MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

布団のクリーニングはどこがおすすめ?メリットデメリット選び方

布団のクリーニングはどこがおすすめ?メリットデメリット選び方

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

布団のクリーニングはどこに依頼するのがおすすめでしょうか?業者選びのポイントをチェックし、希望に合う洗い方・料金で、布団をすっきりときれいにしましょう。布団クリーニングの代表的なサービスや、メリット・デメリットも紹介します。

目次

布団クリーニングとは?

専門の業者に依頼する『布団クリーニング』は、大型の洗濯機で布団を丸洗いするサービスです。業者が実施しているサービスや、クリーニングできる布団の種類を知り、利用の参考にしましょう。

宅配・保管など便利なサービス

布団を洗うときは、業務用の洗濯機と乾燥機で丸洗いする『布団クリーニング』に依頼するとよいでしょう。

専用の機材や洗剤を使用して、布団の素材を傷つけずに洗えるほか、内側まですっきりと汚れを落とし切れます。加えて、乾燥機の熱風でふっくらと乾燥させることが多いため、まるで新品のような仕上がりになるでしょう。

持ち込むのが大変な布団は、『宅配』で申し込めるクリーニングが便利です。申し込み後に届く発送キットを使用して送るだけで、後はクリーニングされてきれいになった布団が届きます。

オフシーズンの布団が収納を圧迫しているなら、『長期保管サービス』があるクリーニングもおすすめです。クリーニング後に保管してもらえるため、来シーズンまで自宅の収納を広々と使えます。

クリーニングに出せるお布団

クリーニングに出すときには、まず『洗濯表示をチェック』して、クリーニングできる布団かどうかを確認しましょう。洗濯機マークやクリーニングマークが付いている布団であれば、クリーニングに出せます。

素材は、ウール・コットン・ポリエステル・羽毛・ウレタンなどがクリーニング可能です。ただし、業者によっては取り扱いのない素材もあるため、事前に対応しているかチェックしましょう。

中には、マークが付いていて対応している素材であっても、クリーニングできないものもあります。例えば、ひどく汚れているもの・特殊加工が施されているもの・折り畳めないほど厚みがあるものなどです。

布団クリーニングのメリット

自宅ではできない専門的な方法で洗える布団クリーニングには、どのようなメリットがあるのでしょうか?丸洗いならではのよさを知り、利用を検討しましょう。

布団の寿命が延ばせる

まず挙げられるメリットは『布団を長く使い続けられる』という点です。お手入れをせずに使い続けている布団は、湿気やカビ・ダニなどの影響で劣化しやすくなります。

湿気を多く含むことで、布団ならではの復元力が失われることもあるでしょう。そのまま使い続けていると、どんどん寝心地が悪くなってしまうことが考えられます。

布団クリーニングでメンテナンスをすれば、染み込んだ汗や皮脂の汚れはもちろん、カビやダニなどもきれいに落とせるでしょう。その結果、布団の寝心地が回復するのです。

定期的にクリーニングをしていれば、布団の寿命を延ばせる可能性がありますし、快適に眠りやすい布団をキープできるでしょう。

ふかふかになる

使い続けている布団は、中の素材がぎゅっと詰まった状態で、空気を含みにくくなります。そのため、新品のときのようなふかふかした感触が失われるのです。また、空気の層ができにくいため、保温性も低下してしまうでしょう。

布団クリーニングに出すことで、失われた柔らかさや温かさが再び感じられる可能性があります。

ダニやカビなどアレルゲンの除去

ダニやカビなどのアレルゲン対策として、日常的に天日干しをしたり布団乾燥機をかけたりしている人もいるかもしれません。しかし、それだけではダニやカビは減らせないといわれています。

布団クリーニングであれば、丸洗いすることで、天日干しや乾燥機での対策以上に『ダニやカビを減らす』効果が期待できます。

要注意!布団クリーニングのデメリット

清潔でふかふか、新品のような寝心地を取り戻せることのある布団クリーニングですが、デメリットもあります。申し込み前にデメリットもチェックして、納得した上で利用しましょう。

コストがかかる

布団クリーニングにはコストがかかります。素材や汚れの種類などによって違いますが、コットンやウールで作られているタイプであれば『約5000円』が相場です。

例えば、家族3人分の布団をクリーニングに出すと、1万5000円かかります。1年に2回クリーニングに出すとすると、3万円はかかるのです。

自宅やコインランドリーを使用するのと比較した場合、決して安い金額とはいえないでしょう。

宅配の場合時間がかかってしまう

宅配の布団クリーニングに依頼する場合、布団を送ってから戻ってくるまで日にちがかかります。『早くても約3~4日間』はかかりますし、遅いと約1週間以上かかることもあるでしょう。

そのため、「毎日使っている布団を洗いたい」というときには向いていないかもしれません。オフシーズンになり収納する布団を洗う場合には、さほど問題ないでしょう。

クリーニングサービスはどう選ぶべき?

布団クリーニングを実施している業者はさまざまです。クリーニング方法やサービスの内容が違うため、ポイントを押さえて選ぶことで、希望に合ったサービスを受けられるようにしましょう。

洗い方や乾燥などクリーニングの方法

一口に『布団クリーニング』といっても、業者によって使用している機材や洗剤は異なり、技術力にも違いがあります。そのため、クリーニング後の布団の仕上がりにも違いが出るのです。

時には、これ以上取れないといわれた汚れや臭いが、他業者できれいにできた、ということもあります。

快適に眠れる布団になるようメンテナンスを依頼したいと考えているなら、洗い方や乾燥の仕方をチェックして選びましょう。

細かなポイント使い勝手

使い勝手がよい業者かどうかも、布団クリーニング選びのポイントです。例えば、大きくかさばる布団をクリーニング店に持ち込むのは大変ですが、宅配なら集荷に来てくれるため簡単に出せます。

集荷時に使用する、布団を入れる袋の扱いやすさも、使い勝手につながるポイントです。

また、クリーニング後の布団の納期が希望と合っているかという点や、布団の状態に合わせた補修をしてくれるかというプラスαのサービスがあることもチェックしましょう。

防ダニ・消臭などの加工ができるかどうかも調べておくと、クリーニング後の布団の使いやすさを左右するでしょう。

やっぱり重要な料金

確実にきれいに仕上げてくれることや、サービスが充実していて使い勝手がよいことも大切ですが、『予算に見合った料金』でクリーニングできるということも重要です。

そのため、クリーニング方法やサービス内容で業者を絞り込んだら、料金の比較も行いましょう。布団1枚あたりがいくらになるのか計算して比べると、分かりやすいです。

中には、布団をまとめて出すことでパック料金が適用される業者もあるため、クリーニングする枚数によって業者ごとのお得感が変わる可能性があります。

また、宅配クリーニングの場合には『送料』もチェックしましょう。料金に送料が含まれているケースや、注文金額に応じて無料になるケースなどがあります。

おすすめクリーニングサービス3選

布団のクリーニングサービスはたくさんありますが、中でもおすすめは3種類です。サービス内容や使い勝手をチェックして比較すると、希望に合うかどうか判断しやすくなります。

最大手の安心感「ふとんリネット」

業界最大手のクリーニングサービスです。コストパフォーマンスがよいため、業者選びで迷ったら、まずはリネットを検討するとよいでしょう。

ネット申し込みで届く発送キットには、圧縮袋が入っており、敷布団2枚・掛布団2枚・毛布1枚程を1個口で配送できます。

クリーニングの特徴は、たんぱく質分解酵素を使用してシミや黄ばみを落としやすくしている点です。その後、抗菌・防臭タイプの洗剤を使用して、たっぷりの水で丸洗いするため、アレルゲンもきれいに落ちるでしょう。

布団専用乾燥機とタンブラーを使用することで、弾力性や保温力も回復するクリーニングです。クリーニング後の布団は圧縮されて届くため、かさばらないのも魅力といえます。

布団クリーニングはふとんリネット【全国無料お引き取り・お届け】

羽毛布団が安い「フレスコ」

『羽毛掛限定コース』という羽毛布団に限定したクリーニングのコストパフォーマンスがよい業者です。特に、羽毛布団を1~2枚クリーニングするときの価格が安く、枚数が少ないときの使用に向いています。

布団のサイズは、集荷袋に入るものであれば、クイーンやキングといった大きなものもクリーニング可能です。料金は枚数で変わります。そのため、羽毛布団1枚なら、シングルでもキングでも同じ価格です。

クリーニングでは、布団の素材に合わせて10種類以上の洗剤を組み合わせて使います。布団を傷めることなく、中までしっかり洗い上げるために、コンピューター制御で洗濯や脱水をする仕組みです。

布団クリーニング 羽毛布団クリーニング 信頼のブランド フレスコ|ふとん丸洗い専門店

自然派のこだわり「しももとクリーニング」

人にも環境にも配慮したクリーニングを希望しているなら、『無添加せっけん』で洗い上げる、しももとクリーニングがぴったりです。例えば、デリケートな敏感肌の人や、小さな子どもの布団によいでしょう。

子どもから年配の方まで、全ての人が安心して使えるよう、漂白剤や、抗菌・防ダニの薬品を使っていないのもポイントです。

また、布団を個人別に管理しクリーニングしているのも特徴といえます。丸洗いや乾燥のときにも、ほかの家庭のものと混ざることがありません。

ペットの毛が付いた布団や、おしっこが付いた布団も丸洗いに出せるため、汚れてしまった布団をクリーニングに出したいときにも向いています。

布団クリーニング宅配サービス ふとん丸洗いのしももと

まとめ

定期的に布団クリーニングを利用すると、布団の湿気や汚れ対策ができます。弾力性や保温性が回復し、布団の寿命を延ばすことにもつながるのです。

さまざまな業者がある中でも、希望に合ったクリーニング方法・便利なサービス・予算に応じたぴったりの業者を選ぶとよいでしょう。

毎日使う布団をクリーニングすることで、寝心地のよさが改善し、睡眠の質が向上することも期待できるでしょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ