MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

ベッドマットレスの硬さはどう選ぶべき?適切な硬さの見極め方とおすすめベッドを紹介

ベッドマットレスの硬さはどう選ぶべき?適切な硬さの見極め方とおすすめベッドを紹介

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

ベッドマットレスの硬さが適切でないと体に負担がかかりやすく、睡眠の質を低下させることに繋がることもあるといわれています。毎日ぐっすりと眠るためにも適切な硬さのベッドマットレスを選びましょう。見極め方を解説します。

目次

自分に合った最適な硬さは?選び方

ベッドマットレスの硬さについて意識したことはありますか?好みは人それぞれで「柔らかめが好み」という人がいれば「硬めのほうが寝やすい」という人もいるため、全ての人に最適な1つの硬さは存在しません。

自分に合うベッドマットレスの硬さを見極めるためにチェックしておきたいポイントを紹介します。

眠る時の姿勢で選ぶ

日々眠る時の姿勢によって、適切な硬さは変わってきます。自分がどんな姿勢で眠っているのか意識する機会は少ないものですが、何度も購入するものでない寝具を選ぶ際には確認しておきたい点です。

仰向きで寝る人は首や腰回りが沈みこみやすくなるため、首・腰を支えてくれる標準的な硬さのものがよいといわれ、横向きで寝ている人は柔らかめを選ぶと、肩や腰が適度に沈み自然に立っているときの姿勢に近づきやすいそうです。

うつ伏せで寝る人は腰が反りやすく首に負担がかかりやすい傾向があるため、体をしっかり支えてくれる硬めのべッドマットレスと相性がよいでしょう。

体形や体重にあった硬さ

同じ硬さのベッドマットレスを使用した場合でも、体格のよい男性と比較的小柄な女性では、体の沈み込み方は異なるため、体形や体重もマットレスの硬さを選ぶ目安となります。

体格のよい男性や普段から運動をしていて筋肉量が多い人は、体重による体の沈みを抑えてくれる硬めのベッドマットレスが向いているといわれています。

女性や子ども、お年寄りなど筋肉量が少ない人は、体をふんわりと受け止めるような柔らかめのベッドマットレスが好まれやすいようです。

平均体形の人や「どちらの硬さを選んだらよいかわからない」という人は、硬すぎず柔らかすぎない、標準の硬さのものを選ぶとよいでしょう。

寝返りのしやすさも重要

硬さを選ぶときに「寝返りがスムーズに打てるかどうか」もチェックしておきたいポイントです。一般的に、人は1晩で約20回寝返りを打つといわれています。寝返りは快適な睡眠と関連の深い動作といえるでしょう。

仮に寝返りを打たず同じ姿勢で寝続けると、体重がかかりやすい背中や腰を圧迫し、血流が悪くなってしまうこともあるようです。そして痛みや違和感が気になる・スッキリ起きられないなど、寝起きの悪さに繋がる可能性もあるといわれています。

余計な力をかけず自然に寝返りを打てる硬さのマットレスを選ぶことは、睡眠の質を向上することにも関係しています。

硬いベッドマットレスについて

ベッドマットレスの硬い・柔らかいものの違いを意識したことはありますか?実際に寝てみないとわからない点も多くありますが、まずは硬いベッドマットレスのメリットとデメリットについて解説します。

メリット

硬めのベッドマットレスは柔らかめのベッドマットレスと比べると体が沈み込みにくいため、安定感のある寝心地のものが多いといわれます。

寝転んだときに重みのある腰や背中をしっかり支えてくれることで、寝姿勢が整いやすく寝返りもスムーズに打ちやすいといわれています。

硬さがある故に耐久性が高いこともポイントです。耐久性がよいと長く愛用できることに加えて、柔らかいものに比べ変形しづらく購入時の寝心地を維持しやすいことも利点といえるでしょう。

よいベッドマットレスであってもへたったり変形してしまったりしては、マットレス本来の役割である『体を支える』ことができなくなってしまうのです。

デメリット

硬すぎるベッドマットレスを使用すると、背中や腰への圧力が集中することで血流が悪くなり痛みや違和感が生じることもあるといわれています。

加えて血流が悪くなることで寝返りの頻度が上がり、寝つきが悪くなったり何度も起きてしまったりと眠りを妨げてしまう可能性もあるそうです。

また、硬いベッドマットレスは安定感のある寝心地が特徴ですが、人によっては「硬すぎて寝づらい」と感じることもあるため、硬いベッドマットレスを試したことがない人や、硬いベッドマットレスが得意な人でも、購入前に『硬さが自分に合うか』チェックしておくと安心です。

柔らかいベッドマットレスについて

柔らかいベッドマットレスにもメリットだけでなくデメリットも存在します。硬いベッドマットレスと比べて、柔らかいベッドマットレスにはどのような特徴があるのでしょうか?

メリット

柔らかいベッドマットレスは寝転んだ時に反発力が低いものが多く、体をふんわりと包み込むようなフィット感が特徴です。硬いマットレスが「支えてくれる」ような寝心地とすれば、柔らかいベッドマットレスは「受け止めてくれる」ような寝心地といえるでしょう。

寝ているときの体圧や体への負担を和らげてくれることで、理想の寝姿勢を保ちやすく体への圧迫感も少ないといわれます。

また、硬いベッドマットレスと比べると保湿性が高いものが多い傾向にあります。寒さの厳しい冬場は冷えを軽減してくれるため、「寒くて寝つきが悪いことがある」という人にぴったりです。

デメリット

柔らかすぎるベッドマットレスは体が深く沈み込んでしまい、この沈み込みによってリラックスできる場合もあるものの、寝返りが打ちにくいといわれています。

また、腰や背中など比較的重さのある部位が沈みゆくことで、一定のポイントに負担がかかってしまい痛みや違和感に繋がるケースもあるようです。

保湿性が高い商品に関しては、寒がりの人にとってはメリットの1つですが、裏を返せば熱がこもりやすく暑さが厳しい夏や湿気が多い梅雨時は、「暑くて眠れない」と寝苦しさを感じることもあるといわれています。

さらに、素材や使い方によって異なりますが、柔らかい故に硬いベッドマットレスよりもへたりやすく寿命が短い傾向にあるそうです。

おすすめ硬めのベッドマットレス

硬めのベッドマットレスが好みの人におすすめのマットレスを3つ紹介します。

一言に硬いといっても寝心地はマットレスのデザインや素材によっても異なるものです。自分に合いそうな硬さを選ぶことに加えて、欲しい機能やライフスタイルに合うものを選びましょう。

フランスベッド「ライフトリートメント LT-300N」

耐久性が非常に高い『高密度連続スプリング』を使用しているベッドマットレスです。

らせん状の金属コイル(バネ)が高密度で連結していることで、『体圧分散(体にかかる圧力を分散する機能)』に優れており、体に負担がかかりにくいといわれています。

また、コイルの間に空洞があることで通気性にも優れているそうです。蒸れにくく快適な就寝環境を整えてくれるでしょう。

こちらのマットレスはフランスベッドの硬さの規格のなかでも、1番硬いとされるハードタイプです。体格のよい人やある程度体重がある人に向いているといわれています。

日本ベッド「シルキーポケット レギュラー」

金属コイルが1つ1つ袋(ポケット)に包まれた状態で高密度に敷き詰められている『ポケットコイル』タイプのベッドマットレスです。点で体を支え程よい硬さと柔らかさのある寝心地を実現しています。

独立したコイルがハニカム(蜂の巣)のように敷き詰めることで、睡眠中の体の動きにしなやかに対応してくれることも寝心地のよさに繋がっているそうです。

マットレスの再度にはベンチレーター(通気穴)、側地には抗菌・防臭効果が期待できるキルティング加工がされていることで、清潔な状態を保ちやすいといわれています。

  • 商品名:シルキーポケット レギュラー
  • Amazon:商品ページ

シモンズ「ゴールデンバリュー」

『シモンズ』は1870年創業の老舗マットレスメーカーで、ポケットコイルマットレスを初めて創出したことでも有名です。

こちらのベッドマットレスは、高さ約17cmのコイルが並ぶことで、硬さとクッション性を両立しているポケットコイルタイプです。

耐久性にも優れており「長く使えるものを探している・硬さも欲しいけれど程よい柔らかさも欲しい」という人に向いています。

おすすめ柔らかめのベッドマットレス

柔らかいベッドマットレスも硬いベッドマットレスと同様に素材やデザインによって、柔らかさが異なります。自分好みの柔らかさのマットレスを見つけて、毎日の眠りを心地よいものに変えてみませんか?

柔らかいベッドマットレスが好みの人におすすめの商品を3つ紹介します。

マニフレックス モデルローマ

独自の高反発素材『エリオセル』とソフトな『エリオセルMF(マインドフォーム)』の二重構造が特徴です。

体重がかかりやすい部分をしっかり支える硬さがありつつも、しっとりとしたソフトな感触が快適な眠りへと導いてくれるでしょう。

側地はレーヨン素材の一種である『ヴィスコース』を採用しており、光沢のあるデザインとしっとりとした肌触りを実現しているそうです。

  • 商品名:マニフレックス モデルローマ
  • Amazon:商品ページ

コアラマットレス

低反発素材と高反発素材をブレンドした独自ウレタン素材『クラウドセル』を使用することで、柔らかさとサポート力を兼ね備えているマットレスです。

低反発素材の弱点である通気性の悪さを解消しており、蒸れによる不快感が少ないといわれています。また硬いベッドマットレスの特徴である耐久性の高さもあることで、長く愛用できるマットレスといえるでしょう。

ユーカリの繊維から作られているカバーは、肌触りがよく水洗いもできるそうです。こまめに洗濯することで、マットレスの衛生をキープできるでしょう。

エムリリー ハイブリッドマットレス

優反発・高反発・波型ウレタン・ポケットコイルからなる4層構造のベッドマットレスです。

優反発は低反発の柔らかさ・高反発の高い反発力を持つ新素材で、寝返りや適切な寝姿勢をスムーズにサポートしてくれるといわれています。

波型ウレタンは通気性・ポケットコイルは体をしっかり支え・高反発はマットレスの横揺れを吸収するなど、それぞれの特性が合わさることでワンランク上の使い心地を体感できるでしょう。

国際的な安全規格『エコステックスタンダード100』の厳しい条件をクリアしています。ワンランク上の寝具を購入したいという人におすすめです。

  • 商品名:エムリリー ハイブリッドマットレス
  • Amazon:商品ページ

まとめ

ベッドマットレスの硬さは寝心地を決める大事なポイントです。自分に合わない硬さを選ぶと寝苦しさや体の痛み、不快感などに悩まされる可能性もあります。

快適な眠りを迎えるためにも自分の体と相性のよいベッドマットレスを選びましょう。選び方に悩んだときは実店舗でフィッティングすると、自分好みの硬さを見つける参考になるでしょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ