MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

不眠症に悩む方へ絶対おすすめしたいCBDとは?いま話題のCBDで不眠症対策しましょう!?

不眠症に悩む方へ絶対おすすめしたいCBDとは?いま話題のCBDで不眠症対策しましょう!?

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

不眠症や眠れなくて困っている人へ、CBD(カンナビジオール)を使ってみてはいかがですか?CBDは大麻草(カンナビス)に含まれる成分のひとつで、精神を落ち着かせる効果や慢性的な痛みや様々な病気に効果があるとされており、世界的に話題になっています。不眠症にも効果があるとされているので、不眠症や睡眠障害に悩んでいる方はCBDをぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ただ大麻草と聞くと、「薬物?」「違法じゃないの?」「危ないんじゃないの?」と不安になりますよね。この記事ではCBDに関しての解説と実際にCBDを使うにはどうすればいいか、CBDを選ぶポイント、商品比較、そしてわたし自身が実際にCBDを購入して使用してみたレビューなど、CBDについて徹底解説します。

目次

CBDとは?

CBD(カンナビジオール)とは大麻草(カンナビス)に含まれる成分のひとつで、健康面や精神面、医療面など様々な面で効果が期待できるとベイプやオイル、グミなどの摂取しやすい形で商品化が進み、世界中でブームがおきています。

大麻と聞くと「ハイになってしまう!」「違法だ!」と危ない、危険だ不安になるかもしれませんが、その成分はTHC(テトラヒドロカンナビノール)という違う成分です。CBDにはハイになる成分は含まれていなく、また依存性や過剰摂取などのリスクもない成分なので、安心して利用できる成分です。このCBDは茎および種子由来のCBDであれば日本の法律でも合法なので、所持しても使用しても逮捕されることはありません。

CBDとTHCの違い

CBDの効果

CBD

CBDの効果は個人の体調や体質によって異なりますが、精神面や健康面、病状や症状の緩和・改善など様々な効果が見込めます。

人間の体内にはエンド・カンナビノイド・システム(ECS)という身体調節機能があり、痛みの抑制、免疫調整、身体の発達や老化、感情を制御し、神経保護、認知と記憶など多く身体機能の調整をおこなっています。

ECSは、強いストレスを受けたり、加齢からくる老化などによって、ECSの動きが弱り、カンナビノイド欠乏症になると、様々病気や身体の不調の原因になることが最近の研究で明らかになってきました。

このカンナビノイド欠乏症を改善するために、CBDから植物由来のカンナビノイドを摂取することにより、ヒトの内因性カンナビノイドの欠乏を補うという治療なのです。

これらにより主に下記のような効果があると様々な研究機関の研究によって明らかになっています。

CBDの主な効能
  • 抗炎症作用:炎症性疾患に効果
  • 精神安定作用・抗うつ作用:不安症やうつ病に効果
  • 抗精神障害作用:精神疾患に効果
  • 制嘔吐作用:悪心、嘔吐に効果
  • 抗けいれん作用:けいれん発作に効果
  • 抗酸化作用:神経変性疾患に効果
  • 抗がん作用:腫瘍、がん細胞に効果

CBDで改善の効果があるとされる症状一覧

CBDによって改善の効果があるとされている症状の一覧は下記です。
こんなにたくさんの症状に効果があるとされているCBDは凄いですよね。

  • ニキビ
  • 注意欠陥障害 (ADD)
  • 注意欠陥多動性障害 (ADHD)
  • 後天性免疫不全症候群 (AIDS)
  • 筋萎縮性側索硬化症 (ALS)
  • アルツハイマー型認知症 (Alzheimer)
  • 不安障害 (Anxiety)
  • 神経痛 (Arthritis)
  • 喘息 (Asthma)
  • 動脈硬化症(Atherosclerosis)
  • 自閉症(Autism)
  • 双極性障害(Bipolar)
  • 癌(Cancer)
  • 大腸炎(Colitis)
  • クローン病(Crohn’s Disease)
  • 鬱病(Depression)
  • 糖尿病 (Diabetes)
  • 内分泌疾患 (Endocrine Disorder)
  • てんかん (Epilepsy/Seizure)
  • 線維筋痛症 (Fibromyalgia)
  • 緑内障(Glaucoma)
  • 心臓病 (Heart Disease)
  • 白血病(Leukemia)
  • 内臓脂肪型肥満 メタボ (Metabolic Syndrome)
  • 偏頭痛 (Migraine)
  • 気分障害 (Mood Disorderes)
  • 動揺病 乗り物酔い (Motion Sickness)
  • 多発性硬化症 (Multiple Sclerosis)
  • 吐き気(Nausea)
  • 神経変性疾患 (Neurodegeneration)
  • 神経因性疼痛(Neuropathic Pain)
  • 肥満 (Obesity)
  • 強迫性障害(OCD)
  • 骨粗しょう症 (Osteoporosis)
  • パーキンソン病 (Parkinson’s Disease)

その中でも代表的に症状が緩和・改善されてると言われているのが、不眠症・睡眠障害の症状です。
詳しくご説明していきます。

CBDは睡眠障害に効果的

睡眠障害に効果的

睡眠障害とは、睡眠に何らかの問題がある状態のことで、70種類ほどあります。中でも代表的なものは、下記のようなものです。

睡眠障害の代表的な症状
不眠症

眠れなかったり、寝れてもすぐに目覚めてしまう

睡眠呼吸障害

睡眠中に異常な呼吸を示す病態の総称で、とくに代表的な症状として睡眠時無呼吸症候群がある

過眠症

夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気に襲われ、起きているのが困難になる状態

概日リズム睡眠障害

昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合わなく、望む時間帯に睡眠が取れない状態で活動が困難な状態

むずむず脚症候群

夜に眠ろうとすると足に、むずむず感や何ともいえない不快感、痛みがあるなどの状態
足を動かすとそれが消える

こういった睡眠障害にCBDは効果を発揮してくれます。もともと大麻が睡眠を助けるということは何百年も前から知られており、利用してきましたが、CBDが睡眠に効果があることがわかったのは最近のことです。

CBDには抗不安作用と鎮静作用があるため、CBDを摂取することでリラックスし精神が落ち着くことで、「寝つきがよくなった」「ぐっすり深い眠りができるようになった」「長く寝れるようになった」など効果があります。

CBDに直接眠らせる効果があるというわけではありませんし、分量によってはCBDを低〜中用量で摂取すると人は覚醒してしまいます。睡眠にCBDが効果を発揮するためには、抗不安作用と鎮静作用が現れる高用量で摂取する必要があります。

そのため、昼間眠くて困っている方は低〜中容量での摂取して覚醒させることで睡眠障害を緩和する効果が期待できますし、夜寝れない方は寝る前に高用量のCBDを摂取すればリラックスし、眠ることができます。

日本では約5人に1人が何かしらの睡眠障害で悩んでいますが、このCBDにより睡眠障害の患者が少なくなる日も近いのではないかと期待されています。

では、睡眠障害にCBDが効果的ということはわかっていただけたかと思いますので、ここからはCBDの種類や摂取方法、注意事項などについて解説していきます。

CBD摂取の種類

CBD種類

CBDの摂取の仕方には下記のような方法があります。

摂取方法商品タイプ吸収率効果のピークまで持続時間
舌下摂取・オイル約35%15分程度5〜7時間
経口摂取・オイル
・パウダー
・カプセル
・ペースト
・クリスタル
約6〜15%30〜90分程度6〜8時間
ベイプ(気化吸引)・リキッド
・ワックス
約17〜44%15〜30分程度2〜4時間
食べる・グミ
・キャンディー
など
約6〜15%15〜30分程度2〜4時間
患部に塗る・バーム
・クリーム
・パッチ
・ジェル
〜90%15〜30分程度4〜8時間

摂取方法として特に人気なのは、舌の下に垂らして吸収する「舌下摂取」やそのまま飲んだり何かと混ぜて飲む「経口摂取」、電子タバコのように気化させて吸い込む「ベイプ」が人気です。

CBD商品はアメリカを中心に世界各国で開発されており、オイルやベイプなども複数メーカーから発売されています。食べ物に調合されているものも、上に書いたグミやキャンディーの他にもチョコレートやエネルギーバー、様々なドリンクなども存在して豊富な選択肢があります。ただグミやキャンディーなど海外特有の甘すぎるくどい味のものもあるので、当たり外れが多いです。

吸収率とは?

表の項目にある吸収率とは、人はCBDを摂取したときに体が使えるCBDの量のことで、体利用効率(バイオアベイラビリティ)とも言われます。
CBDは同じ量を摂取したとしても、摂取方法などによって体内に吸収される効率が変化します。摂取方法によっては10倍もの差がでることもあるので、CBD製品を選ぶ上で吸収率は重要な要素のひとつです。

舌下摂取

舌下摂取とは、文字通り舌の下、ベロの裏側部分にオイルを数滴垂らし、摂取する方法です。舌下の毛細血管及び口腔粘膜から直接的にCBDを吸収します。

効果が出るまでも早く持続時間が長い、経口摂取と比べて消化器官を経由しないため吸収率も高く、CBDメーカーもおすすめの摂取方法です。

経口摂取

経口摂取とは、オイルやクリスタルなどを飲み物などに混ぜて摂取する方法です。とても簡単にCBDを摂取できる方法で効果の持続時間も長いため、初心者の方におすすめの摂取方法です。

ただし、体内の消化器官を通過するときに肝臓によって代謝作用が働きCBDの効果が分解されてしまうので、吸収率は高くありません。

ベイプ(気化吸引)

気化吸引は電子タバコのようなものにCBDを入れて吸う摂取方法です。喫煙者にとっては特に抵抗もなく、タバコを吸うように吸えるため、はじめやすい摂取方法です。

非喫煙者にとっては、吸ったあとに肺に煙をためることができなかったり、むせてしまうこともあり、敬遠される方もいるようですが、吸収率が高いので、人気の高い摂取方法です。

食べる

CBDグミ

食べる摂取方法とは、もともとCBDが含まれている商品のことをここでは表現しています。グミやキャンディー、チョコレートやドリンク類など様々な商品が海外では開発され、販売されています。

手軽に摂取できるのはメリットですが、吸収率は低く、継続時間も短いので、ちょっとした息抜き程度に摂取する目的で使われます。

患部に塗る

CBD入りのローションやクリームなども存在し、直接患部に塗ることで効果を発揮します。痛い患部に塗ることで痛みが和らいだり、火傷に塗ることで炎症を抑える効果があります。

摂取方法による違いとメリット・デメリット

CBD

それでは紹介した摂取方法のメリット・デメリットを見ていきましょう。

摂取それぞれのメリット

蒸気摂取は効率よく摂取できるという点がメリットです。個人差はありますが、吸いこんで3分ほどで体感できるでしょう。リキッドは様々なフレーバーが販売されていますので、自分の好みに合ったものを選ぶことができます。

舌下摂取は効き目が長く続く点がメリットでしょう。3~6時間ほど効果が続くと言われています。またリキッドでは濃度5%程が最高ですが、オイルでは12~24%とさらに高い濃度の物もえらぶことができます。

慢性的な痛みの対策とCBDを摂取する場合は経口摂取、皮膚摂取がおすすめです。

デメリット

蒸気摂取は比較的すぐに体感できるのがいい点ですが、継続時間は1~2時間ほどです。また煙を吸うのが苦手という方には向いていない摂取方法かもしれません。またベイプという専用の機器が必要で、煙が吐き出せる喫煙所のような場所にいる必要があります。

舌下摂取は効き目は長いのですが、1~2時間後に体感できるので速効性という点では蒸気摂取に劣ります。また、CBDオイルを直接口に含みますので、風味や味が苦手という方もいるかもしれません。

経口摂取は生体利用率が15%程と言われており、蒸気摂取の30~40%に比べると低めです。そのため、コストパフォーマンスが悪いと感じることもあるようです。

皮膚摂取は患部に直接塗ることができますが、べたつくものもあるようです。

違いまとめ

蒸気摂取は摂取効率がよく体感が早い一方、継続時間は他と比べて短めです。自分好みのフレーバーを選ぶことができますが、専用の機器が必要で、煙が出ますので使用する場所が限られる場合があります。

経口摂取は体感はゆっくりですが、比較的長く効果が続きます。オイルは濃度が高いものも選べますが、風味や味が苦手と感じる場合もあるようです。

経口摂取は慢性的な痛みの対策としては向いていますが、利用率が低いためコストパフォーマンスが悪いと感じる場合もあるようです。

皮膚摂取は患部に直接塗ることができますが、物によってはべたつきを感じる場合もあるようです。

CBDを選ぶポイント

CBD

CBDを摂取する方法がこんなに種類が多いと、どう摂取する方法を選んだらいいか迷いますよね。ここからはCBD製品の選び方、選ぶポイントを解説していきます。

濃度による違い

CBDの製品には濃度が書かれているものがあると思います。書かれていない場合は製品全体の量と含有量から濃度を計算しましょう。

例えば、30mlの製品で300mgのCBDが含まれているとすれば、濃度は1%です。

濃度が3%位のものから高濃度CBDと呼ばれていますが、初めて使う方にとっては体感が強すぎる可能性がありますので、1%位から始めた方が良いかもしれません。

CBDを利用するポイント

CBD

ストレスを軽減し、気持ちを落ち着かせてくれるCBDですが、どのように利用すればよいでしょうか?
自分に合ったCBDの摂取ができるように、利用する際のポイントを見ていきましょう。

摂取するタイミングは?

基本的に摂取するタイミングはいつでも大丈夫です。空腹時に摂取すると全身にいきわたるのが比較的早くなるとも言われています。

不眠に悩む方は眠る前に摂取するとよいでしょう。高濃度のフルスペクトラムを摂取することでアントラージュエフェクトを感じやすく、リラックスできるでしょう。

フルスペクトラムは眠気を感じる場合もあるようですので、仕事の合間に摂取したい場合は低濃度のCBD単一リキッドがよさそうです。程よいリラックスと、集中力が増す感じがするでしょう。

摂取する量

CBDの1日あたりの摂取上限は特に決められていません。しかし、たくさん摂取したからと言って効果が無限大に高まっていくわけではなく、中容量の時に一番効果が高まるとされています。

CBDを初めて使うという方は、例えばCBDオイルであれば朝昼晩1滴ずつ摂取することから始めてみてはいかがでしょうか。効果を感じにくい場合は摂取量を2,3滴と増やしていくとよいでしょう。

継続がポイント

CBDは3~5日ほど体内に残ると言われています。CBDは体内に蓄積されていきますので、継続的に使うことで体内環境をよりよい状態にしていくことができます。効果を感じたい方は継続してCBD摂取するのが一つのポイントと言えそうです。

注意事項

CBDが胎児に与える影響はまだ解明されていません。また体内に蓄積するものですので、妊娠中・授乳中の方は摂取を避けた方が良いでしょう。

食品アレルギーを持っている方は0.2~0.3%の方が腹痛やアレルギー症状を訴えることがあるそうですので注意が必要です。

CBDの副作用はある?

CBD

CBDの副作用として下痢、眠気、肝機能の悪化、食欲減退等が挙げられていますが、依存性が見られないということから、安全性は高いと考えられています。

また、CBDに関する論文は130以上あり、ヒトや動物に対して安全性が高いとの評価を得ています。2018年にはWHO(世界保健機関)にて安全性が確認され、国際薬物条約の麻薬に該当しないことを勧告しています。

他の薬やサプリメントと併用しても大丈夫?

副作用がないことで知られるCBDですが、サプリメントや他の薬に関しては一概に併用がOKかどうか、と断定することができません。人によって摂取している薬やサプリメントが違うからです。
普段から薬やサプリメントを摂っている方は販売者やメーカー、かかりつけの医者に相談しましょう。

CBDの注意事項

CBD

CBDを摂取する上で気をつけなければいけないことをみていきましょう

CBDの保管場所に注意

CBDオイルは直射日光、高温多湿の場所を避けて25度位の場所で保管するようにしましょう。

熱いものと一緒には摂取しない

熱いものと一緒に摂取すると、CBDに含まれるカンナビジオールが破壊されてしまう可能性があります。熱い飲み物などと一緒に摂取するのはやめましょう。

興奮作用のあるものと一緒に摂取しない

エナジードリンクなど興奮作用のあるものと一緒に摂取するとそれぞれの特徴がなくなってしまいますので、併用は止めましょう。

THCが入っていないことを確認する

もともとは同じ麻に含まれるCBDとTHC。抽出方法によっては微量のTHCが残ってしまう可能性があります。日本の基準は諸外国より厳しく、0.1%以上のTHCは違法扱いです。アメリカは0.3%未満であれば「THC FREE」として販売できるため、一部の海外CBD製品には0.1~0.3%のTHCが含まれている場合があります。日本において法律違反にならないよう、THCがゼロであることを明示している製品を購入しましょう。

CBDは本当に違法じゃないのか?

CBD

日本では、1948年に制定した大麻取締法によって、カンナビノイドを多く含む花穂と葉の利用を禁止しています。また、大麻取締法第四条によって、医師の交付、患者の施用の両方が禁止されています。

現行法では、茎および種子由来のCBDであれば利用することができます。

大麻が違法になった歴史

諸外国では合法の大麻が、なぜ日本では違法になったのか歴史を振り返ってみましょう。
麻は紀元前から栽培されている植物でした。日本でも縄文時代から服の材料や食べ物として、さらには祭事の道具として使われてきました。

大麻に悪いイメージができたのはアヘン戦争以降と言われています。
アヘン戦争は1840年から2年間にわたってイギリスと清の間で行われた戦争です。この戦争をきっかけに貿易問題や健康面へのネガティブな側面が注目を集めました。
そして1912年には万国阿片条約でアヘンをはじめとしてモルヒネ、大麻等が規制されました。

こうして大麻は日本でも違法となりました。

日本におけるCBDの現状

日本

CBDは合法ですが、次の二つの法律をクリアしている必要があります。

大麻取締法

大麻の茎・種子以外から作られた製品は違法とする法律です。CBDは対象外の茎から生成されます。

麻薬及び向精神薬取締法

THCは麻薬に指定されている違法成分ですが、CBDは問題ありません。

こうして合法とされているCBDですが、医薬品ではないため、薬事法の観点から効果を強調することは禁止されています。しかしながら、多くの論文で安全性が高いという評価を受けていること、様々な疾病に対して効果が期待できると言われていることからCBDは支持され始めています。

世界で広がる規制緩和

CBD

違法とされていた大麻ですが、近年では世界各国で規制緩和が進んでいます。痛みを緩和する医療大麻や覚醒作用のないCBDについては規制する理由がないという考えから合法化に舵を切る国もあります。また嗜好目的の大麻についてはウルグアイなど数か国で合法となっています。

CBDの海外での状況

多くの国は日本と同じように大麻を禁止していますが、いくつかの国ではこれまで見てきたように、医療大麻として、または嗜好品として使用を認める動きがあります。

禁止している国ではTHCによる人体への悪影響という理由のほかに、嗜好品としては大麻は比較的安価なため、たばこやお酒といった他の嗜好品の産業にダメージを与えることが懸念されていることも理由と考えられています。

医療大麻とは

規制緩和が進む医療大麻について見ていきましょう。

近年の海外の臨床実験では大麻は健康維持や、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)やアルツハイマー病、線維筋痛症といった疾病へ効果があるという事例が上がっています。

こうした研究結果から、アメリカ合衆国、カナダ、イスラエル、ベルギー、オーストリア、オランダ、イギリス、スペイン、フィンランド、ドイツ、韓国などでは医療大麻は合法となっています。

日本では、医療大麻は認められておらず、研究や臨床実験も認められていません。

CBDは動物にも有効!

CBD動物

CBDは動物にも有効だと言われています。

てんかんなどは人間でも有名な疾病ですが、動物でも起こりえる疾病です。CBDはエンドカンビナノイドシステム(ECS)に作用して効果を発揮しますが、哺乳類にもECSが備わっていることがわかっています。

犬などのペットの中にはてんかんを患っていたり、トラウマから震えが止まらなくなってしまう場合があるそうですが、CBDはこうした症状に効果があると言われています。

CBDに関する用語集

CBD

CBDに関する用語をまとめました。

CBD

CBDとはカンナビジオールの略称で、英語ではCannabidiolと書きます。

麻に含まれる成分の一つです。麻と聞くと麻薬、危険なもの、をイメージする方も多いかもしれませんが、CBDにはハイになるといった精神作用や依存性はありません。日本で流通しているものは麻の茎と種から抽出されたものです。

日本では合法の成分です。

THC

CBD同様、麻に含まれる成分です。

THCはテトラヒドロカンナビノール、英語ではTetrahydrocannabinolと書きます。THCはハイになる成分を含んでいますが、依存性はカフェイン程度と言われています。

大麻草にはTHCは存在せず、THCAとして存在しています。熱や光によって脱炭化することでTHCになります。

日本では違法の成分です。

CBD単一

CBDアイソレートとも呼ばれ、名前の通りCBDの成分のみを抽出したものです。無味無臭なので何に混ぜても使用できる点がメリットと言えます。デメリットでいうと、フルスペクトラムで感じられるアントラージュエフェクトは感じにくいという点です。

フルスペクトラム

フルスペクトラムは英語で「Full Spectrum」。直訳すると全範囲です。

大麻草には100種類以上のカンナビノイドが含まれていますが、そのうち最も有名なものがCBDです。CBD単一ではCBDの成分のみだったのに対し、フルスペクトラムはCBD以外のカンナビノイドが含まれているのが大きな違いです。またカンナビノイド以外にも大麻草に含まれるテルペン、ミネラル、たんぱく質などが含まれています。

研究論文などでは、CBD単一よりもフルスペクトラムの方が優秀な結果が多いと言われており、様々な成分が様々な期待に応えてくれることをアントラージェ(側近)効果と言います。これがフルスペクトラムを選ぶメリットと言えるでしょう。

デメリットはというと、製品によってはフルスペクトラムと言えないものをフルスペクトラムとして販売している場合があるということです。専門ショップの店員さんに相談したり、信頼できるメーカーを見つけましょう。

ブロードスペクトラム

ブロードスペクトラムは英語で「Broad Spectrum」。直訳すると幅広い範囲です。

フルスペクトラムが大麻草にあるCBD以外のカンナビノイドも全て含んでいる物に対して、成分が1つでも欠けているとブロードスペクトラムに分類されます。

フルスペクトラムに比べて含まれる成分が少ない分、アントラージュエフェクトがやや劣るという印象です。

テルペン配合

テルペン配合と呼ばれるものはCBD単一にテルペンを配合したものです。

テルペンとは大麻草にも含まれる成分で、植物の香り、風味の素となる物質を持っています。他の成分と相互に作用することで効用を高めるはたらきがあると言われ、アロマや香水にも使われています。テルペンの成分は抗ウイルス、抗アレルギー、体液の流れをスムーズにする作用があると言われ、アントラージュエフェクトが期待できます。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ