MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

ポケットコイルマットレスの寿命はどのくらい?長持ちさせる方法は?

ポケットコイルマットレスの寿命はどのくらい?長持ちさせる方法は?

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

ポケットコイルマットレスの購入を考えているけれど、寿命はどのくらいなのか知りたい!という方も多いのではないでしょうか。ポケットコイルマットレスの寿命や特徴、ボンネルコイルとの違い、ポケットコイルマットレスを長持ちさせる方法をご紹介します。

目次

ポケットコイルマットレスはどんなマットレス?

ポケットコイルマットレス

マットレスには色々な種類がありますが、大きく分けてコイル系とノンコイル系に分けられます。ポケットコイルマットレスはコイル系のマットレスですが、どのような特長があるのでしょうか。ポケットコイルマットレスの構造と、ボンネルコイルマットレスとの違いをご紹介します。

ポケットコイルマットレスの構造

ポケットコイルマットレスは、1つずつポケットと呼ばれる布袋に包んだスプリングコイルがたくさん敷き詰められています。1つずつ袋に包まれているので、スプリングコイル同士のつながりがありません。体重のかかった場所だけピンポイントで沈み込むので、身体への負担が少なくなります。ポケットコイルマットレスは、身体を点で支えるイメージです。

ボンネルコイルマットレスとの違い

ポケットコイルマットレスが身体を点で支えるのに対して、ボンネルコイルマットレスは面で身体を支えます。ボンネルコイルマットレスは連結したスプリングコイルが入っていて、すべてのスプリングコイルがつながっている構造です。寝心地は、感じ方は人それぞれですが、一般的にはポケットコイルマットレスは柔らかめの寝心地、ボンネルコイルマットレスは硬めの寝心地となっています。また、通気性は空気の通り道が多く、コイルだけが入っているボンネルコイルの方が良いです。

ポケットコイルマットレスのメリット

ポケットコイルマットレス メリット

ボンネルコイルマットレスとは構造や寝心地、通気性の違いがありますが、ポケットコイルマットレスにはどんなメリットがあるのでしょうか。

体圧分散性が高い

ポケットコイルマットレスは独立したコイルで身体を点で支えるので、身体の一部分だけに負荷がかからず、体圧分散性に優れています。フィット感のある安定した寝心地で、肩や腰をしっかり支えてくれ、肩こりや腰痛持ちの方にもオススメです。体圧分散性に優れているということは、身体への負担が少なく、快眠にもつながります。

振動が伝わりにくい

1つずつスプリングコイルが独立していて、他のスプリングコイルと触れることがありません。そのため、寝返りを打っても振動が伝わりにくいというメリットがあります。2人でマットレスを使用する場合にポケットコイルマットレスがオススメなのはこれが理由です。隣で寝ている人の寝返りの振動を気にすることなく、反対にこちらの振動が相手に伝わってしまわないか心配することなく、安心して寝ることができますよ。

ポケットコイルマットレスのデメリット

ポケットコイルマットレス デメリット

ポケットコイルマットレスのメリットをご紹介しましたが、通気性の問題や品質によって生じるデメリットがあるのでみていきましょう。

湿気がこもりやすい

ポケットコイルマットレスは布袋にスプリングコイルが入っているため、湿気がこもりやすくなります。ポケットコイルマットレスの通気性は、高反発ウレタンマットレスよりは良く、ボンネルコイルマットレスよりは劣るといったところになります。通気性ポケットコイルマットレスを選ぶときには、湿気対策がしやすい、軽量で干しやすいものを選ぶことがオススメです。

品質によっては腰痛の原因になる

ポケットコイルマットレスは良質なものでないと、耐久性が低く、寝心地も良くありません。品質が良くないポケットコイルマットレスは体重を支えられなくなり、腰痛や肩こりの原因になってしまうことがあります。価格は多少高くなりますが、ある程度品質の良いポケットコイルマットレスを選ぶようにしましょう。

ポケットコイルマットレスの寿命は?

ポケットコイルマットレス寿命

一般的にマットレスの寿命は種類や使用状況、品質にもよりますが、長くて10年といわれています。ポケットコイルマットレスの寿命はどのくらいなのでしょうか?

マットレスの品質や使い方によって寿命が異なる

ポケットコイルマットレスの寿命は8〜12年程度で、平均して10年程度の寿命です。ウレタンマットレスなどと比べると長持ちしやすいマットレスとして知られています。ただし、品質や使用状況によって寿命が異なってきます。高価なものほど寿命が長く、安価なものはどうしても平均寿命まで持たずに寿命を迎えてしまうことがあります。とくに5万円以下のものは5年持てば良い方だと思っていてください。

ポケットコイルマットレス以外のマットレスの寿命

ポケットコイルマットレスは長持ちしやすいマットレスとされていますが、その他の種類のマットレスの寿命についても気になりますよね。それぞれのマットレスの寿命を見ていきましょう。どれも品質や使用状況によって異なるので、あくまでも平均的な目安となります。

  • 低反発マットレス:3〜5年
    比較的短めの寿命です。安価なものだと1年持たないこともあります。
  • 高反発マットレス:6~8年
    高い密度のウレタンを使っているため耐久性が高く、低反発マットレスより長く使えます。
  • ボンネルコイルマットレス:7~10年
    スプリングコイルはへたりにくく耐久性のある素材なので比較的長持ちします。
  • ファイバーマットレス:6~8年
    高価なものに限ります。安価なものはへたりやすく、3年程度の寿命です。
  • ラテックスマットレス:6~8年
    100%天然素材のものに限ります。天然素材の割合が低い合成ラテックスの寿命は3年以下が目安です。

ポケットコイルマットレスの寿命を長持ちさせるには?

ポケットコイルマットレス 長持ち

長く使えることで知られているポケットコイルマットレスですが、しっかり日々のお手入れをやってこそです。せっかくなら長くマットレスを使いたいですよね。ポケットコイルマットレスの寿命を長持ちさせるためのお手入れをご紹介します。

マットレスに湿気は大敵!湿気対策をする

ポケットコイルマットレスは通気性が悪いマットレスではありませんが、日本の気候を考えるとしっかりと湿気対策をすることがマットレスを長持ちさせることにつながります。定期的にマットレスの底に風を当てるようにしてマットレスの換気をおこなってください。扇風機があればなお良いです。また、除湿シートを敷いて湿気対策することもオススメです。

定期的にマットレスをローテーションする

両面使用ができるマットレスの場合、定期的にマットレスの上下、表裏をローテーションして使うようにします。1つの面だけを使っていると、ずっと同じ場所に負荷がかかり続けるので、どうしてもへたりやすくなってしまいます。ローテーションは3ヶ月〜半年に1回を目安に行いましょう。

ただしポケットコイルマットレスは重量が難点で、とてもローテーションできない。という方もいるでしょう。その場合は両面使用ができるものではなく、片面使用のマットレスを選び、湿気対策をしっかり行うようにすればOKです。

マットレスを保護するアイテムを使う

ベッドパッドやマットレスプロテクターなどマットレスを保護するアイテムを使って、直接マットレスに寝汗や皮脂などの汚れが吸収されないようにします。とくに防水マットレスプロテクターは、寝汗や皮脂を完全にガードしてくれる心強いアイテムです。よりマットレスを長持ちさせるためは、ベッドパッドとマットレスプロテクターを併用するのがオススメです。

ポケットコイルマットレスを使うときに注意すること

ポケットコイルマットレス 注意
 

ポケットコイルマットレスは間違った使い方をしてしまうと、寿命を早めてしまいます。ポケットコイルマットレスを使う際の注意点をご紹介します。

天日干ししない

ポケットコイルマットレスは天日干ししないでください。ポケットコイルマットレスの表面の生地を傷めてしまう可能性があるからです。とくにウレタンフォームを使っている場合、ウレタンは直射日光に弱いため激しく劣化してしまうこともあるので注意が必要です。

水に濡らさない

ポケットコイルマットレスが水に濡れてしまうこともできれば避けましょう。表面の生地の劣化や、カビの発生の可能性があるからです。汚れを水拭きする場合などは、最後にしっかり乾燥させるようにしてください。

マットレスの上で飛び跳ねない

ポケットコイルマットレスに限りませんが、マットレスの上で飛び跳ねるようなことはしないでください。寿命を早める原因となります。とくにお子様からすると、ポケットコイルマットレスの反発力と柔らかさはどうしても飛び跳ねたくなってしまうかもしれませんが、劣化が確実に進んでしまうのでやめましょう。

長持ちするポケットコイルマットレスの選び方

ポケットコイルマットレス 選び方

基本的には寿命が長いポケットコイルマットレスですが、より長持ちするポケットコイルマットレスを選ぶポイントをお伝えします。せっかく購入するなら長く使えるものが良いですよね。

自然な寝姿勢でいられるものを選ぶ

マットレスに横になったときに、自然な寝姿勢がとれるかどうかをチェックしましょう。仰向けの場合は姿勢良く立った姿勢のまま寝転べるか、横向きの場合は背骨がまっすぐの状態で横になれているかを確認します。自然な寝姿勢がとれていないと、疲れがとれず、睡眠の質も悪くなってしまいます。また、無理なく寝返りが打てるかどうかも確認しておくと良いでしょう。

コイル数が多いものを選ぶ

マットレスに使われているスプリングコイルの数が多いものを選びましょう。コイル数が多くなると、身体を支える箇所が増えるので体圧分散性がアップし、寝心地もより安定したものになります。

詰め物の素材や品質が良いものを選ぶ

ポケットコイルマットレスの詰め物、とくにウレタンになりますが、良質なものが使用されているものを選びましょう。ウレタンの品質が悪いと、「スプリングコイルの寿命はまだあるのに、ウレタンがダメになってしまったから買い替えなくてはいけない。」ということにもなりかねません。ウレタンの密度が30D以上のものを選べば間違いないでしょう。

長く使える加工がされているものを選ぶ

ポケットコイルマットレスは長持ちする種類のマットレスで、日頃のお手入れでより長く使えますが、マットレスそのものに長く使える加工が施されていることも大切です。防ダニや抗菌、防臭加工など、マットレスを衛生的に長く使うのに欠かせない加工がされているものを選びましょう。

まとめ

ポケットコイルマットレスの寿命は品質や使用状況にもよりますが、約10年程度で比較的長持ちします。良質な睡眠のためにも、ポケットコイルマットレスを購入する際は安価なものではなく、ある程度の価格のものを選ぶようにしてくださいね。また、日々のお手入れでさらに寿命を伸ばすことができるので、注意点を理解して、長持ちさせてくださいね。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ