MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

セミダブルベッドに合う枕とは?サイズ選択や2個使いについても解説

セミダブルベッドに合う枕とは?サイズ選択や2個使いについても解説

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

セミダブルベッドにはどのような枕が合っているのでしょうか? 枕を選ぶポイントや、おすすめの商品を紹介します。

セミダブルベッドにぴったりの枕を選んで、快適な睡眠をとりましょう。2個使いやサイズの選択についても合わせて解説します。

目次

セミダブルのベッドってどんな大きさ?

ベッドはセミシングルサイズからキングサイズまで、さまざまな大きさの種類があります。その中でも「セミダブル」というサイズについて、どのぐらい大きいのか、何人用なのかといった基本的なことから見ていきましょう。

1人でゆったり眠れるサイズ

セミダブルのマットレスのサイズは「幅120cm × 長さ195cm」です。シングルに比べると横幅が約20cmほど大きなサイズになっています。寝返りを打っても落ちる心配が少なく、体格の良い男性でも1人でゆったり眠ることができるサイズです。

ダブルサイズと比べると横幅が20cmほど短いので、ワンルームの部屋でも配置を考えやすく、1人暮らしの人にもおすすめできるベッドサイズです。

来客時などは2人で使ってもOK

ダブルという単語が入っていますが、2人で眠るには少し狭いサイズです。細身の人同士であっても狭さを感じてしまい、寝返りを打つことも満足にできません。暑い日に少し離れて寝たい場合でも、離れられるほどの広さもないので、少し窮屈に感じてしまうでしょう。

来客時など、一時的な状況であれば2人で使っても問題ありません。ただし、毎日2人で寝ることを想定するなら、1つ上のダブルサイズ以上を考えた方がよいでしょう。

セミダブルのベッドに適した枕の使い方は?

セミダブルのベッドには、どのようなサイズの枕が合うのでしょうか。枕の置き方とあわせて紹介します。

枕のサイズの種類

まずは、枕にどのようなサイズがあるのかを知っておきましょう。実はベッドだけではなく枕にも、シングルやダブルなど、さまざまなサイズの種類があります。以下は、一般的に販売されている枕のおおよそのサイズです。あくまで目安ですので、商品によって多少の違いはあります。

サイズの種類サイズ
ジュニア29㎝×40㎝
セミシングル35㎝×50㎝
シングル43㎝×63㎝
セミダブル50㎝×70㎝
ダブル43㎝×120㎝

ジュニアは子ども用、ダブルサイズは、主に2人で寝る場合に使用します。このほかにも「43×90cm」のようなサイズもあります。一般的にはシングルサイズがもっとも多く利用される標準的なサイズです。枕カバーにも同様にサイズがあります。

1人で眠る場合

上記のようなサイズの中で、セミダブルベッドにはどの枕が適しているのでしょうか?

結論から言えば、セミダブルの横幅である120cmを超えるサイズでなければ、どの枕を選んでも問題はありません。自分が寝やすいサイズの枕を選びましょう。

統一的なデザインを演出するために、ベッドのサイズに合った枕を選びたくなってしまいますが「上質な睡眠をとる」という寝具本来の役割を損なっては本末転倒です。自分の体格や寝返りの頻度から、快適に眠れる高さや感触を備えたサイズの枕を選ぶことが重要になります。

あえて複数の枕を置くのもおすすめ

海外のホテルでは、複数の枕やクッションが置かれていることがあります。デザイン性を高め、部屋の見栄えをよくするというのが主な理由ですが、機能的な意味もあります。

高い枕と低い枕を用意しておくことで、その日の気分次第でどちらで寝るかを決めたり、両方重ねることで高さを調整したりできます。高さを調節できる枕も販売されていますが、調整が難しいものや手間がかかる枕もあります。それと比べると、重ねるだけで高さを調節するのは簡単です。

重ねて使うことを前提とした商品もあります。見栄えと機能の両面から見て、複数の枕を置いておくのもよい方法です。

来客時などに2人で眠る場合

2人で眠る場合も、1人で寝るときと基本的なポイントは変わりません。セミダブルベッドの横幅を超えない範囲で調節しましょう。

2個の枕を用意するのがオーソドックスですが、セミダブルベッドで注意したいのは、一般的なシングル枕二つを並べると、横幅がセミダブルのサイズを超えてしまう点です。どちらかの枕をセミシングル以下の大きさにする必要があります。

パートナーと枕を共有したい場合はダブルサイズの枕一つでも良いでしょう。相手との距離感や寝心地を考えて枕のサイズを決めることが重要です。

よい枕を選ぶポイントをおさらい

よい枕の条件とは、高級志向だったり、機能が充実していたりするものとは限りません。「自分に合っている」ということが、上質な睡眠をとる上で何よりも重要です。自分に合った枕を選ぶために、次のポイントを押さえておきましょう。

素材で選ぶ

枕にはさまざまな素材があります。ウレタンやポリエステル、羽毛などはよく使われていますが、他にもそばがらやビーズ、パイプを使っている枕もあります。素材によって柔らかさが違うのはもちろんですが、反発力や打力性、通気性や水洗いができるかどうかなども差が出ます。

柔らかさと反発力は特に素材によって大きな違いがあり、柔らかいフェザーとかたいそばがらでは寝心地がまったく変わってきます。例えば首回りをしっかりと支えられる感触が好みなら、ふんわりとした羽根枕よりも、沈み込みすぎないそばがらやビーズの高反発の枕が適しています。

自分が眠りやすい方の素材を選ぶようにしましょう。

形状で選ぶ

枕といえば長方形型のものを想像しがちですが、実はさまざまな形があります。標準的な長方形型以外にも、頭と首のカーブに合わせて作られたS字形状のものや、中央にくぼみがあるタイプ、縦横で高低差があり、向きによって寝心地を変えられるタイプなど、多くの形状の枕が販売されています。

形状によって適した寝る姿勢や、体圧分散に差があります。快眠を得るためには、どの形状の枕が自分に合っているのかを考えた上で購入する必要があります。

高さで選ぶ

人間の体は直線的ではなく、脊椎はカーブを描いています。仰向けになってみると、首と床に数センチのすき間ができているのがわかるでしょう。

このすき間のサイズにあった高さが、枕の高さには必要といわれています。自分に適した高さの枕を使っていないと、寝ているときに無理な姿勢をとってしまい、肩や首の筋肉に大きな負荷がかかってしまいます。

体格がしっかりした人は高め、細身の人は低めがよいといわれています。もっと正確に知りたい方は、実際に測ってみたり、寝具店で相談したりしてみるとよいかもしれません。

適切なサイズ選びも重要

枕のサイズ選びも重要です。自分に合った枕のサイズの見つけ方を解説します。

無理なく寝返りが打てる大きさがベスト

枕の大きさを選ぶときは、寝返りが無理なく打てるかどうかを基準としましょう。

小さな枕を使っていると、寝返りが満足に打てないだけでなく、枕から頭が落ちてしまって寝違えることがあります。睡眠が浅くなり、翌日すっきりと目覚めることができません。

枕の横幅はおおよそ自分の頭の大きさの三つ分程度を基準にして、奥行きがあって肩と首をしっかり支えられるサイズのものがよいとされています。

寝返りの重要性

寝返りは「一箇所に負担をかけ続けないこと」という役割を持っています。

人間の体はパーツによって重さが違います。頭部や肩、腰などの重い部分に負担がかかりやすく、睡眠中にずっと同じ場所に体重がかかっていると、血流を悪くしたり、負担をかけたりする原因になります。加えて、無理のない自然な寝姿勢に戻すのも寝返りの大きな役割です。

また寝返りは寝具内の湿度を逃がす働きにもなり、寝返りを打つことで結果的に温度や蒸れが改善されます。睡眠中の体の負荷を和らげると同時に、暑さや蒸れなどの布団の中の環境に対応するという側面もあるようです。

合わない枕を使っているとどうなる?

仮に自分に合わない枕をずっと使い続けていると、体にはどんな変化が起こるのでしょうか? 合わない枕を使用し続ける場合に発生する弊害について解説します。

肩こりや首こりの原因に

体に合わない枕を使い続けている場合、体調不良になってしまう可能性があります。もっともよく見られる症状は、肩こりや首こりです。

人間の姿勢は、重い頭部を2足歩行で支えるように絶妙なバランスを保っています。自分に合わない枕を使っていると、肩から頭部にかけての姿勢が崩れてしまい、肩や首の筋肉に余計な負荷を生じさせてしまうのです。

この負荷が、肩こりや首こりの原因になります。慢性的な肩こりや首こりに悩まされているのは、合わない枕が原因かもしれません。

いびきをかきやすくなる

いびきは、息を吸ってのどを空気が通過するときに、のとが振動して出る音です。睡眠時はのどを支える筋肉が緩んでしまうので、姿勢や体格によっては特にいびきをかきやすくなります。

合わない高さの枕を使っていると、頭の向きが本来の位置と変わることで気道が圧迫されてしまい、余計にいびきをかきやすくなってしまうのです。

いびきはパートナーに不快感を与えることもありますし、眠りが浅くなるため日中に眠気を感じることもあります。

腰痛の症状が現れることも

枕が合わないと、枕とは直接接していない腰などにも異常をきたす可能性があります。

人間の背骨は首から腰までつながっています。1箇所が歪んでしまい、姿勢が狂ってしまうと歪んだ場所を支えようとしてまた別の部位が歪んでしまうケースがあるのです。首や肩の骨格が歪んでしまった結果として腰に負担がかかってしまい、腰の痛みにつながってしまうことがあります。

枕の高さが合っていないと、姿勢に影響し腰や背中にまで痛みが広がってしまうことがあるので注意が必要です。

セミダブルベッドにおすすめの枕4選

快適な睡眠の助けになる、セミダブルベッドで使う枕として、おすすめの商品を紹介します。枕を選ぶ際の参考にしてみてください。

ホーフマン ドイツ製洗える安眠枕 プレミアム三層構造

一つの枕の中に3つの袋が入っている三層構造はドイツでは定番の枕です。上下のダウン100%の袋が中央のフェザーを挟み込むサンドイッチのような構造になっています。これにより、豊かな弾力と頭を包み込むようなやわらかさ、安定感のある枕に仕上がっています。

本製品は大量生産品ではなく、職人の手によって一つ一つを丁寧に作られています。EU基準クラスI(5段階中最上位)のグースダウンフェザーが使用されていて、通気性も抜群で、最高の寝心地を提供してくれる枕です。

  • 商品名:ホーフマン ドイツ製洗える安眠枕 プレミアム三層構造
  • Amazon:商品リンク

アイリスオーヤマ×昭和西川 洗えるホテル スリープピロー

「アイリスオーヤマ×昭和西川 プレミアム枕シリーズ」の商品で、まるでホテルのような極上の寝心地を手に入れることができます。

極細繊維であるマイクロファイバーを使った「マイクロわた」と、低反発ウレタンの2層式の枕で、どちらの寝心地にするかを選ぶことができます。低反発ウレタン部分は取り除くことができるので、高さの調整をすることも可能です。

手洗いもできてへたりにくく、清潔な枕を長期的に使えるのも特徴になります。値段も安く、コストパフォーマンスの面で見ても優秀です。

  • 商品名:アイリスオーヤマ×昭和西川 洗えるホテル スリープピロー
  • Amazon:商品リンク

マニフレックス ピローグランデ

開業医向けの専門誌「BAMBOO(バンブー)」(日本医療企画 発行)の特集コーナー<医療・健康関心ランキング>で、「枕」の売上ランキング月間1位を獲得したこともある高品質な枕です。

表面は500個以上の穴がある多孔エアホール構造になっていて、通気性がよく、柔らかさも維持します。70㎝×45㎝という余裕のあるサイズで、寝返りを打っても頭が落ちる可能性は低めです。専用のキャリーホルダーもついていて、丸めて持ち運ぶことができます。

付属のピローケースには、シンカーパイルのベロア生地が使用され、なめらかな感触です。折りたたみ式で見た目も美しいデザインに仕上がっています。

  • 商品名:マニフレックス ピローグランデ
  • Amazon:商品リンク

セルプール オブロンピロー

首のインナーマッスルといわれる斜角筋に注目して開発されたフォルムが特徴的です。斜角筋は首を斜めにするときや、呼吸を補助するために使われる筋肉で、この斜角筋にピッタリとフィットするように本製品は作られています。寝るだけで首の筋肉を緩めることができ、首の筋肉の緊張を和らげ、深い眠りにつくことが可能です。

幅100cmと余裕のある大きさで、寝返りもうちやすく、パートナーとシェアして使うこともできます。抱き枕や腰枕などとしても、幅広い用途で使うことができる商品です。

よい枕カバーを選んでさらに快適な眠りを

枕カバーもまた、枕の機能を引き出し、満足な眠りを得るために重要なアイテムです。枕カバーをどのように選んだらよいか、ポイントについて解説します。

コットンガーゼやリネンなど素材にこだわる

枕カバーも枕同様にさまざまな素材が使われています。枕カバーの素材は、肌触りや吸水性、保温性などがそれぞれ違うので、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

例えば、綿素材は寝具に昔からよく使用されている素材ですが、天然素材ならではのなめらかな肌触り、通気性や吸水性に優れているという特徴があります。シルク素材はつるりとした感触で見た目にも高級感があり、綿よりも吸水性が高いものの、日光で変色しやすいという特性があります。

自分が使う場合の素材との相性、保管方法などを把握したうえで素材にこだわりましょう。

吸汗消臭機能つきなら夏場も快適

人の体は寝ている間に200ml以上の汗をかくと言われています。汗や老廃物はカビや雑菌の温床になり、悪臭やアレルギーの原因になることもあるのです。

特に夏場は汗をかきやすく、カバーを通り抜けて枕にまで汗が浸透してしまう可能性が高くなります。汗を枕に浸透させないための吸汗機能や、消臭・抗菌機能のある枕カバーであれば、夏場でも快適に過ごせます。

あわせて、洗濯方法など、手入れがしやすいかどうかにも注目しましょう。手軽に洗える枕カバーであれば、清潔さを保ちやすくなります。

ダニやホコリに強い枕カバーも

人の汗や老廃物は、ダニやカビの温床になります。肌荒れやアレルギーなどのトラブルを引き起こしてしまこともあり、注意しなければなりません。

また、寝具の大敵が家の中のホコリやチリです。ホコリやチリが吸着しやすいと、くしゃみなどのアレルギー反応を引き起こしてしまうことがあります。ダニやホコリに強い、防菌加工などがされている枕カバーを選ぶことも、快眠の秘訣です。

まとめ

セミダブルベッドは、1人で眠る分にはスペースを確保できるので、寝返りを打ってもベッドから落ちる心配もなく、安心して眠ることができます。一方、2人で寝るにはちょっと狭く感じてしまうかもしれません。常に2人で寝るような用途であれば、もう一つ上のダブルサイズのベッドを検討しましょう。

セミダブルベッドに使用する枕は、ベッドからはみ出さなければ好みで選んで問題ありません。高さやサイズは睡眠の質にも影響するため、自分の体格や寝姿勢にあったものを選びましょう。枕だけでなく、枕カバーにもこだわることで、より枕のポテンシャルを引き出すことができます。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ