MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

高反発マットレス、マニフレックスとエアウィーヴはどちらがいい?

高反発マットレス、マニフレックスとエアウィーヴはどちらがいい?

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

浅田真央さんのイメージキャラクターでおなじみのエアウィーヴなど、最近では高反発マットレスも人気を集めています。中でも有名なマニフレックスとエアウィーヴについて、どちらがいいのかお悩みの方へ、それぞれの特徴を比較してみました。

目次

高反発マットレスの特徴と選び方

高反発マットレス 特徴 選び方

テンピュールが低反発マットレスを販売してから、しばらく柔らかい寝心地のマットレスが流行っていたように思います。では人気の高反発マットレスはどのような特徴があるのでしょうか。

高反発マットレスのメリット・デメリット

高反発マットレスのメリットは適度な反発があり、寝返りが打ちやすいという点が挙げられます。高反発と聞くと、硬い寝心地をイメージする方も多いかもしれませんが、実際には寝心地は柔らかく、身体が沈みすぎない程度の反発がある、というマットレスです。

耐圧分散性にも優れていますので、理想的な寝姿を保てるというのも大きな特徴です。低反発に比べ、ムレが少ないので夏場でも比較的快適に過ごすことができます。

一方、体格や筋肉量によっては硬く感じる場合があり、特に布団から高反発マットレスに替えた方はなれるまでに時間がかかる場合があるようです。またマットレスの厚みによっては底付き感が気になる場合があるようです。
こうしたデメリットもありますが、快適な睡眠のための条件がそろっているマットレスと言えます。

高反発マットレスの選び方

  • 硬さ
    高反発マットレスを選ぶ際にはまず体に合った硬さを選ぶことが重要です。仰向けに寝たときに腰が沈みすぎず、首から腰にかけてがS字になるようなものが理想的です。硬さはN(ニュートン)であらわされます。

    Nが高くなればなるほど硬く、反発力が高くなります。体重ごとの硬さの目安は以下の通りです。こちらはあくまで参考に、実際に試し寝して寝心地を確かめてくださいね。
体重人物の例硬さ
40kg以下子ども75N~110N
40~60kg子ども・成人女性110N~140N
60kg~80kg成人男性140N~170N
80kg~100kgスポーツ選手170N~200N
100kg以上体格のよい方200N~280N
https://suzuki-mattress.jp/lumbago-mattress-ranking/#i-2
  • 厚み
    底付き感を感じにくい10cm以上の厚みがおすすめです。
  • 密度
    ウレタンフォームの場合はすぐにヘタらない密度のあるマットレスを選びましょう。ちなみに高反発ファイバーの場合はこうした指標がないため、比較するのが難しい状況です。
密度耐久性の目安
25D以下 1~3年
30~35D5~8年
40D以上10年以上

マニフレックスの特徴

マニフレックス 特徴

公式サイト:https://www.magniflex.jp/

世界的に有名なイタリアの寝具ブランド

マニフレックスは1962年創業のイタリアの寝具ブランドで、すべての製品をイタリアで生産しています。マットレスをはじめとした製品は世界99ヵ国に輸出され、約3,500万人もの方に愛用されている世界的に有名なブランドです。

寝具の開発だけでなく、海洋プラスチック問題の原因となるプラスチックや、リサイクルが難しい金属のスプリングを使わない、コンパクトでクリーンな真空ロールアップ製法を採用するなど、環境問題にも積極的に取り組んでいるブランドです。

独自開発のウレタンフォーム「エリオセル」

マットレスの一番の特徴は世界特許を取得している「エリオセル」を使用している点です。ネットではマニフレックスを使うようになって腰痛が改善されたといった口コミが見られると思いますが、これはエリオセルが寝返りが打ちやすい反発力を持っているためです。公式サイトにもあるように、「硬すぎず、柔らかすぎない、高反発」を実現しています。

エアウィーヴの特徴

エアウィーヴ 特徴

公式サイト:https://airweave.jp/

日本人向けに考えられた高反発マットレス

エアウィーヴは2004年創業の比較的新しい日本の寝具メーカーです。日本のメーカーだけあって、日本の気候に合った素材の開発や寝心地にこだわっており、特にいかに楽に寝返りが打てるか、という点に注力しています。

エアウィーヴのスタンダードモデルは布団の上に重ねて使えるオーバーレイタイプのマットレスパッドですが、畳に直接敷いても使うことができます。このあたりも日本での使い方が意識されていると感じられますね。

洗える「エアファイバー」でいつでも清潔

エアウィーヴは自社開発の「エアファイバー」を使用しています。90%以上が空気なので通気性がばつぐん、夏は涼しく、冬は暖かさを保つことができます。高温多湿の日本の夏にはぴったりの素材と言えるでしょう。

一般的にマットレスは水洗いができないものが多いのですが、エアウィーヴは水洗いができることも大きな特徴です。ファイバー素材ですので、生乾きなどの心配がなく、いつでも清潔な状態を保つことができます。

マニフレックスやエアウィーヴと比較されるモットンはどんなマットレス?

モットン 特徴

公式サイト:https://motton-japan.com/motton/

マニフレックスやエアウィーヴといった高反発マットレスを検討されている方は、インターネットの検索結果に「モットン」というマットレスが表示されるのではないでしょうか?モットンはどんなマットレスなのか見ていきましょう。

高反発マットレスの新興勢力

腰痛対策マットレスとして開発されたのがモットンです。2015年に福岡で設立された株式会社グリボーというベンチャー企業が開発、販売を行っています。マットレス業界の中でも新興勢力と言えるでしょう。自分に合った硬さが選べる、11年使用してもヘタりがわずか3.9%という耐久性などが特徴です。

90日間の返金保証

マットレスにしては珍しく90日間の返金保証がありますので、これまで1~2ヵ月でマットレスが合わないと感じてしまった方も気軽に試すことができますね。商品に自信がないとできないことだと思いますが、公式サイトでは2015年12月末の時点で3.7%の方から返品があった(https://motton-japan.com/contact/)ようで、多くの方は使い続けていることから満足度が高いのではないかと推測されます。

マニフレックス、エアウィーヴ、モットンのマットレスを比較してみた!

マットレス 比較

それぞれのブランドの特徴が分かったところで、さらに詳細を比較してみましょう!

マニフレックス、エアウィーヴ、モットンのマットレス比較表

マニフレックスエアウィーヴモットン
会社マニフレックス社株式会社エアウィーヴ株式会社グリボー
創業1962年2004年2015年
公式サイトhttps://www.magniflex.jp/products/category_mattress.html?sortBy=favor&sortOrder=ascendhttps://sleep.airweave.jp/https://motton-japan.com/motton/
素材独自開発のウレタンフォーム「エリオセル」独自開発の「エアファイバー」(ポリエチレン樹脂)高反発ウレタン
寝心地フィット感と適度な反発力寝返りが打ちやすい硬めの寝心地
洗濯××
製造イタリア日本日本
※以前は中国だったようですが、2019年から日本になりました。
販売ネット
店舗
ネット
店舗
ネット
返金保証なし30日間90日間
保証期間3年~15年3年なし
復元率記載なし表記なし96%
固さ70-200https://www.magniflex.jp/about/index.html#material記載なし100・140・170
体重によって目安がある
密度28-75kg/㎥記載なし
※ファイバーなので見極めることができない
31.1
種類30
マットレス16
三つ折りマットレス 8
フトン・レイ 8
17
マットレス 6
マットレスパッド 7
敷布団 4
1
シングル価格スーパーレイEX 41,800円(税抜)
https://www.magniflex.jp/products/0016.html

シングル:66,000円(税込)~
https://sleep.airweave.jp/category/MATTRESS_PAD/
シングル 税込み39,800円
厚さ6cm6cm10cm
重さ7kg7kgシングル約7.5kg
収納メッシュ・ウィングなら折りたたみOKマットレスパッド、敷布団は収納OK押し入れ収納OK
メリット世界最大の寝具ブランドという安心感
保証期間が長い
高級感、重厚感のあるデザイン
通気性がいい
水洗いができる
実店舗で試し寝ができる
硬さを3種類から選ぶことができる
90日間返金保証がある
日本人の体型に合わせて作られている
品質や耐久性の表示がある
デメリット不良品で無い限り返品ができない
イタリア製のため仕様の基準がイタリアである
熱に弱い
冬に寒いと感じる場合がある
品質保証がない
ネット販売のみなので試し寝ができない

それぞれどんな人におすすめ?

どれも高反発マットレスとして人気のブランドですからそれぞれの良さがあります。特にどんな方に向いているか特徴をあげてみましたので迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

  • マニフレックス
    フィット感や見た目の高級感を大切にしたい方、環境に配慮した製品をお望みの方はマニフレックスがおすすめです。マットレスタイプであれば10年保証がついていますので安心感がありますね。世界的な高級マットレスブランドですが、オーバーレイタイプのスーパーレイEXであれば4万円台から購入が可能です。
  • エアウィーヴ
    エアウィーヴは寝返りの打ちやすさを重視する方、暑がりの方におすすめです。水洗いができますので、マットレスを常に清潔に保ちたいと考えている方にもぴったりです。オーバーレイタイプなら6万円台から、マットレスも10万円程から購入が買うです。ちなみにふるさと納税の返礼品にもなっています。
    https://26p.jp/products?query=%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4&mopob=5288967
  • モットン
    モットンは腰痛持ちの方マットレスを長く試したい方に向いています。ウレタンのマットレスはヘタりやすいといわれていますが、モットンは耐久性についてもテスト結果を公開しているので長く使うことができそうですね。

枕も高反発がいい?

枕 高反発 比較

寝返りの打ちやすさから高反発マットレスをご検討の方は、枕も高反発がいいのでは?とお考えになるかと思います。マニフレックス、エアウィーヴ、モットン、どのブランドも高反発枕を販売していますので、それぞれどんな特徴があるのか見ていきましょう。

高反発枕の特徴、選び方

マットレス同様、高反発素材を使った枕は低反発に比べ首や肩へのフィット感は若干得にくいものの、寝返りが打ちやすいという特長があります。低反発枕に比べると、高反発枕のラインナップはまだ多くありませんが、肩こりや腰痛に悩んでいる方は試す価値があると言えます。

高反発枕を選ぶ際には、フィット感のあるもの、適切な高さのものを選びましょう。首と枕の間に隙間が空きすぎると、肩が緊張し、リラックスして眠ることができません。カッティングが工夫されているもの、調整用のシートがついている商品であれば、自分の好みのフィット感、高さを作ることができるでしょう。

マニフレックス、エアウィーヴ、モットンの枕比較表

マニフレックスエアウィーヴモットン
商品名ピロー グランデエアウィーヴ ピロー スタンダード高反発まくら「モットン」
旧: めりーさんの高反発枕
商品紹介ページhttps://www.magniflex.jp/products/0086.htmlhttps://sleep.airweave.jp/item/04011000.htmlhttps://motton-japan.com/mottonpillow/
価格(税込)18,783円15,180円17,800円
サイズ幅約70cm×長さ約45cm×高さ約12cm幅約56 × 長さ約40 × 高さ約7~11cm幅約55× 長さ約40 × 高さ約3~11cm
特徴頭を乗せる位置や方向を選ばないノンシェイプタイプ
コンパクトに収納できる

水洗いOK
高さ調整が可能
やわらかめ・かためから選べる
高さ調整が可能
返金保証なし30日90日
保証期間3年1年なし

どれも価格は同じくらいですね。サイズはイタリア製のマニフレックスのみやや幅が大きく作られています。高さ調節ができるのはエアウィーヴとモットンです。モットンは上下で高さが異なりますので、調整幅も3~11cmと広めに設計されています。返金保証や保証期間はそれぞれマットレスと同じように設定されています。

まとめ

ブランドの歴史の長短は違えど、独自開発の素材や特徴があり、なかなか一つに決めるのは難しいですね。硬さや密度の参考値をお伝えしましたが、体格や筋肉量によっては感じ方が違いますので、ショールームで実物を見ることができる場合は必ず試し寝をしてみてくださいね。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ