MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

寝る前5分のストレッチで快眠!ストレッチ方法とおすすめYoutubeを紹介

寝る前5分のストレッチで快眠!ストレッチ方法とおすすめYoutubeを紹介

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

あなたには、「疲れているはずなのに、眠れない」「なんとか眠りについても途中で目が覚めてしまう」「長時間寝ても、日中眠くて仕方がない」そんな悩みはありませんか?

Sleepee編集部である私も不眠に悩まされていた時期があります。その際は手当たりしだいに、睡眠に良いと言われるあらゆるものを試しました。そんな中でわかったことは、「私にはこれがあるから大丈夫」と安心できるのが重要だということです。ストレッチも、そんな安心材料のうちのひとつです。

この記事では、ストレッチが快眠に効く理由から、おすすめのストレッチ方法まで紹介していきます。睡眠に不安がある人は、ぜひ参考にしてください。

目次

ストレッチが快眠に効く3つの理由

ストレッチ 快眠 理由

「快眠のためにストレッチが良い」といっても、なぜストレッチなのか?本当に効果があるのか?納得できないと取りかかれませんよね。まずは、ストレッチが快眠に効く理由を3つお伝えします。

リラックス効果が高いから

一つ目の理由は「リラックス効果が高いから」です。

良い睡眠のために必要な要素のひとつが「寝る前に副交感神経を優位にすること」です。自律神経の一種である副交感神経は、休息状態で優位になる神経です。通常は夜に向かって自然と副交感神経が優位になるのですが、ストレスを多く抱える現代人は、夜になっても副交感神経に切り替わりません。

そこで、ストレッチをおこなうことで心と身体をリラックスさせ、副交感神経を優位に切り替えることが効果的なのです。

血流を良くして深部体温を上げるから

二つ目の理由は「血行を良くして深部体温を上げるから」です。

深部体温とは、その名の通り、身体の最深部の体温のことを指します。一日のうちに大きく変動することが特徴で、通常は日中に高く、夜間に低くなります。良い睡眠のためには「寝る前に深部体温を下げること」が大切なのですが、不眠に悩まされる人は深部体温が下がりません。

そこで効果的なのが、あえて深部体温を上げることです。通常時よりも深部体温を上げてしまえば、あとは自然と下がるだけです。ストレッチで血行を良くして、深部体温の落差を人工的に再現することで、寝つきの悪さ改善につながります。

入眠儀式として脳が記憶するから

三つ目の理由は「入眠儀式として脳が記憶するから」です。

入眠儀式とは、就寝前に必ずおこなう習慣のことを指します。眠りにつく前のサインとして脳がインプットするので、副交感神経や深部体温を、就寝時間に合わせて調整してくれるようになります。

ストレッチは、眠れない夜にスポット的におこなうのも良いですが、毎晩の習慣にするとさらに効果が高まりますよ。

快眠におすすめのストレッチ箇所

ストレッチ おすすめ

ストレッチが快眠に有効だということがわかったところで、おすすめのストレッチ箇所を3つお伝えします。

首周り

まずは、首周りです。首周りには太い血管が集中しているので、血行を良くすることで深部体温を上げる効果があります。

首のストレッチは、入浴中がおすすめです。シャワーやホットタオルを首の後ろに当てて、温めながらストレッチをおこないましょう。特に難しいことをやる必要はなく、「前後左右に首を傾けて伸ばす」程度でOKです。

特に日中にパソコン作業が多い人は、首周りの血行が悪くなりがちです。ひどくなると頭痛やめまいに悩まされることもあるので、一日の終わりにぜひ、首周りをほぐしてみてください。

肩甲骨周り

肩甲骨周りは、首周り同様、深部体温を上げる効果が期待できます。デスクワークや、肉体労働で凝り固まりがちな部分ですね。

肩の筋肉に力が入っていると、横になってもリラックスできず、眠りが浅くなってしまいます。「今日は肩に負担をかけたな」と思ったら、意識的にケアしてみてください。

あぐらをかいてベッドに座り、後ろ手を組んで胸を張るようにすると、無理なくほぐせます。背中から肩にかけて、じんわりと温まるのが実感できるでしょう。

足首

足首のマッサージも、寝る前のストレッチにおすすめです。首周り・肩甲骨周りが「深部体温を上げる」効果があるのに対し、足首をほぐすことで「深部体温を下げる」ことができます。足首の血行が良くなることで、足先から熱が放出しやすくなるためです。ストレッチの仕上げに足首をほぐすことで、スムーズに入眠できるでしょう。

ベッドに横になった状態で、「足首を左右・前後に倒す」「右回り・左回りにゆっくり回す」だけで十分効果的です。

一日立ち仕事をした日など、足にだるさを感じているときにもおすすめです。

快眠におすすめのYoutubeチャンネル3選

Youtubeおすすめ

ここでは、私が実際に試して効果があった、快眠におすすめのストレッチ動画を3つ紹介します。3分・5分・10分と長さの違う動画をピックアップしているので、負担にならないものを選んで試してみてくださいね。

肩甲骨周りに効果的「快適な睡眠へ導く3分間ストレッチ」

デスクワーク続きで肩周りが凝っている人におすすめの快眠ストレッチです。

肩の重さが無くなって、スーッと楽になるのが実感できます。ストレッチを終えると、背中が平らになるのか、ベッドに密着する感覚が味わえました。

動作もかんたんなので、数日もすれば動画を見なくても実践できると思いますよ。

運動不足の人にもおすすめ「ベッドで5分ひねるだけ! 寝る前ストレッチ」

5分間で全身のストレッチができるので、運動不足が気になる人にもおすすめです。

座り仕事だと、どうしても決まった姿勢で固まりがちですよね。ひねることによって、普段縮こまっている筋肉がよく伸びて、スッキリします。

快眠だけではなく、二重あごやウエストの引き締めにも効果がありそうです。

割と負荷がかかりやすいので、力加減に気をつけて、無理のない範囲でおこないましょう。

また、動画では右側しか解説されていません。均一にほぐすために、同じ動作を左でもおこなってくださいね。

足全体をほぐせる「副交感神経MAXで寝落ち確定の10分ストレッチ」

少々時間が長いですが、ひとつの動作に時間をかけておこなうので、リラックス効果抜群です。

すべてで3つのストレッチをおこなうのですが、身体が硬い私には、最初のタオルストレッチがキツかったです。しかし、徐々に身体への負担が少ないストレッチに移行していくので、最後にはストレッチ中に寝そうなほどリラックスできました。

同じく身体が硬い人は、バスタオルなど長めのタオルを用意しておくのがおすすめです。

快眠ストレッチで気を遣うべき5つのポイント

ストレッチ ポイント

最後に、快眠ストレッチの効果を高めるために、気をつけたいポイントを5つ紹介します。難しい場合は、無理に5つすべてを守らなくても構いません。自分の生活リズムに合わせて、できることから取り入れていきましょう。

おすすめの時間はお風呂上がり

快眠ストレッチに向いているのは、お風呂上がりです。お風呂上がりは血行も良くなっていますし、筋肉が温まって伸びやすくなっているため、ストレッチの効果がより高まります

忙しいとついついシャワーで済ませがちですが、できれば湯船に浸かりましょう。ぬるめのお湯にゆっくり浸かることで、深部体温の上昇と副交感神経への切り替えが同時におこなえます。

部屋の照明は暗くするのがおすすめ

ストレッチをおこなう際、照明はできるだけ暗くしましょう。部屋が明るいと、夜だということを脳が認識できず、体内リズムが狂いがちです。

色調変化ができるタイプの照明なら、暖色系に変えてみるのもおすすめです。

ひとつの動作は20~30秒ほどかけてゆっくりと

快眠のためのストレッチは、リラックスすることが目的です。ひとつの動作に20~30秒ほどかけて、ゆったりとしたペースでおこないましょう。動きに合わせて、呼吸もゆっくり、深くおこなうとより効果的です。

心地よいと感じる強さで伸ばす

呼吸が止まるほど強く伸ばすストレッチは、睡眠にも筋肉にもよくありません。筋肉やすじが伸びていることを意識しながら、「心地よい」と感じる範囲で伸ばしましょう。

痛気持ちいいくらいという目安が使われることが多いですが、痛みを感じている時点で、心身にストレスがかかっていると思ってください。「温泉に浸かって、思わずため息が漏れるような心地よさ」に留めておくのがおすすめです。

スマホやテレビは見ない

快眠のためには、寝る前にスマホやテレビ、パソコンを見ないことが大切です。これらから発せられるブルーライトは、睡眠ホルモン「メラトニン」を破壊し、睡眠の質を下げてしまいます。

とはいえ、ストレッチの方法を覚えるまでは、スマホが必須ですよね。画面の照度を下げたり、暖色モードに切り替えたりして対応することもおすすめですよ。

まとめ

眠れない日が続くと「今日も寝られなかったらどうしよう」と、不安に思うものですよね。そんな中、ストレッチという対処法がひとつ増えるだけでも、不安がやわらぎます。

短い時間でも十分効果がありますので、無理をしない範囲で、生活の中に取り入れてみてください。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ