MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

キングサイズの布団を選ぶメリットと注意点。おすすめ商品も紹介

キングサイズの布団を選ぶメリットと注意点。おすすめ商品も紹介

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

家族と一緒に寝られるサイズの布団を探している人は、布団の中でも1番大きなサイズである『キングサイズ』がおすすめです。実際に使用するときのイメージを掴むために、キングサイズの布団のメリットや使うときの注意点を見ていきましょう。

目次

キングサイズの布団のサイズは?

布団の基本的なサイズ展開は、シングルサイズ・セミダブルサイズ・ダブルサイズ・クイーンサイズ・キングサイズです。キングサイズは、布団の中でも特に大きなサイズに該当します。

まずは、『ほかのサイズとの違い』や『どれくらいの広さの部屋に置けるサイズ』なのか見ていきましょう。

幅180cmで寝具の中では最大サイズ

一般的なキングサイズの掛布団のサイズは『幅約230cm×長さ210cm』で、寝具の中では一番大きなサイズに分類されます。

とはいえ「大きさがイメージできない」という人もいるのではないでしょうか。例えば、1人用の掛布団としてポピュラーなシングルサイズは、『幅約150cm×長さ210cm』です。

シングルサイズの掛布団を2枚並べると、幅が約300cmとなり、キングサイズの幅と比べると約70cm大きくなります。

そのため、キングサイズの大きさがイメージできない人は、『シングルサイズの布団が約2枚分の大きさ』と考えるとよいでしょう。

8畳以上の広さで使うのがおすすめ

キングサイズの布団は、4畳や5畳のような狭い寝室にも設置できますが、布団だけで部屋が埋まります。

ほかの家具を設置することは難しく、生活スペースも確保しづらいでしょう。6畳以上の部屋であれば、布団を敷いても不自由ないスペースを確保できますが、家具を設置すると圧迫感を覚えるかもしれません。

キングサイズの布団を使う場合は、『8畳以上の広さが理想』です。布団を敷いても十分なスペースを確保できる上に、家具のレイアウトも自由に楽しめるでしょう。

布団は、折りたたんで収納できますが、設置するためにはある程度のスペースが必要です。購入前に部屋の広さとサイズが合うかどうかもチェックしておきましょう。

キングよりも広さが欲しい場合

「家族で一緒に寝れるサイズを探している」「よりゆったり眠れる広さが欲しい」と、より大きなサイズを探している人もいるのではないでしょうか。

キングサイズよりも広さが欲しい場合は、『欲しいサイズに合わせて、ほかのサイズを組み合わせる方法』がおすすめです。

例えばセミダブルサイズの布団の幅は約170cmあり、2枚並べると約340cmと、キングサイズよりも幅が約110cm大きくなります。このように、ほかのサイズを組み合わせることで、キングサイズ1枚では足りない分を補うことができるでしょう。

また、子供の成長に合わせて1枚を子供用、もう1枚を自分用にするなど、『用途に合わせて使い方を変えられる』メリットもあります。

キングサイズの掛布団をベッドで使う場合

ベッドで掛布団を使う場合、「ベッドと同じサイズのものを選ぶ」と考えている人も少なくありません。

しかし、ベッドで掛布団を使うときは、サイズの選び方にポイントがあります。具体的にどのようなことを気を付けるとよいのか見ていきましょう。

ベッドよりワンサイズ大きい布団がおすすめ

ベッドで掛布団を使うときは、『ベッドよりワンサイズ大きいサイズ』を選ぶようにしましょう。

掛布団の主な役割は『体を暖めること』です。ベッドのサイズより小さい掛布団を使っていると、肩口やサイドから冷たい空気が入り込み、体が冷えてしまいかねません。

ベッドと同じサイズでも問題ありませんが、寝返りを打ったときに掛布団が落ちてしまう可能性が考えられるでしょう。余裕を持ってワンサイズ大きいものが理想です。

特に2人以上で掛布団を使う場合は、一方の寝返りに合わせて掛布団がズレてしまう機会が増えます。

ベッドよりも大きなサイズを選ぶほか、掛布団はそれぞれ1枚ずつ使うなど、ぴったりのものを見つけるとよいでしょう。

クイーンサイズベッドに最適

キングサイズの掛布団は、クイーンサイズのベッドに最適です。クイーンサイズは、キングサイズよりもワンサイズ小さなサイズに分類されます。

そのため、キングサイズの掛布団を使用することで、肩口やサイドから入ろうとする冷気をしっかりガードできるのです。

寒さから体を守ることは、質の高い眠りにもつながるといわれています。ぴったりのサイズを選ぶことで、毎日の眠りを快適に迎えましょう。

どんな人にキングサイズの布団が向いている?

自分に合う布団を選ぶときは、機能性やデザインだけでなく『サイズ選びが大切』です。

どんなに質が高い布団を使用していても、サイズが合わなければ寝心地が悪いと感じることもあるといわれています。

では、キングサイズの布団は、どのような人に向いているのでしょうか?

親子など複数人でも快適に眠りたい

キングサイズの布団は、家族や子供など『複数人で快適に眠りたい人』に向いています。

人間が快適に寝返りを打つためには、『片側約25cm』の幅が必要といわれています。平均的な肩幅は、男性は約45cm・女性は約40cmです。

男性と女性が2人並んで寝るためには、平均値を例にすると男性の肩幅+25cm+女性の肩幅+25cmで、『約135cmの幅が必要』といえます。

キングサイズの布団の幅は約230cmあるため、寝返りの幅を考慮しても約95cmの余裕がある計算です。平均的な体格の男女であれば2人並んでも快適に寝れるでしょう。

また、小さな子供であれば、3人で川の字になって寝ることも問題ありません。

寒がりで、しっかり布団に包まれたい

寒がりな人は、布団に使われる素材だけでなく、サイズ選びも大切なポイントです。

たとえ布団に使われる素材が体を暖めてくれるものでも、サイズが合わなければ体からズレてしまい、十分な暖かさを感じられないでしょう。

キングサイズの布団は、布団の中でも特に大きなサイズであるため、1人や2人であればしっかり包み込んでくれます。隙間が生まれにくく、暖かい空気をきちんと閉じ込めてくれるのです。

また、暖かさに特化した高機能な布団は、それだけ価格も上がる傾向があります。「予算の都合がある」という人は、サイズを大きなものにすることで、寒さ対策をするのも手です。

キングサイズの布団を選ぶ注意点

キングサイズの布団には、メリットだけではなくデメリットもあります。

購入後に「やっぱり自分には合わなかった」と後悔しないように、デメリットについてもチェックしておきましょう。

上げ下げや干すのが大変

布団は、定期的に上げ下げする必要があります。キングサイズの布団を購入するときは、『自分に持ち上げられる重さ』かどうかチェックしておきましょう。

例えば布団の中でもシングルサイズは、1番小さいサイズに分類されますが、サイズに比例して詰め物(素材)の量が少なくなります。

反対にキングサイズの布団は、サイズが大きくなる分、詰め物の量が多くなるのです。使われる素材・商品の特徴によっても異なりますが、基本的にキングサイズの布団は、ほかのサイズの布団よりも重くなると考えておきましょう。

余りにも重い布団は、上げ下げの際に体の負担になりかねません。無理なく上げ下げできそうな重さを選ぶと失敗を減らせます。

寝返りが打ちにくくなる場合も

必要以上に大きなサイズの布団は、生地が体に絡まってしまうこともあるそうです。これにより『寝返りを妨げてしまう可能性がある』ことは考慮しておきましょう。

また、「軽い掛布団だと掛けた気がしない」と重さのある掛布団を選ぶ人も少なくありませんが、重すぎると体を圧迫して、スムーズな寝返りを妨げてしまうこともあるといわれています。

反対に軽すぎる掛布団は、寝返りを打ったときにズレてしまうこともあるのです。また、フィット感がないことで、寝心地が悪いと感じることもあるでしょう。

掛布団を選ぶときは、自分に合うサイズや重さのものを選ぶことも大切なポイントといえます。

おすすめのキングサイズの布団

「実際にどんなキングサイズの布団があるのか見てみたい」という人に向けて、ここではおすすめの布団を五つ紹介します。素材や機能をチェックして、お気に入りの一品を見つけましょう。

アイリスプラザ 羽毛布団 ホワイトダックダウン90% キングロング

羽毛の品質を保証するための公的なラベル『CILギャランティーラベル』の内、品質が高い証拠である『シルバーラベル』の認定を受けた羽毛を使用した掛布団です。

こちらの布団に使われている羽毛は、高温180℃での『パワーアップ加工』と『抗菌加工』されており、一般的な羽毛よりボリュームと抗菌作用がUPしているといわれています。

さらに、ふかふかとボリュームがありながら、軽量であることもポイントです。毎日の上げ下げの負担になりにくく、体に掛けても圧迫感がないでしょう。

  • 商品名:アイリスプラザ 羽毛布団 ホワイトダックダウン90% キングロング
  • Amazon:商品ページ

安眠工場 羽毛布団 2枚合せ(デュエット) キング

羽毛品質検査を認定する公的機関『日本羽毛製品共同組合』より、『三ツ星ランク認定』を受けた羽毛布団です。

高品質なダウンを85%以上使用することで、ふわふわの使い心地を実現しています。加えて国内洗浄・抗菌加工により、羽毛特有の臭いを軽減しているそうです。

こちらの布団は、春夏にぴったりな薄手の肌掛布団・秋冬にぴったりな厚みのある合掛け布団がセットになった2枚合わせタイプになります。

1枚で使う・2枚重ねて使うなど、季節に合わせて使い分けることで1年中心地よく寝れるでしょう。

  • 商品名:安眠工場 羽毛布団 2枚合せ(デュエット) キング
  • Amazon:商品ページ

日本寝具通信販売 ポーランド産マザーホワイトグースダウン95% 2枚合せ羽毛布団 キング

『CILギャランティーラベル』の内、トップレベルの品質の証拠『ブラックラベル』の認定を受けた羽毛を使用した布団です。

ポーランド産の『マザーグースダウン』を95%以上使用しています。豊かな弾力が特徴で、包まれるようなボリュームのある眠りを体感できるでしょう。

『アレルGプラス加工』されていることもポイントです。アレルギーの原因となる花粉・ダニ・臭いの元をナノレベルで吸着し、抗菌・消臭効果が期待できるといわれています。

効果は半永続的に持続するといわれており、買ったときと同じ状態をキープしやすいそうです。

  • 商品名:日本寝具通信販売 ポーランド産マザーホワイトグースダウン95% 2枚合せ羽毛布団 キング
  • 楽天:商品ページ

東京西川 Amazon限定 SEVENDAYS 掛け布団 キング

羽毛布団のほとんどは、洗濯が難しいといわれています。しかし、毎日使用していると寝汗や埃で汚れることも多く、「衛生面が不安」と感じる人もいるでしょう。

こちらの羽毛布団は、洗濯ネットに入れて手洗いができます。片寄りにくい綿を使用していることで、洗濯しても綿が片方に詰まる・固まる心配もありません。

また、マカロニのように中心に空洞があるチューブ状の『ポリエステル綿』を使用しています。空気をたっぷり含み『羽毛のような暖かさ』と『ボリュームのある寝心地』をキープすることも特徴です。

  • 商品名:アイリスプラザ 羽毛布団 ホワイトダックダウン90% キングロング
  • Amazon:商品ページ

コスパクリエーション 9色から選べる! 洗える抗菌防臭 シンサレート高機能中綿素材入り布団 8点セット

こちらの布団は、『シンサレート高機能中綿』を使用していることが特徴です。スキーやスノーボードなどの冬用のスポーツウェアにも使用される素材で、冬季オリンピックのウィンタースポーツのユニフォームに使用されたことで有名になりました。

一般的なポリエステル綿やダウンの約2倍の保湿力があるといわれており、体をしっかり暖めてくれるそうです。「寒くて眠れない日がある」と悩んでいる人に向いているでしょう。

カラーはブラック・ミッドナイトブルー・シルバーアッシュ・ワインレッド・モカブラウン・ナチュラルベージュ・さくら・アイボリー・モスグリーンの9色から選べます。

  • 商品名:コスパクリエーション 9色から選べる! 洗える抗菌防臭 シンサレート高機能中綿素材入り布団 8点セット
  • Amazon:商品ページ

まとめ

キングサイズの布団は、布団の中でも一番大きなサイズです。複数人で寝ても十分なスペースを確保できるため、家族や子供と一緒に寝られる布団を探している人にぴったりのサイズといえます。

もちろん、1人で使用することも可能です。大胆に寝返りを打っても落ちる心配がなく、快適な眠りを追求できます。

ただし、キングサイズの布団を設置するためには十分なスペースが必要です。部屋に敷けるスペースがあるかどうか、あらかじめチェックしておきましょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ