MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

折りたたみマットレスの失敗しない選び方!使い方、種類、メリット、特徴を知っておこう

折りたたみマットレスの失敗しない選び方!使い方、種類、メリット、特徴を知っておこう

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

コンパクトに収納しておくことができる折りたたみのマットレス。低反発や高反発など素材もさまざまで大きさも豊富に揃っているので、自分のイメージに合った商品を見つけるのは難しいですよね。

それぞれのマットレスのメリットやデメリットを知り、購入する際の参考にしてみてください。

目次

折りたたみマットレスの使い方

折りたたみマットレス 使い方

一般的なマットレスは常に敷きっぱなしの状態になることが多いでしょう。折りたたみマットレスの特徴は、2つ折りや3つ折りになっていて、かんたんに折りたためるところです。コンパクトに持ち運びができ、使用しないときには収納しておくことができます。

日々の睡眠時以外でも、キャンプや車中泊といったアウトドアシーンに持っていったり、マットレスとして使用しないときはソファとして活用したりと大活躍です。

折りたたみマットレスの購入を検討する際には、事前に使用シーンをイメージしておくと失敗が少ないでしょう。

  • ベッドの上に敷いて使うのか、床に直接敷いて使うのか
  • コンパクト性や機能性など最重視したいポイントは何か
  • ソファとしても使いたいのか

自分がどのように折りたたみマットレスを使用したいのか、あらかじめ考えておくと良いでしょう。

折りたたみマットレスの種類・特徴

折りたたみマットレス 種類

折りたたみマットレスは種類が豊富で、サイズ展開も充実しています。どのようなものがあるのか知っておきましょう。

2つ折りマットレスの特徴

2つ折りマットレスは、折りたたみベッドの上に敷く場合におすすめです。折りたたみベッドの折り目は真ん中にあるため、マットレスも2つ折りのものだとベッドにフィットして使いやすいでしょう。敷いたままベッドを折ることができるので、そのまま収納が可能です。

3つ折りマットレスの特徴

3つ折りマットレスの一番の特徴は収納性に優れていること。収納のしやすさを考えて作られているマットレスなので、コンパクトにたためて出し入れもラクです。また、手軽に床置きのソファとして使うこともできるでしょう。

4つ折りマットレスの特徴

4つ折りマットレスには、均一型とソファ型の2種類があります。

均一型は、均一な幅で折り目がついています。折りたたみベッドの上に敷いて使用しやすく、コンパクトに収納できるという、2つ折りと3つ折りの特徴を併せ持っているものです。

ソファ型は、ソファとしても使用しやすいように肘の置き位置や背もたれ部分もなどが計算されて折り目がついているので、折り目の幅が均一ではありません。ものによって折り目の位置が異なるので、使用シーンに合ったものを選びましょう。収納する場合には、3つ折りマットレスと同じくらいの大きさになります。

5つ折りマットレスの特徴

5つ折りマットレスは最もコンパクトに収納できるマットレスです。狭い隙間にも入れておくことができるので空間を有効活用できて便利ですね。

折りたたみマットレスはシングルサイズしか販売されていないとお思いの方もいるのではないでしょうか?

シングルサイズが主流ではありますが、セミシングルやセミダブル、ダブルサイズが展開されている商品もあります。利用シーンや使用しているベッドサイズに合ったサイズを選択しましょう。

折りたたみマットレスのメリット

折りたたみマットレス メリット

折りたたみマットレスは人気がありますが、実際に使用した場合にどのような点で使いやすさや魅力を感じるのでしょうか。購入を悩んでいる方に、メリットを4点紹介します。

コンパクトに収納することができる

最大のメリットといえるのが収納のしやすさ。就寝時以外には、コンパクトに折りたたんでクローゼットや押入れの中にしまえます。クローゼットや押入れがない場合にも、部屋の端にたたんでおいたり、立てかけておいたりできます。部屋を広く使うことができ、空間を有効活用することができるでしょう。

持ち運びがかんたんで様々な場面で活躍

コンパクトにたたむことができるので、持ち運びも楽々です。別の部屋でマットレスを使いたいときや、キャンプや車中泊などアウトドアの場面で使用したいときにも、気軽にかんたんに持ち運ぶことができます。

当然ですが、テントや車の中でそのまま寝るよりも、マットレスを使用する方が寝心地も良くなります。中には洗えるタイプのものもありますので、万が一汚れてしまっても安心ですね。

コスパが良くお手入れも楽

折りたたみマットレスは、通常のマットレスと比較して1万円前後安いことが多く、コスパで考えても良好です。手頃な価格でマットレスを購入したい方、客用に予備のマットレスを準備しておきたい場合などに良いでしょう。

また、折りたたみマットレスはウレタンの素材で作られているものが多いので、敷きっぱなしのマットレスほど頻繁なお手入れは不要。できるだけお手入れの手間を省きたい方におすすめです。

お手入れの方法としては、定期的に掃除機をかける、飲み物や食べ物をこぼしてしまった時にはしっかりと拭きとって乾燥させる、カバーはこまめに交換する、天気の良い日に天日干しをするといったことが挙げられます。

ソファとしても代用可能

就寝時に使用するだけではなく、ソファとしても代用できるなど、機能性に優れたマットレスが増えてきています。

例えば1人暮らしをしていたり転勤が多い仕事をしていたりすると、部屋に広さがないためソファの購入を断念したという場合もあるのではないでしょうか。限られた部屋の空間を有効に活用していくためにも経済的にも、1つで2役をこなしてくれるマットレスがあると便利ですよね。

折りたたみマットレスを使用する上で気をつけたいこと

折りたたみマットレス 気をつけること

魅力的な面を多く兼ね備えている折りたたみマットレスですが、購入を検討する際に知っておくと役立つポイント、使用する上で気をつけたいポイントがあるので、紹介していきます。

薄さと品質によって床の硬さを感じる場合も

折りたたみマットレスは、厚さや品質もそれぞれ。品質が低くて薄いものを使用した場合には身体が沈み込みやすく、床の硬さが気になってしまうかも。腰や背中に大きな負担がかかるので、良質な睡眠をとることができなくなってしまうかもしれません。

マットのつなぎ目に違和感がある可能性も

折りたたみマットレスはコンパクトに折りたたむことができるというメリットがある一方で、つなぎ目部分に身体が沈みこみやすかったり、隙間が気になったりというデメリットがあります。

長い時間寝ていると、背中に多少の違和感があるかもしれません。特に2つ折りや均一型の4つ折りは真ん中につなぎ目があるため、背中や腰に違和感を覚えやすいでしょう。

つなぎ目の違和感を解消するには、敷きパッドやベッドパッドの使用がおすすめです。

敷きっぱなしにせずこまめにお手入れを

普通のマットレスとして使用して敷きっぱなしにしていることが多いと、湿気がこもってカビが生える原因になります。使用しない時間はたたんで立てかけるようにする、天気の良い日には天日干しをするなど、こまめなお手入れを意識することが大切です。

毎日の睡眠をサポートしてくれるものだからこそ、正しい知識を持ってお手入れをし、長持ちさせながら使っていきたいですね。

失敗しないために知っておきたい、折りたたみマットレスの選び方のポイント

折りたたみマットレス 選び方

折りたたみマットレスのメリットや気をつけたい点などを踏まえた上で、マットレス選びで失敗しないためのポイントを知っておきましょう。購入時にチェックしたい4つのポイントを紹介します。

良質な睡眠を得るための「厚さ」を

折りたたみマットレスを1枚で使用する場合には、腰や背中に負担をかけないためにも8~10cmほどの十分な厚さがあるものを選ぶと良いでしょう。敷布団などの上に敷く場合には、5cm程度のものがおすすめです。この厚さは床の硬さを感じることなく、良質な睡眠を得ることができるといわれています。

収納のしやすさを重視して薄いものを選んでしまうと、十分に満足のいく寝心地とならないこともあるので注意しましょう。

耐久性を重視するなら「高反発」

寝ている身体をしっかりと支えてくれる耐久性に優れたマットレスを選びたい時には、高反発のものがおすすめ。弾力があるので寝返りが打ちやすいというメリットも。おすすめの素材は、ウレタン素材とファイバー素材です。

ウレタン素材のものは、厚さ10cm程度で身体をしっかり支えてくれるので、折りたたみマットレス1枚で寝たい場合におすすめ。折りたたみしやすいので、収納性にも優れています。

ファイバー素材のものは、通気性が良いのが魅力。敷布団の上に敷いて使用する場合にも安心です。カバーを外せば、中身をそのままシャワーで洗うこともできます。

耐久性に優れているのかどうかの判断基準となるのが素材の密度です。密度は「D」と表記されているので、購入前に確認しておきましょう。一番売れているのは「30D」で、耐久性は5~10年程度といわれています。5~10年で買い替えるようにすると、カビや黄ばみなどの衛生面でも安心でしょう。

柔らかな寝心地や収納を重視するなら「低反発」

柔らかな感触を重視したい方は低反発のマットレスがおすすめ。高反発は弾力があるという特徴がありますが、低反発のものは反発が少なく柔らかな寝心地です。ただし、身体が沈み込みやすく中身がへたりやすいというデメリットもあります。

軽量で持ち運びがしやすいので、さまざまな場所に移動させて使いたいときや、普段はしまっていて必要なときだけ出すような使い方をしたい場合に便利でしょう。

機能性が高く、通気性の良いものを

お手入れのしやすさも重要なポイントとなります。カバーだけでなく中身の素材まで洗える商品もあるので、どの範囲まで水洗いができるのかを事前に確認しておくと良いですね。

寝ているときには、思っている以上に汗をかいているもの。特に夏場など大量の汗をかく時期にも衛生的に使用するためには、通気性の良さが重要です。洗った時のかわきの速さにも関係してくるので、湿気がこもりにくいものを選びましょう。

男性向けの商品に多いようですが、消臭や脱臭効果があるものも。より快適に眠れるでしょう。

マットレスの素材によって機能性も様々です。自分がどの点を重視するのかを明確にし、希望する機能性に優れたマットレスを選ぶと良いでしょう。

折りたたみマットレスの人気メーカー5選

折りたたみマットレス 人気メーカー

マットレスメーカーは数多くあり、コンセプトや特徴がそれぞれ異なります。多くあるメーカーの中から人気のメーカー5選と、特におすすめな商品を紹介します。

安心できる国産メーカー「フランスベッド」

「フランスベッド」という名前から海外メーカーと勘違いされている方も多いようですが、1949年に創業した日本のメーカーです。通気性が良い内部構造の「高密度連続スプリング」が特徴。フランスベッドはこのライセンスを国内で唯一持っています。

高温多湿な日本の気候に適し、日本人の身体に合ったマットレスを提供しているので、最高のマットレスに出会うことができるかも!

収納力も耐久性も抜群:フォールドエア 3つ折り軽量マットレス

「フォールドエア 3つ折り軽量マットレス」は、つなぎ目がないタイプの折りたたみマットレス11cmの厚手マットレスですが、バンドでコンパクトに折りたたむことができ、収納力に優れています。寝心地や耐久性も抜群なので、普段使いはもちろんのこと客用としても喜ばれるでしょう。

フォールドエアー 折りたたみマットレス - フランスベッドショップ通販:フレーム・マットレス・ソファーベッド
フォールドエアー 折りたたみマットレス - フランスベッドショップ通販:フレーム・マットレス・ソファーベ...
フォールドエアー 折りたたみマットレス - フランスベッドショップ通販:フレーム・マットレス・ソファーベ...フランスベッドの新型折りたたみマットレス「フォールドエアー」FD-W01  スプリングタイプの三つ折りマットレスで敷布団がベッドの寝心地になる薄型マットレス。2段ベッ...

450年もの歴史を誇る「東京西川」

「東京西川」は、1566年創業で約450年もの歴史を持つ人気の国産メーカーです。さまざまなシリーズを展開していてファンが多いメーカーですが、特に日本を代表するアスリートにも支持されている「エアーシリーズ」が有名でしょう。全てのシリーズに共通する特徴として、十分な厚みがある商品が多い印象です。

良質な睡眠をサポート:マットレスSAシリーズ

「マットレスSAシリーズ」は、3つ折りタイプの折りたたみマットレス。表面が凹凸構造になっているので体圧を分散してくれ、快適な睡眠を得ることができると人気の商品です。圧迫感が少なく、身体のラインに合う作りです。9mmの厚さで、肩こりや腰痛を持っている方でも安心して気持ちよく眠れるのではないでしょうか。

あわせて読みたい
マットレス SA/SG|& Free|西川公式サイト
マットレス SA/SG|& Free|西川公式サイト西川が提案する新しい睡眠と寝具のかたち「&Free」の商品紹介ページです。

種類が豊富「エムリリー」

「エムリリー」は、世界的にも有名なサッカーチーム「マンチェスター・ユナイテッド」の公式寝具サポーターとしても有名な、デンマーク発の人気メーカーです。メーカー独自に開発した「優反発」という素材を使用しているのが特徴。湿気が溜まりづらいのでカビが生えにくいという点は、使っていく上で嬉しいポイントですよね。

体圧分散にも優れているので、負担が身体の一点に集中することなく、快適に休めることができます。肩こりや腰痛持ちの方にもおすすめです。

一番人気:優反発シリーズ

「眠りが浅くて夜中頻回に目を覚ます・朝起きると肩が痛い」など睡眠時の悩みは多いもの。そのような悩みに寄り添って、より良い寝姿勢を保つことができるのが優反発のマットレスシリーズです。折りたたみは3つ折りタイプで、厚さは8cmです。

体型や寝る姿勢を問わず、身体へのフィット感があり、寝心地が抜群。反発力も兼ね備えていて、寝返りがしやすいと好評です。身体に負担をかけることなくゆっくりと休むことができるでしょう。

腰痛や肩こり対策の安眠マットレス・枕 -TO BEST ショップ
優反発&高反発マットレストッパー|エムリリーマットレス公式通販サイト
優反発&高反発マットレストッパー|エムリリーマットレス公式通販サイト高反発マットレスならエムリリーマットレス。優反発&高反発の二層構造でトッパー・マットレス・三つ折りのラインナップ。エムリリーマットレス公式通販サイト

アスリートも愛用している「マニフレックス」

世界で最も知名度があるメーカーといっても良いほど人気の「マニフレックス」。約90か国の国々で利用されていて、多くのアスリートも愛用しています。特に高反発のマットレスのラインナップが豊富なので、身体をしっかりと支えてくれるマットレスをお探しの方におすすめです。

通気性の良い:メッシュウィング

「メッシュウィング」はメッシュ素材になっているので、通気性が良く湿気や汗が溜まりにくい仕様です。サラサラしている触り心地で、暑さが厳しい時期などでも寝心地が抜群。11cmの厚さがあるので、床付き感も感じにくいでしょう。

シングルからクイーンまでサイズのラインナップが豊富なので、シングル以外のサイズの寝やすい折りたたみマットレスをお探しの方にもおすすめです。

あわせて読みたい
メッシュ・ウィング - マニフレックス公式サイト一番売れているマニフレックスの三つ折りマットレス メッシュ・ウィング。10年保証付き、持ち手が付いて持ち運びもできるロングヒット商品。腰痛・肩こり改善に是非一度お...

日本人体型に合った商品が充実「エアウィーヴ」

「エアウィーヴ」は、実際に購入して使用した方からのクチコミが多い人気の国産メーカーです。日本人の体型に合ったマットレスであること、花粉やハウスダストといったアレルギー予防ともなる通気性に優れていることが特徴として挙げられます。

季節を問わず大活躍:エアウィーヴスマート025

「エアウィーヴスマート025」は、つなぎ目がないタイプ。普段使用している敷布団に一枚重ねるだけで寝心地がワンランク上に。厚さが3.5cmと薄く、折りたたんだり丸めて巻いたりすることができるので収納にも困りません。睡眠時の寝返りをラクに打つことができ、夏は涼しく冬は暖かいという魅力的なマットレスです。

エアウィーヴ オンラインショップ
エアウィーヴ スマート 025 シングル
エアウィーヴ スマート 025 シングルエアウィーヴ スマート 025 シングルは今お使いのベッドやマットレス、敷布団などの寝具の上に重ねるだけで快適な眠りにグレードアップします。airweave(エアウィーヴ)公式...

まとめ|快眠できるマットレスを見つけよう

マットレスは人によって好みが大きく分かれるものです。使用人数や部屋の広さ、使用する人の体格などによっても選択肢が異なりますね。

自分に合わない寝具を選ぶと、寝ている間に逆に身体が疲れてしまい、肩こりや腰痛の原因になってしまうこともあります。寝具を自分に合ったものにすることで睡眠の質が改善していきます。

敷きっぱなしの通常のマットレスにも、つなぎ目を感じずに安心して寝ることができるなどメリットは多くあります。しかし、収納性や持ち運びのしやすさを重視するなら、折りたたみマットレスがおすすめです。

様々な視点からどのような折りたたみマットレスが自分に合っているかを考えて、快適に寝られる折りたたみマットレスを探してみてくださいね。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ