MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

高品質で安い布団はどこで買える?値下がり時期やおすすめ商品も紹介

高品質で安い布団はどこで買える?値下がり時期やおすすめ商品も紹介

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

布団は、爽快な目覚めや心身の健康にも関連する、重要なアイテムといえます。よい物を慎重に選びつつ、できるだけ価格も抑えて購入したいものです。そこで、安い布団の購入方法や、値下がり時期などについて見てみましょう。

目次

布団は自分に合ったお店で賢く購入

専門店以外にも多彩な選択肢がある現在、どこで布団を買うか迷ってしまうことは多いでしょう。

購入方法によってメリットは異なります。ご自身に合っている方法がどれか、比較してみてください。

価格重視ならネット通販

安さを優先的に考えるならば、ネット通販をおすすめします。大手の通販サイトから家具メーカーなどのオンラインショップまで、同じ商品でよい安く販売されているところを探すこともできます。

ネット通販の場合、販売者はお店を構える家賃や、接客をする従業員の人件費など、コストを大幅にカットできます。その分、安い商品価格を打ち出すことが可能となります。

また、持ち帰りの手間が省けるため、特に一人暮らしや車を持っていない人にとっては利便性の高い方法です。

ただし、購入時に実物に触れることができないため、品質に問題がないかの確認は慎重にする必要があります。

実物を見られるホームセンターや量販店

価格も大切だが、毎日使用するものだからこそ、肌触りや質感を直接確かめたいと思う人もいます。そのような人には、ホームセンターや量販店での購入が適しています。

寝具を扱っているこれらのお店に行くと、多様な種類の布団が陳列されています。専門店ほど高価・高機能ではありませんが、商品数が多く、サイズや素材の特徴が異なる布団を比較検討できるのが魅力です。

商品の一部は触れることができたり、店頭で寝心地を試したりすることが可能です。自家用車での買い出しが前提になりますが、「思っていたのと違った」と後悔しないことを考えれば、必要な手間だといえるでしょう。

詳しい店員に相談しながら選べる寝具専門店

睡眠の悩みを解消したい、今までの寝具が合わないのでじっくり選びたいといった場合は、品質・商品知識を重視する専門店がよいでしょう。

専門店であれば、劣化の防止につながる扱い方を教えてくれたり、十分なアフターフォローを備えていたりすることも。せっかくだから買い替えは奮発しよう、というときの選択肢立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

安い時期を知って賢く布団を手に入れる

洋服などを買うときに、バーゲンセールを利用する人は多いでしょう。しかし、布団にも、価格が低くなるシーズンがあることは、あまり知られていないようです。

ネット通販ではなく実店舗でも、タイミングによっては安く買うことができます。実際に触れたり見たりしながら、お得に買い物をしましょう。

年末年始やお盆明けなどのセール時期

年末年始は、布団がお買い得な時期です。年末年始はクリスマス商戦や初売りなど買い物を楽しむ人も多く、さまざまな店舗でにバーゲンセールが展開される時期です。布団も例外ではありませんので、余裕があれば福袋などで大幅にお買い得なものがないか、しっかりリサーチしてみましょう。

お盆明けも、低価格で布団が購入できるチャンスがある時期です。真夏のピークも過ぎ、秋に向かうこの季節は、衣類などと同様に、布団のセールも実施されるのです。

夏は、布団が汗や汚れを吸収し、布団の劣化が進みやすい時期でもあります。傷んだり古くなったりした布団を買い替えるには、ちょうどよい機会といえるでしょう。

羽毛布団は需要期の終わる2月から3月も

軽くて保温性も抜群の羽毛布団は、人気の高いアイテムです。比較的高価な商品も多いため、極力安く手に入れたいと願う人もいるでしょう。

羽毛布団を安く買うなら、需要期を過ぎた2~3月に購入するのも一つの手です。そのシーズンに使用できる日数は少なくなりますが、来期に向けて、お得な買い物ができます。

需要が高いシーズン中は、やはり価格の低下は期待できません。布団は何年も使うものですので、来年以降の使用を見越して、価格が下がるシーズン終盤に購入しても、しっかり使用することができます。

お手入れ次第で安い布団でも長く使える

ここまで、布団を安く購入する方法などについて述べてきました。購入方法や購入時期を選ぶことで、お得に買える場合があります。

一方で、長く使用できれば、結果的に節約できたことにもなります。長期間にわたって愛用するためのお手入れ方法について解説しましょう。

風通しのよい場所に干して湿気を飛ばす

最も簡単でスタンダードなお手入れ方法は、やはり布団を長持ちさせるためには必須です。

できれば、1週間に1回は風通しのよい場所で干し、湿気を飛ばします。掛布団なら2時間程、汗を多く吸収している敷布団だと4時間程ほどを目安に干しましょう。

ただし、真夏の直射日光に、4時間以上さらすことは避けましょう。強烈な日射しで、布団を傷めてしまいかねません。

また、雨上がりのときも布団を干すのは控えましょう。晴れていても湿度が高く、布団が乾燥しにくいためです。

布団を叩くのはNG

布団を干している最中にパンパンと叩くのは定番ですが、実はあまりおすすめできません。

叩くと、その衝撃で生地や中の素材が傷み、劣化につながってしまうことがあります。叩いたときにホコリやダニの死骸などが舞ってしまい、吸い込んでしまう心配もあります。

ホコリなどを取り除くためには、干した後に表面を軽く払ったり、布団クリーナーなどで掃除したりしましょう。

カバーはこまめに洗濯しよう

肌に直接触れるカバーは、こまめな洗濯が大切です。1週間に1回は洗うことをおすすめします。

夏場は、回数を増やす必要があると考えるかもしれません。しかし、一晩でかく汗の量は、シーズンに関係なくほぼ一緒です。ですので、夏場でも冬場でも、1週間を基準にしてよいでしょう。

それ以上の期間洗わずにおくと、生地の表面に汚れがどんどん蓄積されてしまいます。頭部や顔が当たる部分は特に汚れやすいといわれています。

不衛生なまま使用し続けてしまうと、カビやダニ発生の原因となってしまうことがあります。そのような状態の布団は間接的に肌トラブルにつながる不安もあるため、特に肌の弱い方は注意しましょう。

使う人に合わせた布団サイズの選び方

布団選びにおいては、使う人に合わせた、適切な大きさ選びも大切な要素です。サイズ選びの基準について解説します。

寝返りが大きい人にはセミダブルが最適

1人用=シングルは一般的なサイズ選びの基準ですが、ある程度のスペースが確保できないと寝返りが打ちにくいなどのストレスになることも。睡眠時に寝返りが大きい人や、体格が大柄な人は、セミダブルを選ぶとよいでしょう。不足感のない、快適な睡眠が期待できます。

ダブル=2人用のイメージがありますが、セミダブルは、1人の使用を想定しています。

ただ、ゆったり感がほしいからといって、大きすぎても不適です。ダブル以上では、大きさを持て余してしまうことがあります。

あくまでも、適切な範囲で、ゆとりある大きさのものを選びましょう。

2人で眠るならシングル2枚かクイーンを

夫婦の場合など、2人で並んで寝ている家庭もあるでしょう。その際に、ダブル1枚を選ぶケースが多いのではないでしょうか。

しかし、望ましいスタイルは、シングル2枚の使用か、もしくはクイーンを選ぶことです。ダブルを使用するのは、細身の2人の場合や、スペースが限定されている場合にしましょう。

成人の体格を基準にすると、幅140cmという一般的なダブルのサイズは、最低限の大きさです。寝相での振動が相手に伝わったり、体が布団から出てしまったりして、快適性は損なわれます。

一方、シングルをそれぞれ使用していれば、相手の睡眠に影響を与えることはありません。そして、クイーンほどのサイズがあれば、余裕ある大きさで、窮屈さを感じることもないでしょう。

子供にはジュニアサイズもおすすめ

ジュニアサイズは約130㎝×約180cmという大きさで、シングル規格の約150cm×約210cmと比べるとコンパクトなものです。

子どもにシングルを用意している家庭も多いですが、まだ体格が小さいと扱いにくいことがあります。身長が大きくなるまでの間は、部屋を圧迫しないジュニアサイズがおすすめです。

反対に、ジュニアサイズであれば重すぎず、布団を畳んだり干したりといった作業を子どもと一緒に行うこともできます。

素材は快眠のための重要なポイント

続いて、快眠のためには大切な要素である素材選びのポイントについても見てみましょう。

軽くて暖かい羽毛や羽根

軽くて暖かい羽毛布団は人気の高い素材です。保温性や放湿性に優れ、ふんわりとした感触が好みの人も多いでしょう。

「羽根」も、羽毛同様に布団によく用いられる素材です。綿毛のような羽毛と異なり、羽の軸が含まれている分若干の硬さがあり、型崩れしにくいのが特徴です。

羽毛はダウン、羽根はフェザーと呼ばれており、詰め物に50%以上ダウンが使われると羽毛布団、それ未満だと羽根布団となります。

良質で高価という印象が強い羽毛ですが、羽根も十分に優れた素材です。軽さや保温性は高く、しかも価格面の安さも備えた魅力的な素材といえるでしょう。

汗をよく吸う木綿

「木綿」も、布団によく用いられる素材です。

吸湿性、保温性が高く、布団に必要な機能をしっかり備えています。また、丈夫で扱いやすく、気軽に普段使いできるのもメリットです。

吸放湿性に優れた羊毛

布団の素材としての「羊毛」の優れた面は、なんといっても高い吸放湿性にあります。その数値は、木綿の約2倍、ポリエステルの約40倍という驚くべき能力です。

蒸れは睡眠中の不快感につながります。羊毛は効率的に布団内に帯びた湿気を吸い取ってくれるため、快適な寝心地が期待できます。

また、適度な放湿性も備えているため、寒さや乾燥が気になる冬場にも乾燥しすぎず、暖かさを保ってくれます。

軽くてホコリの出にくいポリエステル

「ポリエステル」も、布団に用いられることの多い素材です。一定以上の保温性も有していて、温かさを確保できるうえ、低価格であることが大きな魅力となっています。

また、軽量でハリ感があり速乾性の高い素材であり、さらりとした肌触りで寝苦しい夏場にうれしい使い心地です。掛布団などのサイズによっては洗濯機で丸洗いも可能で、扱いやすいいといえるでしょう。

さらに、ホコリが出にくい点もメリットといえます。防カビ・防ダニ・抗菌・防臭といった加工もしやすく、アレルギーなどを持つ人にも安心です。

敷布団はウレタンも人気上昇中

マットレスや敷布団の素材として人気が高まっている素材が「ウレタン」です。

そのメリットの一つが、高い断熱性です。底冷えする冬でも体温が逃げにくく、外側の冷気を感じにくいので暖かく快適に寝られます。

また、軽量でありながら、耐久性も高いことも、ウレタンの利点です。復原性が高く長持ちする素材なので、家庭で扱うのに適しているメリットが多いのです。

おすすめの安い敷布団2選

ここからは、おすすめの布団について、タイプ別に紹介していきましょう。まずは、安く購入できる敷布団を、厳選して2タイプ取り上げます。

EiYU 敷き布団 シングル

「EiYU 敷き布団 シングル」は、手頃な価格ながらふわふわのボリューム感のある商品です。

固綿(かたわた)の素材を加工することで、弾力性を向上させ、底付き感を低減させています。家庭で丸洗いでき、清潔さを保てることはもちろん、使用により多少ボリュームが減ってきても洗濯によりふんわり感が復活します。

空気を含みやすいストロー状の繊維を使用することで、蒸れを軽減する放湿性と高い保温性を両立しています。

しまむら シングルロングサイズ 敷きふとん

リーズナブルな衣料品チェーン店として知られるしまむらでは、寝具店とコラボした「西川の高品質寝具」ラインアップ商品が発売されています。

「しまむら シングルロングサイズ 敷きふとん」は、100㎝×210㎝のゆったりとしたサイズ感で、抗菌防臭加工が施されています。

西川の高品質寝具 | ファッションセンターしまむら

おすすめの安い掛布団2選

続いて、コストパフォーマンスの高い掛布団を紹介します。夏場におすすめの肌掛け布団と、寒い季節に手軽に暖かさを足せるタイプです。

Bedsure 肌掛け布団

通常の掛布団では寝苦しい暑さのときに用いる、軽くて涼しい掛布団のことを「肌掛け布団」といいます。

「Bedsure 肌掛け布団」は、保温性がありながらもオールシーズン使えるふんわりとした掛布団です。

表面は桃のように短い絨毛(じゅうもう)の加工で、手触りも滑らかです。中綿には抗菌加工を施したものを充填しており、ダニやカビが発生しにくいのもうれしいポイントです。

Kinga 羽毛よりあたたかいかけ布団 2.5kg 増量タイプ

「Kinga 羽毛よりあたたかいかけ布団 2.5kg 増量タイプ」では、吸湿性や帯電防止性の高い綿を使用しています。そのため、蒸れにくく、嫌な静電気も抑える効果もある商品です。

その名前の通り、極めて優れた温かさを備えている理由は、極細中綿にあります。羽毛の感触を目指した高機能素材で、獣臭などを避けたいユーザーにも適しています。

抗菌・防臭加工もされており、家庭での洗濯にも対応しているため、衛生面も安心です。

  • 商品名:Kinga 羽毛よりあたたかいかけ布団 2.5kg 増量タイプ
  • Amazon:商品ページ

おすすめの安い布団セット2選

次に、セットで購入でき、しかも安さが嬉しいおすすめ商品を、2点紹介します。

ニトリ すぐに使える寝具6点セット

「ニトリ すぐに使える寝具6点セット」は、購入してすぐに使うことができる、寝具と付属アイテムがそろった商品です。

セット内容は敷布団・掛布団・枕・そしてそれぞれのカバーの計6点。カバーを新たに探したり購入したりする手間を省けるのが魅力です。

敷布団には3.5㎏の固綿を使用し、底付き感も軽減しています。掛布団はオールシーズン対応で、季節を問わず活用できる優れものです。

  • 商品名:ニトリ すぐに使える寝具6点セット
  • 楽天:商品ページ

タンスのゲン 布団7点セット Proud

「タンスのゲン 布団7点セット Proud」は、掛布団・敷布団・枕、そしてそれぞれのカバーに加え、収納用ケースを付属した7点セットとなっています。

掛布団は、羽毛を30%含んだ、ふんわり感あふれる羽根布団です。芯の少ない、マイクロスモールフェザーを採用しています。

スーパークリーン洗浄を施し、独特の臭いも軽減させています。臭いに敏感な人でも気にせず使用できるでしょう。

  • 商品名:タンスのゲン 布団7点セット Proud
  • Amazon:商品ページ

まとめ

布団は、毎日の生活を支える、とても重要な役目を持っています。それだけに、自分に合ったものをしっかりと選びたいものです。

また、家族全員に必要なものでもあり、価格面も気になります。高品質でリーズナブルな布団を賢く見つけて、快適な暮らしに役立てましょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ