MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

クイーン脚付きマットレスのメリットとは。特徴やおすすめ商品紹介

クイーン脚付きマットレスのメリットとは。特徴やおすすめ商品紹介

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

2人用のベッドを新たに探す場合、クイーンサイズという選択を考える人もいるのではないでしょうか。「少し大きすぎるかも」というイメージがあるならば、脚付きマットレスにすることで、通常のベッドに比べて部屋にゆとりを生むことも可能です。

目次

脚付きマットレスの特徴は?

脚付きマットレス 特徴

新たにベッドを購入しようと考えたときに、フレームにマットレスを乗せる、一般的な形式をイメージする人が多いでしょう。

しかし、ベッドの形式は、一つではありません。脚付きマットレスという選択肢もあります。「使ったことがない」「あまり知識がない」という人に向けて、特徴を説明しましょう。

マットレスに直接脚が付いたベッド

『脚付きマットレス』とは、マットレスに直接脚が取り付けられた形式のベッドを指します。ベッドフレームを備えていないタイプです。

従って、ヘッドボードなどもありません。それゆえ、一般的なベッドよりもスペースを取ることなく設置でき、部屋を効率的に使えるメリットがあります。

床に、マットレスを直置きする方法を取る人もいるでしょう。しかし、脚を取り付けることで、直置きによる衛生面等のデメリットも解消できます。

ソファとしても使える

しっかりとしたフレームを採用したベッドの場合、睡眠以外の用途としては活用しにくいものです。他方、脚付きマットレスは、家具としての多様性を備えている点も魅力です。

その代表的な例が、ソファとしての利用です。構造がもともとシンプルであるため、掛布団をしまえば、瞬時にソファへと様変わりします。

フレーム付きのベッドだと、いかにも寝具といった装いです。しかし、脚付きマットレスにクッションなどをセットすれば、趣の異なる家具に変身します。

家庭によっては、小上がりのように活用しているケースもあります。用途が広がることは、大きなメリットといえるでしょう。

脚付きマットレスのメリット

脚付きマットレス メリット

シンプルな構造で注目も高まる脚付きマットレスには、メリットも数多くあります。

マットレスに直接脚をセットするという、斬新な発想で人気に広がりを見せる脚付きマットレスのメリットについて、掘り下げていきましょう。

ベッドフレームが不要なため安価

快適な睡眠を目指して、マットレスも、ベッドフレームも、家具・寝具として進化を続けてきました。発展の過程においては、職人や技術者による性能の向上が図られてきたのです。

それだけに、フレームを用いたベッドには、相応の価格が設定されます。一方で、マットレスに直に脚をセットすれば、フレームは不要になります。その分、安価で購入でき、予算を抑えられることは大きな魅力です。

マットレスに、フレームがなくても人の体を支えられる強度は必要です。技術の進歩によって品質が向上したことで、脚付きマットレスが実用化され、低価格化が実現しています。

ベッド下を収納スペースにできる

「ベッドフレームを必要とせず、マットレスを床に直置きして使用する」そのような家庭もあるでしょう。脚を付けることで、利便性が向上する点について紹介します。

それは、ベッド下を収納スペースとして活用できるようになることです。脚の高さによって生まれる空間を有効利用できます。

押し入れに入りきらない衣服や書籍などをベッド下に収納して使えば、空間全体にゆとりが生まれます。好みのインテリアやアート等を飾るスペースを確保できるのも一つのメリットといえるでしょう。

床直置きで発生するトラブルを防げる

マットレスの直置きには、いくつものデメリットが潜んでいます。まず紹介するものが、湿気によってカビが発生しやすくなる点です。

一晩の睡眠で、人は平均約200mlの汗をかくそうです。マットレスは、体内から出た汗を吸収することで、湿気を帯びていくことになります。

マットレスを直置きしてしまうと、湿気が逃げる場所を塞いでしまいます。従って、マットレスと床材の双方に湿気が蓄積し、カビを誘発することにつながるのです。

また、直置きでは床と近い場所に顔を置いて寝ることになります。そのため、ハウスダストを吸収しやすい心配もあります。

チリやホコリ、ダニの死骸やフンなどは、床から約30cm以内の場所にたまりやすいとされています。床に近い場所で眠り、呼吸をすることで、ハウスダストを吸い込んでしまい、アレルギーの原因にもなりかねません。

また、直置きでは底冷えも心配です。床下に施行されたコンクリートは、冬場はとても冷たくなります。その冷気が、マットレスに、ダイレクトに伝わってしまうからです。

脚付きマットレスのデメリット

脚付きマットレス デメリット

さまざまなメリットがある一方で、脚付きマットレスには弱点もあります。購入の検討を進めるには、よい面ばかりではなく、ウィークポイントも理解しておくことが大切です。

小物などを置くスペースがない

フレーム付きのベッドを使用している人で、ヘッドボードを活用している人は多いでしょう。こちらは広さはさほどなくても、便利なスペースです。

一般的に、ヘッドボードは寝ている間にスマートフォンやタブレットを充電しておく、時計・メガネ・ピアス・指輪等を置いておくといった活用方法があります。

脚付きマットレスでは、フレームを使用しないため基本的にこのようなスペースがありません。これは、一般的なベッドと比べると弱点です。

また、スマートフォンを目覚まし時計代わりにしている人も多く、ヘッドボードがなくなると不便さを感じる場合もあります。

マットのメンテナンスをしづらい

ベッドを使用する際は、マットレスの劣化を防ぎ、長く使用するために、上下の向きを変える、裏返すといった形でローテーションをすることが推奨されています。

ローテーションして使うことで、マットレスへの負荷が決まった場所に集中することを防ぐのです。しかし、脚付きマットレスの場合、ローテーションのバリエーションが限られます。

頭と脚の向きを変えることしかできないことがデメリットと感じる人もいるでしょう。

使い慣れた寝具は、末永く愛用したいものです。ローテーションのパターンが限定されている分、小まめに向きを変えて対応しましょう。

脚付きマットレスの選び方は?

脚付きマットレス 選び方

一口に脚付きマットレスといっても、その種類は一つに限られている訳ではありません。いくつものタイプが商品化されているのです。

多様な種類があると、かえって選ぶのも大変に感じる人もいます。そこで、選び方のポイントについて説明しましょう。

一体型か分離型かを選択

マットレスをチェックする部分には、いくつかあります。形状や素材、色・柄などです。まずは、形状について考察します。

形状は大きく2種類『一体型』と『分離型』に分けられます。それぞれに利点・欠点があるのです。

一体型とは、その名が表す通り、1枚のマットレスに脚を取り付けるものです。フレーム付きベッドのマットレスと同様の形状になります。

所定の場所に脚を付ければ、そのまますぐに使用できるので便利です。継ぎ目がない点にも、寝姿勢に違和感を与えず、快適さがあります。

対して、分割型は、二つに分割されたマットレスにそれぞれ脚を付けて、一つのベッドとして組み合わせます。

一つひとつがコンパクトなため、移動がしやすく、模様替えや掃除の際に高い利便性を感じられるでしょう。ソファとしての活用もしやすいタイプです。

ただし、継ぎ目があるため、体に伝わる違和感が気になる人もいます。その場合は、パッドや厚手の敷布団でカバーしましょう。

マットレスのタイプを選ぶ

マットレスの素材にも、多様な種類があります。

ポケットコイルは、コイルスプリングが一つずつ包まれ独立しています。それゆえ、型崩れしにくく体圧もバランスよく吸収し、分散させやすいとされています。

ボンネルコイルは、土台の上でコイルスプリングが並ぶように連結させ、側生地で覆うなどして仕上げています。ポケットコイルよりも安価でしっかりとした寝心地の傾向があります。

また、『高反発ウレタン』『低反発マットレス』も、よく使用される素材です。軽量で扱いやすく、それぞれ適度な反発力を備えているため、快適な睡眠が期待できます。

そのほかにも、優れた通気性を有する『高反発ファイバー』や、天然ゴムの木から採った樹液を原材料とした『ラテックスマットレス』もあるため、好みに合うマットレスを見つけましょう。

商品の選択肢は少なめ

脚付きマットレスは、選択できる商品群が少なめである点もウィークポイントといえるでしょう。一般のマットレスと比べて、品数は薄いといわざるを得ません。

例えば、ポケットコイルを採用したマットレスを見てみましょう。フレーム付きベッドに使用するものには多様な弾力のタイプがありますが、脚付きマットレスでは、種類は限られます。

高反発ウレタンや低反発ウレタンをとっても、同様です。一般のマットレスでは何段階もの弾力性・反発性がありますが、脚付きマットレスだとその種類は限定的です。

幅広いラインナップから、厳選して選びたいという人には、ややレパートリーの薄さは気になるかもしれません。

クイーン脚付きマットレスはサイズに要注意

クイーン脚付きマットレス サイズ

2人並んで寝るには、クイーンは理想のサイズの一つでしょう。ただし、実際に部屋に置いて見ると、予想以上に「大きい」と感じ、圧迫感を覚えたという人も少なくありません。

購入に際しては、そのサイズ感に十分な意識を持っておくことが大切になります。

部屋の広さは6畳以上がベター

ベッドを設置するときに、周辺に確保しておくべき距離というものがあります。約360×270cmの一般的な6畳の部屋を例にとって解説しましょう。

ベッド横から楽に寝る姿勢に入るには、幅約50cmの確保が必要だとされています。そして、物を持ってスムーズに歩くには幅約90cm、物の出し入れには幅約120cmほどが必要だともいわれます。

クイーンサイズは幅160cmです。一例として、6畳の一辺360cmからベッド幅160cm、片側50cm、片側90cmと引いていくと、残りは60cmです。歩くだけならやや余裕はありますが、物の出し入れをするとなると窮屈に感じるでしょう。

このような数値から見て、クイーンサイズを導入するのであれば、6畳以上の広さを確保することがベターだと考えられます。

搬入経路を確保できるか事前に確認

意外と盲点となってしまうものが、搬入経路です。引っ越しなどで、選んだ家具が部屋に入れられないということが起こる場合もあります。

そのリスクは、クイーンマットレスの運び込みにも当てはまります。せっかく購入した商品が、部屋に搬入できないということが起こらないように、事前に搬入経路を確認しておきましょう。

国内のクイーンマットレスの基準は、幅約160cm×長さ195cmであるため、このサイズ感で搬入経路が確保できるかどうかをチェックすることが必要になります。

セミシングル2台連結もおすすめ

「搬入が難しそう」「今は一緒でも、将来は別々に寝るかもしれない」そのようなケースも十分に考えられます。それなら、セミシングルを2台連結して使用することもおすすめです。

クイーンサイズは幅160cmです。そして、セミシングルは幅80~90cmとなっています。幅80cmタイプであれば、2台でちょうどクイーンと同じ幅で、幅90cmが2台だともう少しゆとりが生まれます。

分割型マットレスは、縦に2分割されている形状です。セミシングルの連結は、それを横にしたものと考えることもできます。

おすすめのクイーン脚付きマットレス紹介

クイーン脚付きマットレス おすすめ

脚付きマットレスのメリットやデメリット、マットレスのタイプ、クイーンを選ぶ際の注意点などを見てきました。

ここからは、具体的なおすすめ商品を厳選して紹介しましょう。

日本製ポケットコイルマットレスベッド モア グランドタイプ 脚30cm クイーン

理想的な寝姿勢とは、リラックスして直立した状態で、そのまま横になるものといわれています。『モア グランドタイプ 脚30cm クイーン』なら、望ましい姿勢での快適な睡眠が期待できます。

ポケットコイルを採用し、体を点で支える構造です。ボディラインにフィットし、腰や背骨への負担もバランスよく分散させます。

脚の高さは30cmで、ベッド下の空間もたっぷり取れるマットレスです。専用の引き出しを追加で購入すれば、ゆったりと収納スペースを確保できます。

  • 商品名:モア グランドタイプ 脚30cm クイーン
  • 楽天:商品ページ

ポケてりあ 国産ポケットコイルマットレス クイーン レギュラー丈 脚15cm

寝心地に徹底的にこだわった『国産ポケットコイルマットレス クイーン レギュラー丈 脚15cm』は、国産ならではのポケットコイルの品質を感じられる脚付きマットレスです。

体形や姿勢の凹凸(おうとつ)に合わせてフィットし、小柄な女性や子どもでも、しっかり寝姿勢をサポートします。

ニット素材のマットレスカバーにも、質にこだわり国産を採用しています。ウレタンを多く使用しており肌触りがよく、心地よく眠りやすい一品です。

  • 商品名:国産ポケットコイルマットレス クイーン レギュラー丈 脚15cm
  • 楽天:商品ページ

イーバザール 分割式 ボンネルコイルマットレスベッド 脚22cm

一つひとつのコイルを連結させたボンネルコイルの、しっかりとした寝心地が好みという人もいます。そのような人へのおすすめは、イーバザールの『分割式 ボンネルコイルマットレスベッド 脚22cm』です。

2.2mmの鉄線を使用したスプリングコイルを、2重のフエルトで囲います。さらに、10mmのウレタンと表面布で覆った、適度な弾力が魅力のマットレスです。

土台には天然木を用いているため、耐久性にも優れています。負荷や衝撃もしっかりサポートし、長期の使用にも適した商品です。

  • 商品名:イーバザール 分割式 ボンネルコイルマットレスベッド 脚22cm
  • 楽天:商品ページ

連結してクイーンサイズになるおすすめ商品

二つのマットレスを連結することでクイーンサイズになるタイプを、選りすぐりで3点紹介しましょう。

セミシングルを二つ連結するとクイーン並のサイズに

2人で寝るときはゆったりと、ときには少し間を空けて1人ずつ、2台のセミシングルを連結することで、そんな多様なライフスタイルも実現できます。

国内の規格は、セミシングル幅80cm、クイーン幅160cmです。2台合わせると、ちょうど同じ幅になるのです。

無印良品 脚付マットレス・高密度ポケットコイル・スモール

『脚付マットレス・高密度ポケットコイル・スモール』は、無印良品が、フレームの強度と寝心地にこだわって開発したマットレスです。

睡眠用のベッドとしてはもちろん、ソファとして使用してもくつろげます。ムダのない、シンプルなデザインも魅力です。

脚の色や高さを自由に選べるため、部屋の大きさや雰囲気、ほかの家具に合わせてカスタマイズする楽しみもあります。

こちらの商品は二つ連結することで、クイーンと同等の大きさになります。

  • 商品名:無印良品 脚付マットレス・高密度ポケットコイル・スモール
  • 無印良品:商品ページ

ニトリ 脚付きポケットコイルマットレス(スモールシングル幅80cm)

『ニトリ 脚付きポケットコイルマットレス(スモールシングル幅80cm)』は、硬めの質感を好む人におすすめの脚付きマットレスです。

マットレスの厚さ18cm、脚の高さは19cmとなっており、ベッド下には収納用のケースを配置できるサイズ感です。すのこ仕様の床板を使用しており通気性も確保されています。

一つひとつのスプリングコイルが独立したポケットコイルを採用し、体圧を均等に分散させる働きで、心地よい睡眠をサポートします。

スモールシングルサイズで、幅80cmとなっています。2台つなげれば、2人でも眠れる脚付きマットレスです。

  • 商品名:ニトリ 脚付きポケットコイルマットレス(スモールシングル幅80cm)
  • 楽天:商品ページ

タンスのゲン 脚付きマットレス セミシングル 高脚25cm ポケットコイル

タンスのゲンが製造する『脚付きマットレス セミシングル 高脚25cm ポケットコイル』は、寝心地を重視した、一体型の脚付きマットレスです。

品質にこだわったポケットコイルを選択し、伸縮性や吸湿性に優れたニット生地も採用しており、快適な睡眠に効果が期待できます。

25cmという脚の高さも、うれしい利点です。ベッド下の空間は、大容量の収納場所として活用できます。

  • 商品名:タンスのゲン 脚付きマットレス セミシングル 高脚25cm ポケットコイル
  • Amazon:商品ページ

まとめ

クイーン脚付きマットレスは、フレーム付きベッドと比べてスペースを取らず、コンパクトな感覚で使用できるベッドです。ソファとしての活用など、用途の広がりも楽しめます。

クイーンサイズなら、2人で使用しても広々と使うことができます。スプリングコイルの形式や使用する素材、脚の高さやデザインなど、好みにマッチしたタイプを選んで、快適な生活につなげましょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ