MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

ダブルの布団を選ぶポイント。自分に合ったサイズや素材を見つける

ダブルの布団を選ぶポイント。自分に合ったサイズや素材を見つける

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

生活に欠かせない布団には、さまざまなサイズや素材があります。頻繁に買い替えるようなアイテムではないため、選び方が分からないという人もいるでしょう。ダブルの布団を選ぶときのポイントや、おすすめの布団セットを紹介します。

目次

自分に合う布団のサイズをチェック

布団は毎日使用するものですが、サイズの違いについてそれほど詳しくない人もいるでしょう。布団のサイズを理解しておくと、自分に合ったサイズを選びやすくなります。

シングル・セミダブル・ダブルのサイズの違いについて理解を深めましょう。

セミダブルとダブルの違い

シングルの布団から大きめのサイズに替えたいときに迷いやすいのが、セミダブルとダブルのどちらを選ぶかです。

セミダブルはダブルに比べて幅が小さいことが特徴で、メーカーによっても微妙にサイズが違う場合がありますが、ダブルよりも『約15~20cm程度』幅が大きく作られています。

標準体形の人や女性が使用する分にはよいですが、体格がよい男性の場合はセミダブルでは広さが物足りないと感じることがあるかもしれません。

シングルだと狭さを感じるけれど、ダブルを置くスペースが確保できない場合にセミダブルを利用するとよいでしょう。

ダブルの布団サイズ

ダブルはシングルの単純に2倍の大きさではないかと思ってしまうものですが、『ダブルの敷布団の幅は140cm程度、掛け布団の幅は190cm程度』です。

シングルの敷布団の幅は90~100cm程度、掛け布団の幅は150cm程度なので、シングルを二つ並べたサイズの方がダブルよりも大きくなります。

ダブルはシングルに比べて40~50cm程度のゆとりが生まれるため、1人で寝る場合はゆったりできるでしょう。シングルとは違い、2人で寝ることもできる大きさとなっているところがポイントです。

ダブルの布団がおすすめの人

シングルは1人暮らしの人や部屋が狭い場合などに適していますが、ダブルの布団はどんな場合に向いているのでしょうか。

ダブルの布団の特徴が分かっていないと、思わぬ失敗をしてしまうかもしれません。ダブルの布団がおすすめな人を紹介します。

体格が大きい人や2人で寝る人

体格が大きい人はダブルの布団がおすすめです。個人差はありますが、体格に優れた男性はシングルやセミダブルでは広々と使うには物足りないと感じられるでしょう。

標準的な体形の人が2人で使う場合も、ダブルの布団がおすすめです。1人あたり『約70cm程度』の幅を確保できるので、小柄な人が2人で使う分には十分でしょう。

基本的には1人で使い、不定期に2人以上で使う可能性があるという場合にも、ダブルを選んでおくと広さに余裕がありよいでしょう。

セミダブルでも2人で寝られないわけではありませんが、寝返りを打ちづらいので疲れがとれないと感じる可能性があります。

家族やペットと寝る人

1人で寝るのではなく、家族やペットと一緒に眠りたい場合はダブルの布団がおすすめです。

体格がよい大人2人だとダブルでもやや狭く感じることがありますが、『標準的な体形の人』や『子どもやペット』と一緒に寝る分にはよいでしょう。

「子どもにはいずれ1人で寝てもらうつもりだけれど、子どもが小さいうちは一緒に寝たい」という場合にも便利です。

複数のペットがいる場合も、ダブルの布団を選ぶことをおすすめします。ペットの大きさにもよりますが、シングルやセミダブルではスペースが狭く、眠りにくいと感じる可能性があります。

寝室にスペースがある人

「大は小を兼ねる」という言葉もあるように、寝室の広さに余裕がありサイズに悩む場合は、大きなダブルの布団を置いておくと安心です。一般的に『4畳以上のスペース』があれば、ダブルの布団を敷けるといわれます。

1人でダブルの布団を敷いて寝る場合、シングルやセミダブルでは味わえない、ゆったりとした寝心地を楽しめるでしょう。寝返りを打っても布団からはみ出る心配がないため、快眠しやすくなります。

また、2人以上で寝たいけれど寝室にシングルを2枚敷くゆとりがないという場合も、ダブルがおすすめです。

布団の素材選び

一口に布団といってもさまざまな素材で作られています。どんな素材でも構わないと考えていると、思ったような寝心地を得られないことがあるので注意しましょう。

使われている素材から布団を選ぶ方法を紹介します。

コスパの高いポリエステル

ポリエステルは『化学繊維』の一種で、洋服やインテリアなどのさまざまなアイテムに使われている繊維です。量販店で安価な価格帯で販売されている布団の多くに、ポリエステル素材が採用されています。

天然素材のような吸湿性はなく、静電気が起きやすいなどのデメリットはあるものの、安価でクッション性が高いところなどが魅力です。

洗えるタイプや防ダニ・防カビ加工がされているタイプもあり、清潔さを保ちやすい工夫がされている場合が少なくありません。価格を抑えながらも、よい布団をそろえたい人におすすめです。

天然素材は配合率をチェック

布団に使われている天然素材は、『綿・羽毛・ウール』などがあげられます。ポリエステルに比べると高価ですが、天然素材ならではの吸湿性や保温性を楽しめることがメリットです。

天然素材の使用を謳っている布団でも、それぞれ配合率が異なることがあり、100%天然素材から作られている布団はそれほど多くありません。

ポリエステルとの混合になっている場合もよくあるので、購入前に配合率を確認しましょう。また、アレルギーなどがある人は天然素材の寝具が向いていない場合もあります。

布団を選ぶときのポイント

サイズや素材以外にも、布団を選ぶときに重視すべきポイントがあります。実際に使用しているときのことを思い浮かべると、布団を選ぶポイントが見えてくるでしょう。

購入した後に後悔しないように、布団を選ぶときの基本になるポイントを紹介します。

手入れが簡単なもの

布団は毎日使用するものだけに、『汗・皮脂・ホコリなどの汚れ』を溜め込みやすいです。手入れをせずに放っておくと、ダニやカビが発生する原因になるでしょう。こまめに手入れをした方が、快適に眠りやすくなります。

手入れが難しい布団だと、清潔感を維持しづらいです。丸洗いできるタイプの布団を選ぶと、干しただけでは落とせない汚れに悩まされずに済みます。

手洗いできるタイプや洗濯機で洗えるタイプの布団を選ぶと、いつでも清潔な布団で寝られるでしょう。

コンパクトに収納できるもの

布団はかさばるため、収納場所に悩まされることが少なくありません。シングルよりもダブルの方が収納場所をとるため、押し入れやクローゼットのスペースが余分に必要です。

できるだけコンパクトに折りたためるタイプを選んだ方が使い勝手がよいといえます。

敷布団やマットレスは『畳むと小さくなるタイプ』を選ぶことが基本です。薄手でもクッション性に優れている物を選ぶと、寝心地がよいでしょう。

普段は使用しない来客用の布団は特に収納場所を圧迫しやすいので、コンパクトに収納できるタイプを選ぶことをおすすめします。

布団セットは内容をチェック

布団セットはさまざまなメーカーから販売されています。単品で購入するよりもリーズナブルなことが多く、『できるだけ安価に種類をそろえたい人』におすすめです。

同じ布団セットという名称で販売されていても、掛け布団と敷布団だけのものもあれば、枕やカバーなどが含まれているものもあります。

商品によってさまざまなので、セットの内容を確認して必要な物をそろえるようにしましょう。

おすすめのダブル布団セット

手頃な価格でダブルの布団を購入したい人は、布団セットの利用がおすすめです。シングルからダブルに買い替える場合、掛け布団だけでなく敷布団もダブルでそろえる必要があります。

セット商品を購入すると必要な寝具が一度に届くので、届いたその日から快適に眠れるでしょう。ダブルの布団を探している人におすすめなセットを紹介します。

アイリスプラザ 布団セット4点セット

こちらの布団セットは、『枕・掛け布団・敷布団・収納ケース』の4点がセットになっています。

側生地や詰め物にポリエステルを100%使用し、表面にピーチスキン加工が施されていて、肌あたりが柔らかいことが特徴です。

収納ケース以外は手洗いが可能となっているため、衛生的に使用できます。通気性がよい不織布で作られた収納ケースに入れておくと保管がしやすく、客用の布団としてもおすすめです。

商品名:アイリスプラザ 布団セット ダブル 4点セット ネイビー
Amazon:商品リンク

ナイスデイ ダウン&フェザー 9点フルセット

こちらは『掛け布団・掛け布団カバー・敷布団・敷布団カバー・枕2個・枕カバー2枚・収納袋』の9点がセットになったアイテムです。ダブルの布団に2人で寝たいときに使えるアイテムがそろっています。

掛け布団の詰め物にホワイトダックダウンを10%、スモールフェザーを90%使用し、暖かさと軽さが同居する寝心地を楽しめるところが魅力です。

水鳥の羽毛は保温性や通気性に優れているため、夏は涼しく冬は暖かく寝られる布団を求めている人に適しているといわれています。

キルティング加工がされ、羽毛が偏らない工夫がされているので寒がりな人でも朝までぐっすり眠りやすいでしょう。

商品名:ottostyle.jp ダウン&フェザー布団ダブル9点セット
Amazon:商品リンク

カラーズ すぐに使える布団9点セット

こちらは『掛け布団・掛け布団カバー・敷布団・敷布団カバー・枕2個・枕カバー2枚・収納ケース』の9点がセットになっています。

掛け布団の詰め物には中空ポリエステル綿を使用し、ストロー状の繊維が空気を含むため保温性が高いことが特徴です。

敷布団は中心に固綿を使用した三層構造になっていて、体をしっかり支えてくれます。枕は洗濯機で丸洗いが可能です。

掛け布団・敷布団・枕には、抗菌・防カビ・防臭加工がされているため、においや雑菌を軽減してくれます。

カバーのカラーバリエーションが豊富で、20種類の中から選べるところも魅力です。

商品名:カラーズ すぐに使える 布団9点セット
Amazon:商品リンク

まとめ 

ダブルはシングルよりも約40~50cm幅が大きく作られているので、『ゆったりと寝たい人や、家族やペットと一緒に寝たい人』などにおすすめです。

布団の素材にはさまざまなものがあり、より安価な布団を求めている人にはポリエステル製が向いていますが、寝心地や暖かさを重視する場合、天然素材を選んでもよいでしょう。

布団には洗えるものとそうでないものがあります。清潔感を重視するのであれば、手入れが簡単なウォッシャブルタイプを選びましょう。

リーズナブルに布団を入手したいなら、布団セットを利用することをおすすめします。セットによって内容が違うので、内容をよく確認してから購入しましょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ