MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

マットレスの気になる臭いの原因とは?解決方法やメンテナンスも解説!

マットレスの気になる臭いの原因とは?解決方法やメンテナンスも解説!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

いきなりですが、マットレスの臭いが気になったことはありませんか。毎日の睡眠の質にも重要な役割を担っているマットレスだからこそ清潔にしておきたいものですし「このままにしておいて大丈夫なのかな?」と心配になってしまいますよね。

また、新しくマットレスを購入したときの独特な臭いについても、経験したことがある人も多いのではないでしょうか。マットレスの臭いの原因や解決法、対処法なども含めわかりやすく解説していきます。

目次

マットレスの臭いの原因とは?

マットレス 匂い

マットレスからふんわりと漂ってくる嫌な臭い…埃っぽいようなカビ臭さを感じたこともあるのではないでしょうか。でも何が原因なのかわからないとどんな対策をしていいのかわからず、困ってしまいますよね。

マットレスのこれらの臭いの原因は「ダニ」「皮脂」「カビ」などが関係しています。マットレスの表面には髪の毛・フケ・埃などさまざまなものが付着しています。ただでさえ、マットレスは他の寝具のように簡単に取外して洗濯機で洗ったりしませんよね。清潔な状態にしておきたいと思っても、掃除の方法がわからない人もいると思います。

私たちは寝ている間にコップ一杯分の汗をかいているといわれています。睡眠中にかいた汗がマットレスに染み込み、菌が繁殖することによって臭いの原因となります。マットレスの臭いをそのままにしていると、よりきつい臭いになってしまいなかなか取れなくなってしまうのです。

マットレスの場合、染み込んだ汗を外に放出できず水分が残ったままになりカビが生える原因になることもあります。また窓の近くにベッドを置いている場合、屋外と屋内の気温差によって結露が起こりやすくなりカビの原因になることも…。またマットレスは、天日干しNGなのもありダニが発生しやすいことでも知られています。

ダニは目には見えないほど小さなものですし、死骸や糞はアレルギーの原因になってしまうこともあります。マットレスの臭いの原因を知ると、どうにか対策しておかなくては…と思うものばかりですよね。特に寝ている間に汗のかきやすい夏の時期は、マットレスの湿気をこまめに取り除くなどの対策も必要になります。

マットレスの使い方を間違えていると臭いの原因に

マットレス 使い方

マットレスを使っている期間だけに関わらず、使い方次第で臭いやすくなってしまうこともあります。例えば、マットレスを直接床に置いて使っていませんか?床に置いてしまうと風通しが悪く湿気がこもる原因になります。

そのため、カビが生えやすい原因になります。マットレスの状態を良くするためにも風のとおり道を作るなどの対策は必要です。また、マットレスにシーツやカバーなど何もかけずに直接寝てしまうと、寝汗がそのままマットレスに染み込んでしまう原因になります。

マットレスを長持ちさせるためにも直接そのうえで寝るのはおすすめしません。他にも、マットレスを長期間使い続けている人もいるのではないでしょうか。平均的な寿命は使い方によっても異なりますが、10年程度だといわれています。

それ以上使うと、スプリングの部分が劣化してしまい体を傷める原因にもなります。物を大切に使うのは悪いことではありませんが、快適な睡眠のためにも10年を目安に新しいものに買い換えるようにしてくださいね。

新品のマットレスの臭いの原因とは?

新品マットレス

マットレスの臭いは新品で購入したときにするケースもあります。特に高反発マットレスなどに多いのですが、袋を開封した瞬間、なんともいえない臭いがすることもあります。これらは原料や梱包時が原因で起きている可能性があります。

マットレスの原料として使われている「ウレタンフォーム」にはさまざまな化学原料が含まれています。その品質に問題があったり、バランスが悪いと臭いが強く出てしまうこともあります。

なかでも大きな影響を与えるのが「アミン」になります。ウレタンフォームはどんなに高品質なものでも、臭いがゼロになることはなく、鼻を近づけてみると必ず多少の臭いは感じます。また、マットレスを仕上げたあとに、圧縮梱包されると通気性がなくなるので臭いがこもりやすくなります。

もし新品のマットレスを出したときに多少の臭いがする程度であれば、風通しの良い場所に置き換気をすると1日~2日程度もすれば臭いが飛ぶはずです。他にも布団乾燥機を使ったり、掃除機でふとんに残ったアミンを吸い込む方法もあります。

部屋のなかに臭いが充満してしまうほどの強い臭いの場合は、マットレスの不備も考えられるので確認してみてもいいと思います。

マットレスの臭いを防ぐ為にはこまめな清掃が必要

マットレス清掃

マットレスの臭いを防ぐためには、こまめな清掃が欠かせません。定期的な掃除機かけはもちろん月に1回はフレームの拭き掃除や、マットレスの湿気を取り除くための天日干しをして、臭いの原因を減らしていく必要があります。マットレスの臭いを防ぐ方法をご紹介したいと思います。

表面にしっかりと掃除機をかける

マットレスの掃除で最も簡単なのが、表面に掃除機をかけることです。表面にある埃や髪の毛、フケをそのままにしないことが臭いを防ぐことにも繋がります。特に縫い目の部分には汚れが溜まりやすいので、一方通行ではなく縦横の2回にわけて掃除機をかけます。

表面の汚れを防ぐためにもマットレスカバーをかけておくと、そのまま洗濯機に入れて洗えるので、メンテナンスも簡単になりマットレスが長持ちしますよ。

また、お家に重曹がある方は、マットレスにまんぺんなく撒いたうえで一日放置し、掃除機をかけるとマットレスの臭いが取れます。これは重曹の脱臭効果や汚れを取り除く性質によるものです。重曹は安全性が高く、強い臭いであっても取り除けるのでおすすめの方法です。

こまめに天日干しをする

マットレスを定期的に天日干ししておくとダニやカビの防止に繋がります。日当たりのいい場所に、裏と表の両方に太陽の光が当たるように干します。ただしマットレスの素材によっては天日干しができないものもあります。

例えばウレタン素材のマットレスは熱に弱いので、直射日光に当ててしまうと劣化の原因になります。この場合は、気温が適度の温度の日に風通しする程度で問題ありません。マットレスの説明書などを見ると素材がわかるので確認してみてくださいね。

布団乾燥機を使う

マットレスでダニが繁殖してしまっている場合は、寝具にしっかりと熱を与える必要があります。ベッドのなかに入るとなんだか痒くなってしまいムズムズする…、またダニに噛まれた痕(2つの小さな穴がある)がある場合は、目には見えなくてもたくさんのダニがいる可能性があります。

ダニが最も苦手とするのは「熱」と「乾燥」です。50℃以上になると3.0分程度で死滅し、60℃以上になると一瞬で死滅します。ダニは乾燥している空間では活動が鈍くなる特徴もあるので、湿気が少ない状態を維持するとマットレスでも繁殖しにくくなります。布団乾燥機を使って乾燥させる、もしくはコインランドリーを使うのがおすすめです。

クエン酸で拭く

マットレスの臭いを取り除く方法の一つにクエン酸があります。タオルにクエン酸を水に溶かしたものを染み込ませて硬く絞ります。マットレスを叩くようにしてタオルで拭き、臭いがなくなるまで何度も試します。

特に子どものおねしょなどの臭いが気になるマットレスに有効な方法になり、水200mlにクエン酸小さじ一杯を溶かして使います。寝汗などの臭いをとるときは、水300mlに重曹大さじ一杯を溶かした重曹水を使うのがおすすめです。臭いの原因によって使い分けてみてもいいと思います。

マットレスの臭いはクリーニングを使って解消する方法も

マットレス クリーニング

いろいろと試してみたものの、マットレスの臭いが取れないときは「クリーニング」に出すのも一つの解決方法です。家庭では落としづらい寝汗による黄ばみや、カビやダニの繁殖を防ぎしっかりと除去してくれます。

マットレスの表面の汚れだけでなく、内側の汚れもきれいにしてくれるので、そのあとのお手入れが格段に楽になります。マットレスのお手入れを全くしておらず、家庭では落とせない場合はプロの手を借りてきれいにする方法もおすすめです。

目安として一年に一度のペースで出すこと、夏の汗をたくさんかいたあとの時期に出すと、きれいな状態が保ちやすくなります。マットレスの大きさによっても値段が変わり、10,000円前後が相場になります。

どうしても落ちない臭いは検討してみてもいいのではないでしょうか。ただしマットレスクリーニングでも化粧品や香水などの人工的な香りは落とせないので注意してくださいね。

マットレスの臭いには逆効果!?の方法とは

マットレス 水

マットレスの臭いをとる方法としてやってはいけないのが「水洗い」です。素材によっても多少の違いはありますが、ウレタン製のものは水に濡らしてしまうと劣化を早める原因になります。

もともと水洗いできますと宣伝しているマットレス以外は水洗いはしないほうが無難です。また、マットレスの掃除方法としてスチームクリーナーを推奨しているサイトもありますがあまりおすすめしません。

臭いを取ることはできますが、大量の水を使うのでマットレスには逆効果になります。しっかりと乾燥させるための乾燥機も必要になります。中途半端な状態で使ってしまうと、雑菌の繁殖の原因になり臭いが強くなってしまう可能性もあります。

スチームクリーナーを使う場合は、乾燥機は絶対に必要です。

まとめ

マットレスの臭いを防ぐためにも、正しい方法でこまめなメンテナンスを行うようにしてくださいね。天日干しもマットレスの種類によっては逆効果になり劣化を早める原因になります。

眠りの質を決めるマットレスだからこそ、いつでも清潔な状態で維持しておきたいものですね。マットレスの臭いの悩みを解消するためにも、できることからチャレンジしてみてくださいね。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ