MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

キングサイズのマットレスの特徴は?部屋の広さ・メリット・注意点・選び方まとめ

キングサイズのマットレスの特徴は?部屋の広さ・メリット・注意点・選び方まとめ

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

キングサイズのマットレスは、夫婦2人が寝てもゆとりがあるため、快適な睡眠を求めている人にぴったりです。また、設置するだけでホテルライクなインテリアにできる魅力もあります。紹介する選び方を参考に、自分や家族に合うものを選びましょう。

目次

キングサイズマットレスのサイズ感

既成のマットレスでは最大のキングサイズマットレスですが、具体的にどのくらいの大きさなのでしょうか?他のサイズと比較することで、イメージしやすくなります。

一般的なサイズは幅180cm

見るからに大きくどっしりした印象のキングサイズマットレスは、一般的には『幅180cm前後』です。ベッドの標準的な長さは195cmのため、正方形に近い形状です。

ただし、マットレスの幅はメーカーによって違うことがあるため、注意しましょう。キングサイズマットレスと記載されていても、180cmより小さいものや大きいものも存在します

自宅の寝室にぴったりのマットレス選びのためには、キングサイズマットレスという表記だけでなく、実際の寸法までチェックしましょう。

他のサイズと幅を比較

現在ダブルサイズのマットレスに夫婦2人で眠っている場合、幅は約140cmです。キングサイズはさらに40cm幅が広くなるため、ずいぶん大きく感じるはずです。

2人で横になっても余裕のある、幅約160cmのクイーンサイズと比較しても、キングサイズマットレスは20cm広いため、ゆったりと眠れるでしょう。

キングサイズマットレスに適した人数は?

幅が180cm前後とシングルのおよそ2倍もあるキングサイズは、ゆったり眠れるマットレスということが分かりました。では、何人で使用するのに適しているのでしょうか?

大人2人の利用でも余裕がある

幅180cmのキングサイズマットレスは『大人2人でも余裕がある』大きさです。寝始めはもちろん、眠っている間に寝返りを打ったとしてもゆったり眠れます。

大人が安心して寝返りを打つためには、体の両側に20cm余裕があるといいといわれています。成人男性の平均的な肩幅は約45cm、成人女性の平均的な肩幅は約40cmのため、夫婦2人に必要なマットレスの幅は165cmです。キングサイズなら、寝返りを考慮してもさらに幅15cmの余裕があります。

平均的な体格の夫婦であれば、寝相が悪くても落ちる心配をすることなく、安心してぐっすり眠れる幅といえそうです。お互いの睡眠を邪魔する心配もなくなるでしょう。

小さい子どもがいる家庭にもおすすめ

家族に乳幼児がいる場合、1人で寝かせるのは心配と感じている人もいるかもしれません。夫婦2人でも余裕のあるキングマットレスなら『子どもの添い寝も無理なくできる』サイズといえるでしょう。

同じマットレスに家族3人で川の字に眠っていれば、夜中に子どもがぐずり始めても、すぐに応えてあげやすくなると考えられます。

小学校高学年くらいに成長し、1人で寝たがるまでは、キングサイズマットレスで一緒に眠るという家庭もあるようです。

キングサイズマットレスを置ける部屋の広さは?

広々眠りたいとキングサイズマットレスを選んでも、寝室の広さによっては設置できないこともあります。

キングサイズマットレスを置いても狭くなりすぎない部屋の広さを知り、自宅の中で寝室にぴったりの部屋はどこか計画を立てることが大切です。

最低でも6畳以上がおすすめ

寝室としてのみ部屋を使うなら、6畳以上の広さがあるとキングマットレスでも余裕を持って設置できます。マットレス周辺の『動線を確保できる』ため、就寝前や起床後の動きがスムーズでしょう。

ただし、家具を置くと圧迫感が出るかもしれません。マットレスを部屋の主役と位置付けて、どんと置きたいときにぴったりの広さです。

他の家具も置くなら8畳以上

ナイトテーブルやチェストなどを置いて、寝室の『インテリアを楽しみたい』なら、8畳以上の部屋を寝室にするのが理想です。

これだけの広さがあれば、キングサイズマットレスの周りに家具を配置する余裕ができます。

マットレスは大きいため気軽に動かしにくいですが、他の家具の配置によって部屋の雰囲気を変えることや、間接照明を設置して明かりの演出をすることなども可能でしょう。

ベッドフレームの幅も重要

マットレスのサイズが部屋に合っていても、ベッドフレームのサイズが合わないということがあります。マットレスと同じく、ベッドフレームも商品によってサイズが異なります

そのため、マットレスを選ぶときには、必ずベッドフレームのサイズも確認します。キングサイズマットレスという記載だけではなく、実際の寸法をチェックしたほうがいいでしょう。

ベッドフレームのサイズを事前に確認することで、購入後に部屋に入らなかった、合わなかったという事態を予防できます。

キングサイズマットレスを選ぶメリット

ゆったりしたスペースがあるキングサイズマットレスには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

家族で快適に使える

まずあげられるメリットは、広々しているため『家族みんなで眠れる』という点です。

キングサイズマットレスの幅180cmは、両親と子どもが一緒に眠っても十分なサイズのため、夜は仲よく一緒に眠りたいという家族にぴったりといえます。

3人家族で使うなら、寝返りを打っても下に落ちることはまずないはずです。子どもの寝相が悪くても安心できます。

部屋に高級感が出る

6畳や8畳の寝室にキングサイズマットレスを置くと、非常に大きく感じられます。そのため、インテリアとしてのインパクトが大きいのが特徴です。

部屋に大きなベッドがどんと置いてある様子は、ホテルを思わせる雰囲気があります。そのため、キングサイズマットレスを置くだけで『ホテルライクなインテリア』作りができるでしょう。

ワンランク上の高級感ある寝室で、その日の疲れをじっくり癒やせるはずです。

キングサイズマットレスの注意点

大きな家具を購入するときには、自宅に合うものかどうかよく考えることが大切です。キングサイズマットレスの購入で注意すべきポイントを紹介するので、自分にぴったりのマットレス選びの参考にしましょう。

部屋のサイズによっては圧迫感が大きい

4.5畳といった小さめの部屋を夫婦の寝室として検討している場合、キングサイズマットレスでは大きすぎるかもしれません。広々と眠りやすいですが『部屋のほとんどをマットレスが占めてしまう』からです。

部屋の片側にベッドを寄せて置くこともできますが、ドアを開けるとすぐにベッドといった状態になってしまいかねません。

最低でも6畳以上の寝室を確保できない場合には、キングサイズマットレスは現実的ではないでしょう。

家族の人数や利用スタイルの変化に対応しづらい

子どもの成長や、夫婦のライフスタイルに変化があったとき、キングサイズマットレスではうまく対応できない可能性があります。

例えば、今は子ども1人で快適でも、将来的に2人になると、キングサイズでは手狭に感じるでしょう。

すると、キングサイズマットレスで妻と子ども2人が眠り、自分だけ別室でシングルマットレスを使って眠る、ということも考える必要があるかもしれません。

また、仕事や学校の都合で、両親と子どもの生活リズムがずれることもあります。一緒のマットレスでは家族を起こしてしまい、熟睡できないかもしれません。

今後のライフスタイルがどのように変化しそうか、じっくり考えてから購入を決めるのがいいでしょう。

処分するときの手間やコストが大きい

搬入は購入店が手配したスタッフが行うことも多いですが『処分のときには自分で行うか業者に依頼』しなければいけません。

自分で処分するときには、寝室から外までの搬出を自力で行います。大きなマットレスを持って階段を降りたり、玄関から出したりするのは一苦労です。

ごみ収集所に運ぶにも、普通車には積めないため、軽トラをレンタルするなどしなければいけません。自治体によっては、処分自体にも費用がかかります。

自分で処分したとしても、業者に依頼するのと同じくらいのコストがかかることもありえます。購入店によっては、処分を依頼できる場合もあるため、購入時に確認しておくといいでしょう。

キングサイズマットレス選びのポイント

快適にマットレスで眠るためには、広さ以外にもチェックしておくべきポイントがあります。失敗を避けるためにも、ポイントを押さえたマットレス選びが大切です。

スプリングの有無と種類

スプリングの有無と種類について確認しましょう。マットレスの中には、そもそもスプリングがあるものとないものがあります。

スプリングにも種類があります。体を面で支える『ボンネルコイルスプリング』は、柔らかすぎないマットレスを選びたい人にぴったりです。

高密度に作られている『高密度スプリング』は、耐久性を重視する場合にも向いています。

スプリングが1つずつ袋に入っている『ポケットコイルスプリング』は、肩や腰の負担を軽減したい人に向いているでしょう。家族で同じマットレスに寝る場合にも、振動が伝わりにくく使い勝手がいいタイプです。

マットレスの硬さ

硬さも大切なポイントです。硬すぎても柔らかすぎても負担になるため『自分や家族の体に合った硬さ』を選びます。

家族で硬さの好みが違うときには、硬めを選びましょう。硬すぎる場合には、ベッドパッドで調節しましょう。

あまりにも好みが違うときには、2つに分割されているタイプや、シングル2台を並べて使う方法もあります。

好みだけではなく、腰の沈み込み具合もチェックすると、快眠につながりやすいかもしれません。腰のカーブ部分に2~3cm隙間があり、指を差し込めるくらいがベストといわれています。

隙間が広すぎるなら硬すぎ、隙間があいていないなら柔らかすぎです。

品質と耐用年数

ベッドのマットレスは、そう頻繁に買い替えるものではないでしょう。何年間も使用したいと考えているのであれば、マットレスの品質についても意識しましょう。使用されている素材によって、耐用年数に違いがあります。

例えばスプリングは、厳しい規格で管理されるピアノ線を使っているほうが、耐用年数が長いです。10年以上使いたいと考えているなら、ピアノ線を使用したマットレスを選びましょう。

一般的に使用される硬鋼線の耐用年数は、炭素の保有量が決め手です。60台は3~5年、70台前半は5~8年、70台後半は8年以上の耐用年数が見込めます。

ただし、表示法の改定により、ラベルからはこれらの情報を確認できません。素材の品質は、メーカーや販売店に問い合わせて確認するのがよいでしょう。

使い勝手のいいジョイント式もおすすめ

1枚タイプのキングサイズマットレスのほかに、シングルマットレス2枚をつなげてキングサイズにする『ジョイント式』もあります。

ジョイント式の1番の魅力は、必要に応じてたくさんつなげられることです。例えば、子どもが増えてもマットレスをつなげられるため、変わらず家族全員で眠ることが可能でしょう。

また、子どもが成長したら、ジョイントをはずしてシングルマットレスとして使うことも可能です。ライフスタイルの変化にも対応しやすいタイプといえます。

ジョイントでつなげても、マットレスは別々のため、振動が伝わりにくいのもメリットです。就寝時間が違うときや、夜中に目が覚めたときにも、一緒に眠る家族の睡眠の邪魔にならないでしょう。

おすすめのキングサイズマットレス4選

キングサイズマットレスについて、購入を検討する際に注意すべきポイントや、メリットについて見てきました。こちらで紹介する製品も、マットレス選びの参考にご覧ください。

日本ベッド シルキーポケット(ウール入) レギュラー

2280個ものポケットコイルを組み込んだ『シルキーポケット』という超高密度構造が特徴の、キングサイズマットレスです。シルクのようななめらかな感触で、体のラインに沿うように支えます

日本ベッド独自のポケットコイル加工技術により、一般的なポケットコイルスプリングより耐久性が高いのもポイントです。熱処理と防さび加工により、快適な寝心地を長期間キープしやすくなっています。

全日本ベッド工業会基準をクリアした衛生マットレスのため、常に気持ちよく使えるのも魅力です。

表面のキルティングに抗菌素材を採用しているため、1年を通して清潔を保ちやすいですし、通気性がいいため湿気がこもりにくい構造になっています。

  • 商品名:日本ベッド シルキーポケット(ウール入) レギュラー
  • 楽天:商品ページ

サータ トラストコンフォート5.8F

アメリカの一流ホテルでも採用されているマットレスは、ホテルのような上質な寝心地を日常に取り入れたいと考えている人にぴったりです。

ポケットコイルの種類と配列の仕方によって硬さが6種類あるため、体形や好みに合ったマットレスを選びやすいのもポイントといえます。

また、ポケットコイルの外側にあるウレタン層には凹凸の加工が施され、湿気がたまりにくい形状です。

加えて、特徴的な形状により体圧分散性が高まっている点も、寝心地のよさにつながっていると考えられます。

難燃性の素材を採用した燃えにくいマットレスであることも特徴です。アメリカにおける火災への安全性基準をクリアしており、もしものときに備えられる製品といえます。

  • 商品名:サータ トラストコンフォート5.8F
  • 楽天:商品ページ

フランスベッド LT-plus AS

フランスベッド LT-plus ASは、上側のトッパーと下側のベースの組み合わせが特徴的なマットレスです。

厚みがあるベース部分は、シングル2枚に分かれています。1枚のサイズが小さいため、大きなキングサイズより扱いやすいでしょう。

2枚に分かれているマットレスは継ぎ目が気になるという声もありますが、トッパーがキングサイズ1枚のため、フラットな寝心地です。

2つのマットレスに分けたいときには、シングルのトッパーを買い足すこともできます。ライフスタイルの変化に合わせやすい作りのマットレスでしょう。

また、トッパーはハード・ソフトの2種類の硬さから選べるため、体に合うものを購入し、快適に使いやすい製品です。

  • 商品名:フランスベッド LT-plus AS
  • 公式サイト:商品ページ

ベストバリュースタイル 国産 ポケットコイルマットレス

老舗国産家具メーカーで作製造されている、職人の手仕事が光るマットレスです。日本工業規格(JIS)のマットレス耐久試験も実施しているため、安心して使えます。

表面のキルト生地の寝心地は、ウレタンと綿のバランスが最適だから実現する、ふんわり感です。ポケットコイルが点で体を支えることにより、マットレスが柔らかく体に寄り添うように感じられるでしょう。

また、梱包がコンパクトで扱いやすいという点も、うれしいポイントです。真空圧縮ロール梱包で、体積が1/3以下になるため、搬入経路のエレベーターや廊下が狭くても運び込みやすくなっています。

元のサイズへの復元もスムーズです。ぎゅっと圧縮されていますが、開封後にはしっかり厚みが戻るでしょう。

  • 商品名:ベストバリュースタイル 国産 ポケットコイルマットレス
  • Amazon:商品ページ

まとめ

キングサイズマットレスは、家族3人でも余裕を持って寝られる広さがあります。そのため、子どもが小さいときには川の字で、成長したら夫婦のみで、というように使えるでしょう。

サイズが大きく快適ですが、その分、広い設置スペースが必要です。6畳の寝室であれば生活動線を確保できますが、家具を置くと狭く感じるかもしれません。インテリアをより楽しむには、8畳以上が理想です。

ジョイントで幅を大きくしたりシングルにしたりできるタイプもあるため、現時点だけでなく将来のライフスタイルも考えたうえで、ぴったりのマットレスを選びましょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ