MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

折りたたみマットレスのおすすめ商品8選。長持ちさせるコツも紹介

折りたたみマットレスのおすすめ商品8選。長持ちさせるコツも紹介

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

折りたたみマットレスは、ベッドのような寝心地をコンパクトに実現できるアイテムです。ベッドを置くスペースを確保できない部屋でも使いやすく、スペースを広々と活用できます。折りたたみマットレスを選ぶポイントや、おすすめのアイテムをチェックしましょう。

目次

折りたたみマットレスとは

部屋を広々と使いたい人は、折りたためるタイプのマットレスの利用をおすすめします。折りたためるマットレスの基本情報を見ていきましょう。

コンパクトにたためるマットレス

折りたたみマットレスはコンパクトに折りたためるタイプのマットレスのことで、二つ折りや三つ折りなど、さまざまなタイプがあります。使わないときは押し入れやクローゼットなどの収納や、部屋の隅に置きやすいことが特徴です。

さまざまな素材やサイズがあり、寝るとき以外はソファのように活用できるタイプなど、種類が豊富です。ほとんどの場合、移動に適した重さを想定して作られているため、収納場所と寝る場所に多少の距離があっても使いやすいでしょう。

また、床に敷いていないとき壁に立てかけるなどして湿気を飛ばせるところも、使い勝手がよいポイントの1つです。

布団より厚みがあり快適

折りたたみマットレスと敷布団は何が違うのか疑問に思うかもしれません。主な違いは、その厚みです。

敷布団よりも折りたたみマットレスの方が厚みがあり、ふっくらとした寝心地が得られます。折りたたみマットレスのサイズや使い勝手はさまざまですが、クッション性に優れたものを使用すると、快適な睡眠を得やすいでしょう。

敷布団だけでは目覚めたときに体が痛くて辛い、という場合におすすめです。

また、マットレスを敷いた厚みの分、床からの距離ができるため冷えから体を守ってくれる効果も期待できます。

折りたたみマットレスのメリット・デメリット

折りたたみマットレスには多くのメリットがある一方で、デメリットも存在します。メリットだけでなくデメリットを知っておくと、最適なアイテムを選びやすくなるはずです。

折りたたみマットレスの使用を開始する前に、メリットやデメリットを確認しましょう。

省スペースで狭い部屋でも使える

折りたたみマットレスの大きなメリットの1つが、省スペースでもマットレスの使用を可能にしてくれるところです。ベッドを置く十分な広さが確保できない場合でも、快適な寝心地を追求できます。

メーカーによってサイズに若干の違いはあるものの、マットレスの長さは195cm程度で作られていることが多く、そのままのサイズでは置き場所に困ることがあります。

その点、折りたたみマットレスはたたんでコンパクトにすれば、部屋の隅にあっても圧迫感を感じにくいため、部屋を広く使いたいときにぴったりです。

使用しないときは収納しておけるので、友人や家族が泊まりに来たとき用の寝具としても活躍します。

通常のマットレスよりへたれやすい

へたったマットレスを使用し続けると、マットレスが本来持っている機能を十分に体感できません。

折りたたみマットレスは収納するたびに折りたたむ必要があるため、折りたたまれる部分が弱ってへたれやすくなってしまう点がデメリットです。

折りたためる構造になっている都合上、折りたためないタイプのマットレスに比べて薄いものも多く、全体的な耐久面にも不安があります。

通常のマットレスであっても寿命はあるので、へたってしまえば買い替えなければなりませんが、折りたためるタイプの方がより早く劣化しやすい点を押さえておきましょう。

寝心地のよいマットレスを選ぶには?

体格や体重には個人差があるため、どんなマットレスに寝心地のよさを感じるかは人それぞれです。快適に眠るには、できるだけ自分の体にあった折りたたみマットレスを選びましょう。寝心地のよいマットレスを選ぶポイントを紹介します。

寝姿勢をチェック

人間の体は立っているとき、背中から腰にかけて、ゆるやかなS字にカーブしています。横になったときもこのS字のカーブを崩さない姿勢をキープできると、体に負担がかかりにくいといわれているのです。

マットレスが硬すぎたり反対に柔らかすぎたりすると自然な寝姿勢を保ちづらくなり、睡眠不足や体の不調の原因となってしまうこともあります。

マットレスに横になったとき、反発しすぎず沈み込みすぎないものを選びましょう。

体圧分散ができるか

上手に体圧分散ができるかどうかは、寝心地に大きく関わります。体にかかる圧力を分散できないと一点に負担が集中し、目覚めたときに疲れがとれていないように感じたり、体が痛くなったりしがちです。

体の部位はそれぞれ重さが異なります。重い部分がどうしても沈み込みやすくなるため、重い部分を優しく受け止めながら程よく反発する素材でできたマットレスを選ぶことがポイントです。

柔らかすぎるマットレスは理想的な寝姿勢を乱してしまいますが、反対に硬すぎても体の重い部分に負担をかけやすくなることを押さえておきましょう。

折りたたみマットレス選びのポイント

折りたたみマットレスを初めて選ぶ場合、どんな点を重視すべきなのでしょうか?基本は通常のマットレスを選ぶときと同じですが、折りたたみマットレスだからこそ重視したいポイントもあります。

折りたたみマットレスを選ぶときに重要なポイントをまとめました。

利用人数に応じたサイズ選び

折りたたみマットレスを使用する人数は重要なポイントです。折りたたみマットレスのコンパクトさを活かすのであればシングルサイズの利用がおすすめですが、ゆとりが欲しい場合はセミダブルサイズを使用してもよいでしょう。

2人で同じマットレスに寝る場合、ダブルサイズの折りたたみマットレスを選ぶ方法がありますが、ダブルサイズの折りたたみマットレスは幅が広い分、かさばりやすい特徴があります。サイズが大きくなればなるほど重量が増し、移動も困難です。

2人でゆとりを持って寝たいときや、大人2人と子ども1人で利用する場合は、シングルサイズの折りたたみマットレスの2つを並べて使うと、十分なスペースを確保しやすくなります。

収納のしやすさ

収納する場所によって、折りたたみマットレスを選ぶ方法もあります。折りたたみマットレスのメリットはコンパクトに使用できる点なので、収納場所に見合わない大きさを選んでしまうとメリットが減ってしまうでしょう。

部屋をすっきりと見せたい場合、収納したいスペースのサイズに合う折りたたみマットレスを選ぶのがポイントです。

収納のしやすさは折り方によって変化し、折る回数が多いほど高さがアップします。『折りたたんだときの形状』を頭に入れて選びましょう。

最適な厚さかどうか

コンパクトさを重視した薄めのマットレスは、厚みのあるマットレスと比較して、やや硬めの寝心地です。体格や体重によっても寝心地が変化しますが、10cm程度の厚みがあった方が寝心地のよさを体感しやすいでしょう。

折りたたみマットレスの厚みがなさすぎると体圧を十分に分散できない可能性があるほか、早くへたってしまう原因にもなりかねません。

収納のしやすさなど薄めのマットレスにもメリットがあるため、自分がどのようなポイントを重視したいか考え、最適な厚みのマットレスを購入しましょう。

低反発か高反発か

折りたたみマットレスの素材も重要なポイントです。折りたたみマットレスによく利用されている低反発素材と高反発素材は、それぞれメリットやデメリットが違います。

低反発素材は体を包み込むように沈むため、フィット感がよく寝心地が柔らかいメリットがある一方で、寝返りが打ちづらいことがデメリットです。うまく寝返りが打てないと、目覚めたときに疲労を感じやすくなります。

高反発素材は復元力に優れた素材で、手で押すと素早く元の形に戻ることが特徴です。適度に反発するため寝返りが打ちやすいことがメリットですが、人によっては硬くて寝づらいと感じる点や、やや高額な商品が多いことがデメリットです。

折りたたみマットレスを長持ちさせるコツ

折りたたみマットレスは折りたたまない通常のマットレスよりも早く寿命を迎えやすいですが、こまめにお手入れをすると長持ちしやすくなります。折りたたみマットレスを長持ちさせるためのコツをまとめました。

定期的な掃除で衛生的に

マットレスは就寝中にかいた汗や湿気で湿った状態になりやすく、はがれ落ちた皮膚のかけらやホコリなどが付着しやすいため、定期的な掃除が必要です。

長期間、掃除をせずに放っておくとカビやダニが繁殖してしまうこともあります。マットレスの汚れはダニにとってごちそうです。また、ダニの死骸やフンはアレルギーの原因にもなるといわれているので、こまめに掃除をするにこしたことはありません。

定期的にマットレスの表面に掃除機やクリーナーなどをかけ、汚れをため込まないように注意しましょう。天地をひっくり返して使えるタイプの場合、片側だけが汚れないようにときどき上下を返すことをおすすめします。

月1~2回は陰干し

マットレスの衛生面を気にするのであれば、少なくとも月に1~2回程度は陰干しして湿気を取り除きましょう。天気のよい日に、風通しのよい日陰で干すと湿気を飛ばせます。

ベランダやバルコニーなどにマットレスを置くスペースが確保できない場合、窓をあけて風通しをよくした場所に立てかけておくだけでも構いません。

カビやダニは湿度が低い場所が苦手です。定期的に湿気を取り除くとカビやダニを寄せ付けにくい環境を作れます。湿気とりなどを利用する方法もありますが、より湿気を取り除くには収納場所から出して陰干しした方がよいでしょう。

天日干しや水洗いは避ける

マットレスの中には直射日光にあてると劣化する素材を使用しているものもあるため、強い日差しにさらされないよう太陽の位置に注意しながら干しましょう。

特に、『ウレタン』『ラテックス』『ウール』などが含まれているマットレスの場合、天日干しや水洗いが致命傷になってしまうことがあるのです。

ウレタンは日光にあてたり水を吸い込んだりすると強度が下がり、割れやひびの原因になります。誤って濡らしてしまった場合は、乾いた清潔な布を優しく押し当て水分を吸い取りましょう。

快適な寝心地をキープするには、正しく取り扱うことが大事です。

1万円以下のおすすめ折りたたみマットレス3選

高級なマットレスもありますが、1万円以下でも機能性に優れた折りたたみマットレスが豊富に見つかります。初めて購入するときに手を出しやすい、手ごろな価格帯のマットレスを3つ見ていきましょう。

ニトリ 3つ折り高反発マットレス 厚さ10cm

体が沈み込みすぎることがない、適度な硬さがある高反発ウレタンフォーム製のマットレスです。

10cmの厚みがあるため、床の硬さを感じにくく、体をしっかりとサポートしてくれます。床に直接敷いて使うだけでなくベッドにも対応できるようなサイズ設計なので、あらゆるニーズに対応しやすいマットレスです。

シングルサイズなので、1人で使うマットレスを探している人に向いています。

  • 商品名:3つ折り高反発マットレス 厚さ10cm(日本製)シングル
  • 公式サイト:商品ページ

アイリスプラザ 高反発マットレス

マットレスを手で押すとすぐに復元する、高反発な性質を持ったウレタンフォームのマットレスです。『やや硬め』『もっと硬め』の2種類の硬さから好みのタイプを選べます。

マットレスにはカバーがついており、メッシュ地とパイル地のリバーシブル仕様です。また洗濯が可能なので、清潔さを維持しやすいのも嬉しいポイントといえます。

シングル・セミダブル・ダブルと3つのサイズが用意されており、どれもが1万円以下なので、大きめサイズの折りたたみマットレスを安価で購入したいと考えている人にもよいでしょう。

持ち運びに便利なハンドルがついているため、移動をこまめにする人にも適したアイテムです。

  • 商品名:アイリスプラザ マットレス 高反発 10cm 三つ折り
  • Amazon:商品ページ

タンスのゲン 高反発マットレス

こちらのマットレスには消臭効果がある竹炭を練り込んであるため、寝具のにおいが気になる人におすすめです。

竹炭には吸湿や調湿の効果があり、こもりがちなにおいや湿気を軽減してくれる効果が期待できます。より湿度を減らしたい人は、さらにスノコなどを敷いてもよいでしょう。

また、ホルムアルデヒド量を0.008ppmにまで下げた商品なので、安全性にも配慮されています。

  • 商品名:タンスのゲン 高反発マットレス 三つ折り ブラック シングル 10cm
  • Amazon:商品ページ

寝心地快適なおすすめ折りたたみマットレス5選

各寝具メーカーで、高機能な折りたたみマットレスを展開しています。どんなものを購入したらよいか迷っている人向けに、さまざまなタイプの折りたたみマットレスの中から、おすすめのアイテムをピックアップしました。

無印良品 洗えるマットレス・固クッション

こちらは中材に体圧分散に優れたポリエチレン立体構造を使用した、折りたたみマットレスです。感じ方に個人差はありますが、適度な硬さがあるため寝返りを打ちやすく熟眠しやすい状態へ導いてくれるでしょう。

ポリエチレン立体構造は樹脂でできているため、シャワーをかけて水洗いができ、清潔感を保ちやすいです。

カバーはコットン製で、洗濯機で丸洗いできます。小さな子どもがいてマットレスを汚す可能性が高い場合や、衛生面を保ちたい人におすすめです。

  • 商品名:洗えるマットレス・固クッション・シングル
  • 公式サイト:商品ページ

フランスベッド ラクネスーパー プレミアム マットレス

金属製のスプリングが入った折りたたみマットレスです。詰め物にウレタンフォームやフェルトを使用し、肌あたりを調整しています。

通常のマットレスよりも柔軟性が高く、折りたたんで収納や持ち運びができるところが魅力です。敷布団のように折り目がないので、なめらかな寝心地を体感できます。

また、側面には通気孔が設けられているため、湿気を逃がしやすくい仕様です。折りたたみマットレスのコンパクトさと、スプリングマットレスならではの快適な寝心地の両方を追求したい人に適した商品といえます。

  • 商品名:フランスベッド ラクネスーパープレミアム セミシングル
  • 楽天:商品ページ

マニフレックス 三つ折り マットレス 高反発

マニフレックスはイタリアで生まれた総合寝具メーカーです。この商品にはマニフレックスが独自に開発した高反発素材『エリオセル』が使われています。

日本の暮らしに合うようにサイズ感などを調整した日本限定のマットレスなので、畳に敷いて使ったり、ベッドの枠に入れて使ったり、さまざまなニーズに適応しやすいのもポイントです。

独自の製法でへたりにくく、ドイツの工業規格『LGA-GERMANY』をクリアしています。高い耐久性が期待できる折りたたみマットレスを探している人におすすめです。

  • 商品名:マニフレックス 三つ折り マットレス 高反発 ミッドブルー シングル
  • Amazon:商品ページ

IKEA ラウドサンド 折りたたみマットレス

ポケットスプリングが採用された、体の動きにあわせて沈み込む構造のマットレスです。振動がまわりに伝わりにくいため、2人以上で同じマットレスを使う場合にも適しています。

また、マットレスを連結できる仕組みになっているので、シングルサイズを2つ並べて大きいサイズにするのもよいでしょう。

1人で使うマットレスを探している人から、家族で使うマットレスを探している人まで、どのような人数にも対応できるフレキシブルさが魅力の商品です。

  • 商品名:IKEA ラウドサンド 折りたたみマットレス
  • 公式サイト:商品ページ

GOKUMIN プレミアムハイブリッドマットレス

こちらは、低反発と高反発の2種類の素材を表裏一体にした、ハイブリッドタイプの折りたたみマットレスです。

部分的に低反発と高反発を入れ替えて使うこともでき、腰の部分だけを高反発にするというようにフレキシブルな使い方ができます

マット本体に竹炭が配合されているほか、カバーにも抗菌・防臭加工がされているところもポイントです。

  • 商品名:GOKUMIN マットレス 三つ折り プレミアムホワイト シングル
  • Amazon:商品ページ

まとめ

折りたたみマットレスはコンパクトに収納できるため、省スペースが可能になります。敷布団より厚みがあり体を支えてくれるところなどがメリットですが、通常のマットレスよりへたれやすい点がデメリットです。

折りたたみマットレスを選ぶときは使用する人数や収納のしやすさに加え、寝心地のよさにもこだわって選びましょう。柔らかい素材が好きな人は低反発、寝返りが打ちやすく硬めの寝心地を求める人は高反発がおすすめです。

1万円以下で入手できる比較的手ごろなものや、機能性にこだわった高級志向のものなど、さまざまなものがあるので好みのものを探しやすいでしょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ