MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

セミダブルベッドの掛布団はシングル?ダブル?自分に合った選び方

セミダブルベッドの掛布団はシングル?ダブル?自分に合った選び方

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

「セミダブルベッドの掛布団を探しているけれど、セミダブルサイズの商品が少なくてなかなか見つからない…」そんなときに参考にしてほしい、『ピッタリサイズ』の選び方、またおすすめの商品や手入れの仕方、選び方のコツなども紹介します。

目次

セミダブルベッドの掛布団サイズ

シンプルに、「セミダブルベッドだから、セミダブルサイズの掛布団を選べばよいのでは?」と考える人もいるかもしれません。しかし、セミダブルサイズの掛布団は種類が少なく、探すのが困難なことが多いものです。

代わりに、一般的に多く出回っているサイズの掛布団を選ぶことで、素材やデザインの選択肢を広げられたり、掛布団カバーなど付属品もそろえやすくなったりします。

使う人の体格や使う人数によっても必要なサイズは変わるものです。1人で使う場合と2人で使う場合に分けて見てみましょう。

1人で使うなら種類の多いシングル

一般的に、小柄から普通ぐらいの体格の人には、シングルサイズがおすすめです。

幅約120cmのセミダブルサイズのベッドに対し、シングルサイズの掛布団は幅約150cmです。ただし、掛布団のサイズには厚みも含まれるので、ベッドに乗せたときにはベッドと掛布団はほぼ同じ幅になります。

サイズを決める基準は、『寝返りを打っても、掛布団がめくれあがって肩や背中が露出しないか』です。大柄な人だと、きちんと体をカバーできない可能性が高いでしょう。

その場合は、幅約190cmのダブルサイズがよいといえます。あるいは、気に入った素材・デザインが見つかれば、幅約170cmのセミダブルサイズもOKです。

2人で使うならダブルサイズ

そもそもセミダブルベッドは、大人2人で眠るにはかなり窮屈なサイズです。横並びで寝ることは可能でも、寝返りを打つことは難しいでしょう。

旅行や来客といった臨時の場合はともかく、長期的かつ日常的に2人で使う場合には、『大人と就学前ぐらいまでの子ども』といった組み合わせが多いようです。

その場合、シングルサイズ・セミダブルサイズの掛布団では小さすぎ、どちらかが布団からはみ出すことも多いでしょう。

寝ている間に、2人で無意識に布団を取り合ったり、子どもに布団を奪われて寒い思いをしたりすることにもなりかねません。よって、ダブルサイズの掛布団がおすすめといえます。

掛布団の素材による違い

ここでは、掛布団によく使われる素材の特徴をまとめました。それぞれに長所・短所があり、どれがよいかは使う人の目的や好み次第といえるでしょう。

また近年は、綿とポリエステルなどを組み合わせて各素材のデメリットを補うような商品や、速乾・防ダニ・抗菌などさまざまな機能を加えた商品もあります。特徴や機能性などを比較しながら、自分に合ったものを探しましょう。

コスパの高い木綿とポリエステル

天然素材で環境にも優しい木綿は、保温性・吸湿性が高く快眠につながりやすいといえます。打ち直すことで、長く使用できることもメリットです。

しかし重量が重たいうえ、放湿性が低く天日干しや布団乾燥機などで湿気を放出する必要があります。ホコリも立ちやすいため、敏感体質の人は注意しましょう。

ポリエステルは軽量で、持ち運びも楽です。家庭で洗濯できるものも多いことに加え、低価格であること、防ダニ・防カビ・消臭など加工がしやすいこともメリットといえます。

ただし、静電気が立ちやすいこと、木綿と同じく、天日干しや布団乾燥機などでこまめに放湿が必要であることも知っておきたいポイントです。

保温性の高い羽毛とウール

羽毛布団は、軽量で暖かいことが特長です。ふんわり包み込み圧迫感がないこと、汗を吸収し逃すメリットのほか、暑い季節には熱を放出し調整するともいわれ、年間を通じて快適な睡眠を得やすいとされます。

概して高価格ですが、新しい羽毛を補充してリフォームできるタイプもあり、長い目で見てコスパは高いといえそうです。使う鳥の部位や種類によっても価格は変わります。

ウールも、羽毛と同様に冬は暖かく、夏は汗を吸収して逃す機能に優れた素材です。羽毛よりも価格が安く、購入しやすいメリットもあります。しかし、手入れが難しく、陰干しや虫食い対策などが必要である点は留意しておく必要があるでしょう。

こだわりたい人にはシルク

光沢があり高級感がただようシルクは、なめらかな肌触りが魅力です。繊維は18種類のアミノ酸で構成され、人間の肌の成分に似ているため、素肌にそっと寄り添うような感触で心地よい眠りへのサポートを期待できます。

高い通気性・保湿性・保温性のほか、軽量であること、ホコリが生じにくいこともメリットです。その反面、紫外線・摩擦・水分に弱く、デリケートなケアを求められます。

掛布団を選ぶときのポイント

掛布団を選ぶ際には、使い心地や好み・予算のほかにも考えておきたい点がいくつかあります。その中から、三つのポイントをピックアップして紹介します。

季節に合わせた選び方

掛布団は三つの厚さに分類でき、季節・天候に合わせて選ぶことで快眠を助けます。

『肌掛布団』は一番薄いタイプです。夏はこれ1枚でもOK、涼しくなってきたら毛布などを組み合わせます。

『合掛布団』は、肌掛布団と本掛布団の中間です。夏以外の季節に気温や天候に合わせて、毛布などを足し引きしながら活用できるでしょう。冬には、一番厚手の『本掛布団』がおすすめです。かさがあるので、広い収納場所が必要です。

収納に困る場合は、肌掛布団と合掛布団がセットになった『デュエットタイプ』が便利でしょう。それぞれ単体で使うもよし、二つを組み合わせて本掛布団として使うもよしで、応用の幅が広いです。

手入れのしやすさ

掛布団は毎日使うものであり、普段の手入れのしやすさも大切なポイントです。

小さな子ども・ペット・介護などで頻繁に洗濯が必要になる家庭は特に、自宅で洗濯可能かどうか、天日干しが必要かなどを購入前に確認しておきましょう。

掛布団の洗濯表示を見たり、購入店で聞いたりするほか、クリーニング店などに相談するのも一つの手です。

ホコリの出にくさや防ダニ加工

ハウスダストアレルギーがある人、抵抗力の弱い小さな子どもなどは、掛布団のホコリやダニが原因となって目のかゆみ・くしゃみ・皮膚炎・喘息などを引き起こすリスクがあるようです。

そんな場合は、ポリエステルなどホコリが出にくい素材のもの、側生地の織目が細かいもの、縫製が丁寧で中綿が飛び出にくいものなどを選ぶとよいでしょう。

さらに防ダニ加工の商品だと、楽な手入れで清潔に使い続けられる可能性がより高そうです。

掛布団の手入れ方法と廃棄方法

掛布団を長く、かつ清潔に使い続けるためには、正しい手順で手入れをすることがカギといえます。また、掛布団はかさばるため、へたったり不要になったりした際の処分方法に困ることもあるかもしれません。

以下では、洗濯・乾燥の際のポイントと、どんな廃棄方法があるかについてまとめました。

洗う前に洗濯表示をチェック

素材や種類によって、洗濯機で洗えるもの、手洗いや足踏み洗いするもの、クリーニングに出したほうがよいものなどさまざまです。

間違った方法だと、中綿が偏ったり、生地が変色したり縮んだりする恐れがあります。洗う前に、洗濯表示を確認することが大切です。

さらに、『洗濯機使用可能』の表示があっても、洗濯機の機種によって仕様も異なるため、洗濯機の取扱説明書も読んでおくとさらに安心といえます。

干すときは直接日光を当てない

洗濯が終わったら乾燥です。水分を吸った布団は重いので、持ち運びには注意しましょう。

天日干しの場合は、直接日光が当たらないようカバーをかけたまま干します。天日干しNG・要陰干しの商品もあるので、洗濯表示に従いましょう。

乾燥時間を短縮したいときや、天気が悪く乾きにくいときなどには、コインランドリーを使用するのも手です。

生乾きは悪臭やカビの原因にもなりかねません。いずれの方法でも、しっかり中まで乾いているかの確認が大切です。途中で裏返し、両面ともにしっかり乾燥させることもポイントといえます。

捨てるときは自治体の捨て方を確認

廃棄する際には『粗大ゴミ』として扱うことが多いようですが、廃棄方法は自治体によって異なります。自分の地域の指示に従いましょう。

高品質なものやブランドものであれば、リサイクルショップ・フリマアプリなどで売ったり、知り合いや親戚などに無料で譲ったりできるかもしれません。

小さく切り刻んで、燃えるゴミとして出す方法もありますが、かなりの労力・時間が必要になることも念頭に置きましょう。

おすすめの掛布団

素材・用途・好みなどはもちろん個人で異なるものの、一般的にはどのような商品が人気なのでしょうか?ここでは、おすすめを三つ紹介します。商品例として参考にするのもよいでしょう。

タンスのゲン 羽毛布団

高品質、かつ安心の日本製ながら、羽毛布団の中ではリーズナブルな価格帯の商品です。7年間の保証もついているため、羽毛布団が初めての人も安心といえます。

ホワイトダックダウン90%、さらに保温性に富む立体キルト加工と国内パワーアップ加工により、ふかふかで暖かなぬくもりに包まれながら眠れる可能性が高いでしょう。

消臭・抗菌・防ダニ・防カビ加工などのほか、羽毛の抜け出し防止加工、湿気やホコリから布団を守る脱気圧縮梱包により、アレルギー持ちの人や羽毛特有のにおいが苦手な人なども使いやすい商品です。

西川 SEVENDAYS 肌掛け布団

春・秋には1枚で、冬には毛布や合掛布団などと一緒に使える肌掛布団です。ボディフィットキルト採用により、仰向き寝でも横向き寝でも隙間ができにくく、高い保温性を保てるとされます。

ポリエステル100%ながら、羽毛のような軽いふわふわ感を楽しめるでしょう。また化繊だからこそ、羽毛にありがちなアレルギーやにおいなどを心配する必要性が低いといえます。

衛生面にも配慮され、家庭の洗濯機で丸洗いが可能とされています。抗菌・防臭加工なども施され、清潔に使い続けやすくなっています。

  • 商品名:東京 西川 SEVENDAYS 肌掛け布団
  • Amazon:商品ページ

DAPU 夏布団

涼しげなデザインの肌掛布団です。敷布団としても使えるので、夜間の冷え防止からリビングでの昼寝用ケットまで、幅広く活用できるのではないでしょうか。

側生地はオーガニックコットン100%で、小さな子どもや敏感肌の人にも優しいうえ、吸湿性・通気性が高いので、蒸し暑い夜もサラッと快眠が期待できそうです。抗菌防臭加工は、汗のにおいや細菌の抑制に役立つともいわれます。

中綿は、軽量なポリエステル100%です。家庭の洗濯機が使用可能とされており、汗ばむ時期にも清潔さをキープしやすいでしょう。

商品名:DAPU 夏布団
Amazon:商品ページ

まとめ

セミダブルベッドには、種類が少ないセミダブルサイズよりも、より多くの選択肢があるシングルサイズかダブルサイズの掛布団がベターといえます。

使用する人の体格と人数が目安となりますが、大切なポイントとしては、『寝返りを打っても背中や肩が露出せず、きちんと体をカバーできるかどうか』です。

また、季節に合った厚さ・素材を選ぶことで、より快適な睡眠タイムへとつながるでしょう。洗濯など手入れの方法や、ほこり・ダニ防止などの機能についても、あらかじめ考慮して選びたいものです。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ