MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

掛布団はクリーニングに出せる?値段の相場やサービス内容を紹介

掛布団はクリーニングに出せる?値段の相場やサービス内容を紹介

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

毎日使う寝具は清潔にキープしたいものです。自宅でのお手入れに物足りなさを感じ、業者でのクリーニングを検討中の方もいるのではないでしょうか。今回は、掛布団のクリーニング頻度や相場、お店を選ぶ基準など、事前に知りたい情報を紹介します。

目次

掛布団はクリーニングに出せるの?

まずは、手元にある掛布団の状態を確認しましょう。クリーニングに出せるかどうかは、素材や状態によって変わるからです。具体的には、タグの洗濯表示や素材、掛布団の汚れやほつれなどを確認する必要があります。

ほとんどの掛布団がクリーニング可能

結論から言うと、ほとんどの掛布団がクリーニング可能です。羽毛や羊毛といった動物性素材や、ポリエステルやナイロンといった化学繊維も、基本的にはクリーニングできるでしょう。『羊毛50%、アクリル50%』など、洗える素材同士を混合した掛布団もクリーニングに出せます。

同じ素材を使った掛布団でも、商品によって取り扱い方法や品質に違いがあります。クリーニング店に持って行く前に、洗濯表示をチェックしましょう。洗濯表示に洗濯可能と書かれていれば、ほとんどの場合クリーニングに出せます。

素材や状態によってはNGな場合も

ほとんどの掛布団はクリーニングに出せますが、素材や状態によってはNGな場合もあります。クリーニングに出せるかどうかの判断基準は、クリーニング店によってさまざまです。クリーニングNGの例には、下記があげられます。

  • 糸を使ったキルティング加工が施されてないもの
  • 大きな穴や嘔吐物といった、ひどい損傷や汚れがあるもの
  • ムートンやシルクなどのデリケートな素材

クリーニング可能でも、掛布団の状態次第ではクリーニング後の性能維持を保証できない場合もあります。たとえば、掛布団のかさが減ったり、穴が広がったりするケースが考えられます。

クリーニング店次第では、クイーンサイズやキングサイズなどの大きな寝具は扱えないかもしれません。クリーニング店に掛布団を持って行く前に、ウェブサイトで基準を確認しましょう。

掛布団のクリーニングで気になること

掛布団は頻繁にクリーニングに出すものではありません。クリーニングに掛布団を出すと決めても、わからないことも多いのではないでしょうか。掛布団のクリーニングで気になる下記のことについて、順番に紹介します。

  • クリーニングに出すメリット
  • 掛布団の仕上がり期間
  • 値段の相場
  • クリーニングに出す頻度
  • おすすめのクリーニング時期

クリーニングに出すメリット

掛布団をクリーニングに出すメリットとして大きいのは、家庭で除去できない汚れやダニを除去できることです。長年洗わずに掛布団にこびりついた皮脂汚れや汗も、クリーニングに出せばしっかり落とせるでしょう。ダニやカビの原因となる汚れを落とせば、アトピー性皮膚炎やアレルギーなどの予防につながります。

洗濯のプロにクリーニングを依頼することで、掛布団の素材や状態ごとに適切な方法でクリーニングしてもらえます。表面だけでなく内部も洗浄してもらえるので、掛布団を清潔にキープしやすくなるのもメリットです。

掛布団の仕上がり期間

掛布団の仕上がり期間も、クリーニング依頼前に確認しましょう。掛布団のクリーニングが完了するまでは、短くても約10日間かかる場合が一般的です。宅配サービスを利用して掛布団をクリーニングしてもらう場合は、集荷キットの配達期間と梱包した掛布団の輸送期間を含めて、多めに見積もるとよいでしょう。

約10日間で掛布団が仕上がるのは、繁忙期以外の目安です。繁忙期なら、クリーニング完了まで4~6週間かかる場合もあります。特に6~10月は時間がかかりやすくなっています。

  • 4~5月:使った冬用布団のメンテナンス
  • 6~10月:湿気増によるダニ・カビ繁殖の予防目的
  • 10~11月:これから使う冬用布団のメンテナンス

値段の相場もチェック

掛布団をクリーニングする値段の相場も、チェックしましょう。クリーニング費用の相場は、『掛布団2枚で1万円+税』です。掛布団を持ち込み可能なクリーニング店では、送料がかからない代わりに集積サービスを利用するより安い場合もあります。

クリーニング店次第では、追加料金でオプションのサービスを受けられます。防菌・防ダニ加工や、保管サービスの利用などが代表例です。集荷キットに入れば詰め放題でお得になる場合もありますが、セミダブル以上のサイズでは追加料金が発生する場合もあります。事前にウェブサイトなどで確認しましょう。

どれくらいの頻度で出すべき?

掛布団のクリーニング頻度は、素材や使用状況によって異なります。ひどい汚れなどなく、使用状態がよい場合は1年に1度を目安にクリーニングに出しておけば、清潔な状態を維持しやすいです。

「少し汚れが気になる」「デリケートな素材だからきちんとケアしたい」という人は、6カ月に1回またはワンシーズンに1回を目安に出してもよいでしょう。

クリーニングに出すのは手間やコストがかかるので、頻繁に出せないという人は、最低でも2~3年に1回は出しておきましょう。

出すのにおすすめの時期は?

掛布団をクリーニングに出すのにおすすめの時期は、夏用布団と冬用布団を入れ替える時期です。布団を入れ替えるタイミングには、『布団を出すタイミング』と『布団をしまうタイミング』があります。どちらでも構いませんが、おすすめは布団をしまうタイミングでのクリーニングです。

使った布団をクリーニングせずにしまうと、湿気のこもりやすい押し入れや収納でダニやカビが繁殖しやすくなります。次にその布団を出すまで放置された皮脂や汗がこびりつく恐れがあります。使用後の汚れを早く落とすためにも、布団をしまうタイミングでクリーニングに出すのがいいでしょう。

掛布団を出すクリーニング店を選ぶポイント

掛布団をクリーニングできるお店は数多くあります。衣類などさまざまな対象商品の一環として布団も扱うクリーニング店があれば、寝具のクリーニング専門店もあります。さまざまな特徴から、特に掛布団を出すクリーニング店を選ぶときに注意したいポイントを三つ紹介しましょう。

保管ができると便利

寝具の保管サービスを実施しているクリーニング店があります。自宅で掛布団をしまおうと折り畳めばかさばり、収納場所に困った経験のある方もいるでしょう。家での収納が難しそうなら、クリーニング店で保管できると便利です。

家の収納場所がいらないだけが、保管のメリットではありません。寝具にとって適切に温度や湿度を管理した倉庫で、掛布団は保管されます。ダニやカビの繁殖防止につながるでしょう。最長で9カ月保管してもらえるので、使う時期以外は預けっぱなしにできます。

宅配サービスがあるかも確認

依頼予定のクリーニング店に、宅配サービスがあるか確認しましょう。軽量でも掛布団はかさばるので、自分でクリーニング店に持ち込むと手間がかかります。店舗が近くになかったり自家用車がなかったりすると、クリーニング店への往復だけで重労働です。

宅配サービスを利用すれば、自宅から重い掛布団を運ばずにクリーニングに出せます。クリーニング後も店舗に掛布団を取りに行かなくていいので、時間を有効活用可能です。宅配サービスを利用してクリーニングに出す場合の、具体的な手順の例を紹介しましょう。

  • クリーニング店のウェブサイトから申し込む
  • 集荷キットを受け取り、クリーニングに出す掛布団を詰める
  • 宅配業者に集荷依頼をし、指定日に集荷してもらう
  • クリーニングが終わった掛布団を受け取る

洗い方、乾燥の仕方もチェックして

掛布団の洗浄や乾燥方法は、クリーニング店によって異なります。洗い方や乾燥の仕方も事前にチェックしましょう。

洗い方でチェックしたいのは、『水洗いできるかどうか』です。掛布団の洗い方には、『水洗い』と『ドライクリーニング』があります。掛布団の汚れは、ほとんどが水溶性です。クリーニングに出すときは、水洗いできるかを確認しましょう。

  • 水洗い:水や洗剤を使う洗浄方法。水溶性の汚れやダニなどに有効
  • ドライクリーニング:有機溶剤を使う洗浄方法。油溶性の汚れや水に弱い素材に有効

クリーニング店に依頼すれば、素材を傷めずに内側までしっかり乾燥させてくれます。掛布団に合わせて乾燥方法や乾燥時間を調節してくれるかどうかも、洗い方とあわせて確かめましょう。

掛布団を出せるおすすめのクリーニング店

ここからは、掛布団を出せるおすすめのクリーニング店を、3店紹介しましょう。この3店は、いずれも宅配サービスを利用できます。

優しい洗剤で洗浄「ポニークリーニング」

『ポニークリーニング』は、布団専門のクリーニング店です。ポニークリーニングの特徴は、布団はもちろん布団の利用者にも優しいクリーニングです。掛布団の素材や状態を熟練の職人が一点ずつ検品し、最適な方法でクリーニングします。2回乾燥させるので、ふっくらした仕上がりを期待できるでしょう。

ポニークリーニングのコースには、『スタンダードコース』と『防菌・防ダニ加工コース』があります。防菌・防ダニ加工コースは、スタンダードコースに防菌や防ダニ、防カビ加工などが追加されたコースです。天然成分によるスペシャル加工を施すので、赤ちゃん用寝具のクリーニングやアレルギー持ちの方におすすめです。

公式サイト:ポニークリーニング

ダニや雑菌を一掃「白洋舎」

『白洋舎』は、明治時代創業の老舗クリーニング店です。布団以外のクリーニングも可能で、衣類など他の商品とまとめてクリーニングに出せます。

白洋舎の宅配サービス『ふとんらくらく宅配便』は、全国で利用可能です。クリーニングによる劣化を防ぐ前処理をして、布団の素材ごとに常温で水洗いします。内部の汚れを落としつつ、専用の機械で布団をふんわり仕上げてくれるでしょう。

宅配サービスだけでなく、『集配サービス』を利用できるのも白洋舎の特徴です。自宅まで白洋舍の担当者が掛布団を受け取りに来てくれたり、クリーニング済みの掛布団を届けてくれたりします。クリーニング方法やオプションなどの相談も担当者にするのも可能です。

公式サイト:白洋舎

宅配で丸洗い「ホワイト急便」

『ホワイト急便』は、全国に約8000店舗を構えるクリーニング店です。ウェブサイトからは、24時間365日注文できます。

ホワイト急便を利用するメリットは、そのクリーニング品質です。1枚ずつ掛布団の状態をチェックし、適切な処理を施してから専用の洗濯機で水洗いします。素材に合わせて選ぶ洗剤は、パッチテストに合格した高級品だけです。アレルギーで悩んでいる方でも、安心して利用できるでしょう。

水洗い後は、専用の大型乾燥機で掛布団の内側までしっかり加熱殺菌します。素材ごとに温度を調節したタンブラー型乾燥機で湿気を取り除けば、掛布団がふかふかになるでしょう。

公式サイト:ホワイト急便

掛布団の保管ができるクリーニング店

続いて紹介するのは、掛布団の保管ができるクリーニング店です。衣類クリーニングとのセットプランや最長12カ月の保管など、それぞれに強みがあります。

老舗クリーニング店「リビナス」

最長12カ月の保管に対応しているのが『リビナス』です。有料オプションで保管サービスを実施するクリーニング店もありますが、リビナスでは無料で保管サービスを利用できます。

リビナスでは、掛布団と敷布団あわせて4枚まで同時にクリーニング可能です。別々に使う家族の布団も一度でクリーニングに出せるので、子どものいる家族にもおすすめです。掛布団と敷布団の枚数別の料金表がウェブサイトで見られるので、注文前に確認しましょう。

公式サイト:リビナス

ウェブで簡単に集荷可能「カジタク」

家事代行など、クリーニング以外も扱う家事の宅配サービスが『カジタク』です。カジタクはイオングループのサービスなので、大手グループの安心感もあります。カジタクでの保管期間は最長9カ月です。

クリーニングへのカジタクのこだわりは強く、家庭で落とせない汚れをしっかり落とします。水洗いで使用するのは、殺菌効果のあるオゾン水です。水洗い後はそれぞれの掛布団に適した方法で乾燥させます。

掛布団をふんわり仕上げるだけでなく、乾燥ではアレルギーの原因となるアレルゲンやダニを、100%に近い高確率で除去します。クリーニング後の返却から14日以内なら、無料で再仕上げ可能なので、満足いく仕上がりを期待できるでしょう。

公式サイト:カジタク

安心の定額料金「家事の達人」

『家事の達人』は、ハウスクリーニング大手・おそうじ本舗の宅配クリーニングです。クリーニング店によっては有料オプションの最長9カ月の保管が、家事の達人なら追加料金なしで利用できます。

洗浄に使用するのは、環境や肌にやさしい洗剤です。しっかり丸洗いし、掛布団の内部まで汚れを徹底的に落とします。その後は乾燥機でしっかり乾かし、温度と湿度が適切に管理された倉庫で保管します。長期間保管しても、クリーニングしたてのような布団をキープできるでしょう。

家事の達人では、衣類と布団を同時にクリーニングに出せるプランがあります。まとめてクリーニングに出したい方に、家事の達人はおすすめです。

公式サイト:家事の達人

クリーニング後の掛布団の保存方法

せっかくクリーニングに出して掛布団がきれいになっても、誤った方法で保存するとカビが生えたり、掛布団の素材の特徴が損なわれたりする可能性があります。正しい方法で保存し、次の使用時まで掛布団の状態をキープしましょう。

不織布袋に入れるのがおすすめ

クリーニングから戻ってきた掛布団は、不織布の布団収納ケースに入れるのがおすすめです。ケースに入れればフタをできるので、せっかくクリーニングした掛布団にホコリがかぶる心配はありません。

不織布の布団収納ケースを使うメリットは、高い通気性です。押し入れや収納の奥など、空気のこもりやすい場所にしまっても、掛布団に湿気がこもるのを防いでくれるでしょう。不織布は保温性にもすぐれ、羽毛布団の保管に向いています。

不織布の布団収納ケースにしまっても湿気やダニなどが気になる場合は、防虫剤や乾燥材を入れておくといいでしょう。

通気性のよい場所にしまう

不織布の布団収納ケースにしまうだけでなく、収納場所に通気性のよい場所を選ぶのも重要です。掛布団の周りは物を詰め込みすぎないなど、空気の流れる道を意識するとよいでしょう。収納スペースに余裕があれば下にすのこを敷き、掛布団周りの通気性をよくするのがおすすめです。

時間や労力に余裕があれば、定期的に収納場所から出して干しましょう。天日干しをする場合、カバーやシーツをつけなかったり、長時間干したりするのはNGです。直射日光は布団が傷む原因になります。布団乾燥機などのある部屋での室内干しや、陰干しでもいいでしょう。デリケートな素材は注意が必要なので、洗濯表示で乾燥の記号を確認してください。

コインランドリーで掛布団を洗う方法

クリーニングだけでなく、コインランドリーでも掛布団を洗濯可能です。コインランドリーの場合、クリーニングに比べて次のメリットがあります。

  • 短時間で洗える:予備の掛布団を持ってなくても当日中に洗い終わる
  • 料金が安い:約2000円で洗濯・乾燥できる。必要に応じて洗剤などを持参しましょう

コインランドリーで掛布団を洗うなら、適当に洗って掛布団の状態を悪くするのは避けたいところです。そこで、コインランドリーで掛布団を洗うときに知りたいコツやポイントを紹介しましょう。

掛布団をひもで縛ってロール状に

コインランドリーで洗濯するポイントは、掛布団をヒモで縛ってロール状にすることです。くるくると端から掛布団を丸めたら、2~3カ所結びましょう。チャーシューやハムの縛り方をイメージするとわかりやすいです。掛布団を縛れば、内側の素材のずれや型崩れを防げます。

掛布団を入れたときに大きさに余裕のある洗濯機を選びましょう。ギリギリの大きさの洗濯機だと、脱水や乾燥に時間がかかります。コインランドリーに布団専用の洗濯機があれば、布団専用の洗濯機を選びましょう。掛布団はデリケートな素材が多いので、洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤がおすすめです。

よく乾燥させるコツ

コインランドリーで洗濯した掛布団をよく乾燥させるコツは、下記の通りです。

  • 洗濯時に縛ったヒモをほどく
  • 大きな乾燥機を使う(掛布団がドラムの1/3を占めるくらい)
  • 乾燥時間は1時間以上

ヒモをほどき忘れると、乾燥後にヒモで縛られた部分だけ生乾きになってしまいます。大きな乾燥機を使うのは、水分を含んでかさの減った掛布団が乾くと膨らむからです。小さな乾燥機だと、ドラムの中でうまく掛布団が回転しません。そうすると乾く面に偏りが生まれて、乾燥に時間がかかります。

素材や状態によるものの、しっかり掛布団を乾かすには約1時間必要です。表面が温かくても内側が生乾きだと、カビや臭いの発生につながります。カビや臭いが発生すると、せっかく洗濯しても台無しです。内側まで乾かすためにも、乾燥時間は長めに設定しましょう。

まとめ

目に見えなくても、思いのほか掛布団は汚れています。毎日使う布団を清潔にキープするためにも、定期的にクリーニングに出すといいでしょう。宅配サービスを利用できたり、約9カ月布団を保管してくれたりと、便利なサービスのあるクリーニング店は多く存在します。

掛布団をクリーニングに出し、清潔でふかふかな掛布団で次のシーズンを過ごしてみてはいかがでしょうか。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ