような硬さの立体構造を持つ、特殊な繊維『ブレスエアー』を採用した高反発敷布団です。弾力性が高いだけでなく通気性に優れ、へたりにくい特徴を持っています。繊維のケバ立ちが少なくホコリが出にくいです。

下層部には、マカロニのように内部が空洞になたブレスエアーを使用し、軽量化しています。力がない人でも、布団の上げ下ろしがしやすいです。

側生地はパイル生地の柔らかでふかふかな面と、通気性がよくさらっとした触り心地の立体メッシュ生地のリバーシブルになっています。

ぴったりと三つ折りにできる独自の構造を採用し、押し入れやクローゼットの中にコンパクトに収納できるところも魅力です。

商品名:ブレスエアー(R) 敷布団 ネオ シリーズ 3つ折り敷布団 シングル
楽天:商品リンク

GOKUMIN 高反発 敷布団 シングル

品質にこだわる日本の寝具ブランド、GOKUMINの高反発敷布団です。やや硬めの敷布団となっていて、理想的な寝姿勢をサポートし、体にかかる負担を軽減します。

本体のウレタンに消臭・抗菌機能に優れた『竹炭』を配合しているため、嫌な臭いを感じにくいでしょう。取り外して洗濯できるカバーにも消臭・抗菌機能があり、通気性が高い素材を使用しているところもポイントです。

また、専用の持ち運びケースが付属されており、持ち運びたいときや来客用の敷布団として利用したいときにもおすすめです。

商品名:GOKUMIN マットレス 高反発 ベットマット 敷布団 シングル
Amazon:商品リンク

イッティ 雲のやすらぎプレミアム シングル

『ロレーヌ産ダウン・凹凸アルファマット・高反発スプリングマット・凹凸アルファマット・マイティトップⅡ』の5層構造になった高反発敷布団です。

秋冬はロレーヌ産ダウンを使用した暖かい面、春夏は熱がこもりにくく防臭・防ダニ・抗菌作用に優れた面、というように使い分けができます。

体の重みを点で支えられる構造になっているため、体重が重い人や腰痛が心配な人でも使いやすいでしょう。

17cm程度の厚みがあり、ふんわりとしています。マットレスを使用せずにベッドの上に敷布団を敷いて寝たい人にもおすすめです。

商品名:雲のやすらぎプレミアム 高反発敷布団 シングル
Amazon:商品リンク

エアウィーヴ 四季布団 シングルロング

洗えるタイプの高反発敷布団を探している人には、こちらがおすすめです。中材とカバーのそれぞれを丸洗いできる仕様になっていて、清潔感を保てます。

中材に使用している『エアファイバー』は復元力に優れ、簡単に寝返りをうてる素材です。体圧を分散し、体にかかる負担を軽減してくれます。

カバーは暖かいキルト面と、メッシュ地をリバーシブルで使えるリバーシブルタイプです。

通気性にも優れていて、夏は蒸れにくく冬は空気を含んで暖かく使えます。耐熱性があるため、湯たんぽや布団乾燥機などの使用も可能です。

商品名:エアウィーヴ 四季布団 シングルロング
Amazon:商品リンク

まとめ

高反発敷布団は弾力性が強く、適度に体を押し返す力が優れています。素材に高反発ウレタンや樹脂素材などを使用している場合が多く、通気性が高いところも魅力です。

体が深く沈み込まないため寝返りがうちやすく、理想的な寝姿勢をキープしやすい特徴があります。体重が重い人や腰痛の心配がある人に向いているでしょう。

高反発敷布団の使い心地を保って快適に眠るには、床からの冷えに備え湿気対策をすることが大切です。定期的に風通しがよい場所に干して湿気を飛ばしホコリを掃除して、快適な寝心地を保ちましょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ