MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

タイプ別のシングルベッドおすすめ14選。選び方のポイントとは

タイプ別のシングルベッドおすすめ14選。選び方のポイントとは

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

ライフスタイルの変化に合わせ、長く使えるベッドを探す人も多いでしょう。長期間毎日のように使うからこそ、気に入ったベッドを選びたいものです。タイプ別のシングルベッドのおすすめや、選び方のポイントを紹介します。

目次

ベッド選びのポイント

最初に、ベッド選びのポイントを二つ紹介します。それぞれに良さがあるので、目指すインテリアの雰囲気や必要な機能に合わせてベッドを選びましょう。

ベッドのタイプ

選ぶベッドのタイプによって、部屋の印象は大きく変わります。マットレスに脚が付いた『脚付きマットレスベッド』は、ヘッドボードやフレームがないので圧迫感が少ないです。『ロータイプベッド』は床とベッドが近いので、部屋を広く演出できるでしょう。

広くない寝室を有効活用できるベッドもあります。ベッド下に収納を設けた『収納付きベッド』や、ベッドを高い位置に配置してベッド下に空間を作る『ロフトベッド』などがその例です。小さくたためる『折りたたみベッド』や1台2役の『ソファベッド』も、狭い寝室を有効活用したい人に向いているでしょう。

マットレスの種類

ベッド選びではマットレスも重要です。体が触れる部分なので、マットレスが寝心地を左右するといえるでしょう。ここでは、シングルベッドに多い2種類のマットレスを紹介します。

一つずつポケットに入れたコイルスプリングを敷き詰めているのが『ポケットコイルマットレス』です。各コイルが独立しているので横揺れしにくいでしょう。体を点で支えていて、体圧分散性に優れているのもメリットとされています。

『ボンネルコイルマットレス』は、敷き詰められたスプリングが連結しています。適度な硬さがあって耐久性にも優れ、体を面で支えるのが特徴です。手に届きやすい価格で購入できる商品も多く見られます。

脚付きマットレスのおすすめシングル

ここからは、具体的な商品例をあげておすすめのシングルベッドを紹介します。脚付きマットレスベッドはマットレスと脚だけとシンプルなので、主張しすぎずインテリアの邪魔をしません。

脚付きはマットレスの種類と分割の可否を確認

脚付きマットレスベッドを選ぶときは、マットレスの種類と分割の可否を確認しましょう。ほかのベッドと異なり、基本的にこの種類のベッドはマットレスを変更できません。ベッドの買い替えまで同じものを使うので、マットレスは慎重に選びましょう。

脚付きマットレスベッドには、分割できるものと分割できないものがあります。分割できるものは、一つ一つのマットレスが小さいです。室内でベッドを移動させやすかったり、入口の狭い部屋でも運びやすかったりします。

肌触りが滑らかな高密度 タンスのゲン 脚付きマットレス ボノ-TG

『タンスのゲン 脚付きマットレス ボノ-TG』は、ボンネルコイルマットレスを用いた脚付きマットレスベッドです。なめらかな肌触りの生地の下には、分厚いフェルトが二重に敷かれています。体にコイルが当たって痛くなるのを防いでくれるでしょう。

高密度の素材をマットレスの表生地に採用し、破れにくいのも特徴です。日本国内の耐久性品質基準に合格しているので、長期間の使用にも適しています。脚の高さは約15cmあるため、ベッド下を収納スペースとして活用したり、お掃除ロボットで掃除したりできるでしょう。

  • 商品名:タンスのゲン 脚付きマットレス ボノ-TG
  • 楽天:商品ページ

ポケットコイルで寝心地がいい ニトリ シングル脚付きマットレス(ラーム2)

『ニトリ シングル脚付きマットレス(ラーム2)』は、ポケットコイルマットレスを用いた脚付きベッドです。フィット感に優れているものの沈み込みすぎず、適度にマットレスの硬さを感じられるでしょう。

マットレスの床板には、『スラットベース』を採用しています。スラットベースは何層もの薄板をアーチ状に重ねたもので、通気性の良さが特徴です。マットレスの支える重みをスラットベースが吸収分散するので、体圧分散性にも優れているとされます。

また、カバーは家庭で手洗い可能です。毎日使う寝具なので、清潔にキープしやすいのはメリットといえるでしょう。

  • 商品名:ニトリ シングル脚付きマットレス(ラーム2)
  • 楽天:商品ページ

ロータイプのおすすめシングル

ロータイプのベッドは高さが低く、部屋にベッドを置いても圧迫感が生じにくいのが特徴です。このタイプは『フロアベッド』と呼ばれることもあるので、調べるときは両方で検索するといいでしょう。

ロータイプは床面とヘッドボードを重視

ロータイプのベッドを選ぶときは、床面とヘッドボードを重視するといいでしょう。大きく分けて、床面は『すのこ』と『板』の2種類です。すのこは通気性に優れているのが特徴で、板はお手頃価格のベッドに採用される傾向にあります。

ロータイプのベッドで各商品の差別化を図るポイントは、ヘッドボードです。小物を置ける『宮棚付き』や充電可能な『コンセント付き』、間接照明にもなる『ライト付き』などがあります。シンプルな『パネルタイプ』やヘッドボードのないタイプもあるので、インテリアや必要な機能に合わせて選びましょう。

モダンライト付きでおしゃれ CCmart7 クレセントムーン

『CCmart7 クレセントムーン』は、モダンライト付きでおしゃれなロータイプのベッドです。シンプルなデザインでインテリアを選ばず、どんな部屋にもなじみます。ヘッドボードの左右に付いた間接照明には、リラックス効果が期待できるでしょう。

間接照明以外にも、このベッドにはさまざまな機能があります。宮棚には、スマートフォンや目覚まし時計を置けます。コンセントも付いているので、枕元でスマートフォンの充電も可能です。

肌触りが気持ちいい シモンズ ベッドフレーム グレースサルーン

『シモンズ ベッドフレーム グレースサルーン』は、ビニールレザーと牛本革をあしらったヘッドボードの肌触りが気持ちいいベッドです。サイドからのぞくポプラの板材とそれを包むように張られたレザーが調和し、スタイリッシュかつ高級感のある仕上がりになっています。

カラーはブラウンとホワイトの2種類で、寝室のインテリアに合わせて選択可能です。ポプラ材の色はどちらも同じですが、ブラウンなら板材とレザーがなじみ、より一体感のあるデザインになっています。ホワイトの場合、サイドから見える板材のブラウンがアクセントになり、洗練された雰囲気を演出できるでしょう。

  • 商品名:シモンズ ベッドフレーム グレースサルーン
  • 楽天:商品ページ

収納付きのおすすめシングル

ベッド下のスペースを有効活用できるのが、収納付きのベッドの大きなメリットです。購入時点である程度スペースが仕切られていることが多いので、収納ボックスを別途購入しなくても整理整頓しやすくなっています。

収納付きは容量やライフスタイルを考慮

収納付きベッドを選ぶときは、容量やライフスタイルを考慮しましょう。『スタンダードタイプ』の高さは一般的なベッドとあまり変わらないので、ベッドが存在感を主張しすぎません。引き出しが多い『チェストタイプ』は、収納力に優れています。

『跳ね上げ式』はベッド下を収納スペースにしているので、使用頻度が低い大きな物の収納に適しています。小さな子どもなら収納スペースに入れてしまうため、子ども部屋での使用は慎重に検討しましょう。引き出しを開けるスペースを必要としない跳ね上げ式は、広くない寝室にもおすすめです。

デザインと機能を両立 ビックスリー 引き出し収納 ベッド

『ビックスリー 引き出し収納 ベッド』は、引き出し収納が2杯付いたベッドです。引き出しにはキャスターが付いているので、スムーズに出し入れできるでしょう。また、引き出しは左右両方に取り付け可能なので、引き出しの位置にベッドの配置が縛られる心配はありません。

ヘッドボードにはコンセントが2口装備されていて、機能性にも優れています。ヘッドボードの幅は約12.5cmあるので、目覚まし時計やライトを置いてもいいでしょう。フレームに使われているメラミン化粧板は、傷や汚れに強いのが特徴です。木目調の加工をしているのでインテリアを選ばず、長期間の使用にも適しています。

  • 商品名:ビックスリー 引き出し収納 ベッド
  • Amazon:商品ページ

大容量を求めるなら 佐藤産業 VICE-S-M2

大容量のベッド下収納を求めるなら、『佐藤産業 VICE-S-M2』がおすすめです。深さの異なる引き出しが5杯あるので、深さに合った引き出しに物をしまえるでしょう。引き出しは左右両方に設置できます。床板を外せば、引き出しを設置しない側を半面分の大きな収納として活用可能です。

セットのポケットコイルマットレスを乗せると高さは60cm以上になり、ソファのように腰をかけられます。ヘッドボードの宮棚には2口コンセントが付いていて、機能性も高いといえるでしょう。ホワイト・ナチュラル・ブラウンの3色展開なので、インテリアに合わせて色を選べるのもメリットです。

シンプルでおしゃれ IKEA SLÄKT スレクト

『IKEA SLÄKT スレクト』は、ベッドフレームと三つの収納ボックス、マットレスがセットになった、シンプルでおしゃれな収納付きのベッドです。ホワイトのベッドフレームは存在感を主張しすぎず、どんな部屋にもなじむでしょう。床板はすのこなので、通気性に優れています。

このベッドには、世界中の8~12歳の子どもとその親たちに実施したリサーチの結果が反映されています。友達と遊ぶときに使える収納ボックス付きのベッドサイドテーブルや、丸みを帯びた角などがその例といえるでしょう。

折りたたみのおすすめシングル

ベッドを置くスペースを有効活用できる折りたたみベッドのメリットは、狭い部屋ほど大きく感じられるでしょう。折りたたみベッドの多くはキャスター付きなので、移動しやすいのもポイントです。模様替えや引っ越しが楽なのはもちろん、日常の掃除もしやすくなるでしょう。

折りたたみは素材や質感をチェック

折りたたみベッドを選ぶときは、素材や質感をチェックしましょう。フレームにマットレスが固定された『マット』素材なら、マットレスを敷かずにそのままベッドとして使用できます。金属製の『フレーム』や通気性に優れた『すのこ』、『畳』はマットレスを敷いて使うのが一般的です。

マットレスには大きく分けて『低反発』と『高反発』の2種類があり、質感が異なります。低反発はやわらかめの触感のマットレスです。フィット感が強く、体を包み込むような感覚が得られるでしょう。適度な硬さがあるのが高反発です。体圧分散性に優れ、宙に体が浮かぶようと形容されることもあります。

三つ折り可能でコンパクト Mr IRONSTONE 折りたたみリクライニングベッド 低反発

『Mr IRONSTONE 折りたたみリクライニングベッド 低反発』は、低反発マット付きの折りたたみベッドです。生地にはポリエステルと綿の混紡を採用しています。吸水性に優れていてシワになりにくいのがメリットです。

背もたれは90~180度まで5段階でリクライニングできます。就寝時だけでなく、リラックスタイムなどの日常使いにも適しているでしょう。また、三つ折り可能なコンパクトさも、このベッドの大きな特徴です。折りたたんだときの幅は約34cmで、家具と家具の隙間や押し入れなどに収納できます。

  • 商品名:Mr IRONSTONE 折りたたみリクライニングベッド 低反発
  • Amazon:商品ページ

高反発マットレスで負担軽減 三興商事 折りたたみベッド 高反発

『三興商事 折りたたみベッド 高反発』は、高反発マットレスで体にかかる負担を軽減したい人におすすめです。背もたれは6段階に調節可能で、用途に合わせて楽な姿勢を維持できます。体が沈み込みにくく肌触りも良いので、快適に睡眠できるでしょう。

折りたたむときは持ち手を掴めば、指を挟むリスクを軽減可能です。ロック機能が付いているので、ベッドの使用中に浮きあがったり、折りたたんでいるときに急に開いたりするのを防げます。

  • 商品名:三興商事 折りたたみベッド 高反発
  • Amazon:商品ページ

通気性抜群 アイリスオーヤマ ハイタイプ折りたたみすのこベッド

『アイリスオーヤマ ハイタイプ折りたたみすのこベッド』は、通気性抜群のベッドです。天然パイン材のすのこをぎっしり敷いているので、凹凸を感じづらく快適に眠れるでしょう。ベッド下の高さは約31.5cmあるので、大きめの収納ボックスで整理整頓したり、高さのある物をベッド下に収納したりできます。

左右4カ所の好きなところに設置できるグリップも特徴です。マットレスや布団の落下防止に使ったり立ちあがりのサポートに使ったりできます。3ステップでネジを留めるだけなので、一人暮らしの女性でも簡単に組み立てられるでしょう。

  • 商品名:アイリスオーヤマ ハイタイプ折りたたみすのこベッド
  • 楽天:商品ページ

ロフトタイプのおすすめシングル

ベッドを上に配置することで、生活スペースと就寝スペースを分離できるのがロフトタイプの特徴です。ベッド下に机を収納できたり引き出しがあったりするなど、より多機能なものは『システムベッド』と呼ばれることもあります。

ロフトタイプは高さや素材がポイント

ロフトタイプのベッド選びは、高さや素材がポイントです。ベッド下の空間の使い方に合わせて、ベッドの高さを選びましょう。

ロフトタイプの高さは約160cmまでの『ロー・ミドルタイプ』と、約170cm以上の『ハイタイプ』に分かれます。ロー・ミドルタイプは天井と距離があるので、圧迫感がそれほど生じません。高さのあるハイタイプは、机やソファーなどをベッド下に置くのに適しています。

ロフトタイプの主な素材は『スチール』と『木』です。スチール製は耐久性が高いのに軽く、比較的手ごろな価格で購入できます。きしみや揺れに強い木製は、就寝中の振動が気になる人に向いているでしょう。

階段付きで上り下りが楽 ハイタイプ ロフトベッド Lacto

『ハイタイプ ロフトベッド Lacto』は、階段付きで上り下りが楽なロフトタイプです。間取りに合わせて左右両方に設置可能な階段には安定感があり、ステップの下をディスプレイや収納として有効活用できるでしょう。

ベッドフレームはスチール製ですが、ステップや宮棚には木目調の合成樹脂化粧繊維板が採用されています。ぬくもりを感じられるだけでなく、インテリアのアクセントにもなるでしょう。落下防止のコボレ止と2口コンセントが宮棚に付いています。幅も約15cmあるので、スマートフォンや目覚まし時計を置いても落下する心配はないでしょう。

  • 商品名:ハイタイプ ロフトベッド Lacto
  • 楽天:商品ページ

落ち着いたデザインで大人も使える バウム システムベッド デスク付き

落ち着いたデザインの『バウム システムベッド デスク付き』は、大人も使えるロフトタイプです。ベッドと机、棚がセットになっています。ベッドの前後の脚に机と棚を付ければ、ロフトタイプとして使用可能です。分割して単品使いすれば、一般的なシングルベッドとしても使えるでしょう。

ほかにも、このベッドには充実した機能が多くあります。グリップ付きのハシゴはステップの幅が約9.5cmあるので、安定感があるでしょう。ヘッドボードは宮棚付きで、ちょっとした小物を置けます。

  • 商品名:バウム システムベッド デスク付き
  • 楽天:商品ページ

ソファベッドのおすすめシングル

ソファベッドは、1台2役を担えるのが大きなメリットです。ソファベッドを買えば1台分のスペースでソファもベッドも使えるので、部屋が広くない人におすすめといえるでしょう。

ソファベッドは変形方法やシート素材が大切

ソファベッド選びでは、変形方法やシート素材が大切です。変形方法には、大きく分けて3種類があります。座面を手前に引き出したり、背もたれを倒したりするのが『可動式』です。座面を折りたたむ『折りたたみ式』や、ソファベッドにオットマンを並べる『組み合わせ式』もあります。

ソファとベッドどちらの用途が中心かによって、シート素材の選び方は変わります。ソファ中心ならやわらかめ、ベッド中心なら硬めの素材がいいでしょう。手入れしやすいので、表生地はファブリック系がおすすめです。

3ウェイで便利 モダンデコ リクライニングソファ rocot

『モダンデコ リクライニングソファ rocot』は、ソファ・ベッド・カウチの3ウェイで使える便利なソファベッドです。42段階の細かなリクライニングが可能な背もたれには、高さがあります。ソファやカウチとして使うときは、しっかり頭を支えてくれるでしょう。三つ折りできるので、場所を移動させたり掃除したりするときはコンパクトにして持ち運べます。

このソファベッドは厚さ約9cmのクッションを二つ重ねているので、長時間座っていても疲れにくくなっています。また、適度に弾力があって沈み込みすぎないので、理想的な寝姿勢をキープしやすいといえるでしょう。

  • 商品名:モダンデコ リクライニングソファ rocot
  • Amazon:商品ページ

肘掛け付きのロータイプ grazia LIVRE

『grazia LIVRE』は、肘掛け付きのロータイプのソファベッドです。三つ折りになっている座面を広げると、ベッドとして使えます。クッションを一回折れば足元に高さのあるカウチとしても使えるでしょう。

通気性に優れたファブリック素材を表生地に使用していて、季節を問わず快適に使用できます。カラーは5種類から選べるので、部屋の雰囲気に合わせて選択可能です。ソファベッドとおそろいのクッションが二つ付いています。ソファとクッションのコーディネートを考えなくていいのも、このソファベッドのメリットといえるでしょう。

まとめ

シングルベッドの選び方のポイントや、おすすめを紹介しました。

シングルベッドは、多くのメーカーから多様な種類が発売されています。選び方や具体的な商品例を知ることで、比較や検討がしやすくなるでしょう。シングルベッドの選び方や各タイプの特徴を踏まえ、ぜひ購入の参考にしてください。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ