MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

ベッドのカビを対処する方法!カビ予防やおすすめ商品も紹介

ベッドのカビを対処する方法!カビ予防やおすすめ商品も紹介

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

ベッドの周辺を整理している最中にカビを発見し、困った経験のある人も多いでしょう。ベッドはカビが生えやすいため、正しい対策を施すことが大事です。カビを見つけた際の除去方法や、カビの発生を抑える予防策を紹介します。

目次

ベッドにカビが生えるのはなぜ?

ベッドは、カビが発生する条件が整いやすい環境です。カビが生える原因や、カビにより引き起こされる問題などを確認しておきましょう。

寝汗や湿度が主な原因

湿度・温度・養分の3要素が、カビが生えやすくなる条件です。カビにとって適した湿度は65%以上温度は20~25℃といわれています。

ベッドにカビが生える場合、湿度の主な原因は寝汗です。大人は寝ている間にコップ約1杯分の汗をかくとされており、マットレスなどに寝汗から出る湿気がたまります。

さらに、マットレスは寝ている人の体温で温められるため、温度もカビが生えやすい適温まで達するのです。

寝ている間に人から出る髪の毛や皮脂は、カビの養分になります。マットレスやベッドに存在するホコリも、カビの養分です。

このように、ベッドはカビが生える条件が整いやすいことがわかります。

カビだらけはアレルギーの原因に

カビには多くの種類があり、全てのカビに害があるわけではありません。また、カビは空気中にも漂っており、人は生活する中で自然にカビを吸い込んでいます。

健康な人をはじめ、ほとんどの人はカビを吸っても体に異変は起こりにくいとされていますが、人によってはカビがアレルギーの原因になりかねません

カビはダニのえさになることから、カビだらけの環境はダニの増殖を促すことにも注意が必要です。

1度カビが生えてしまうと、放っておいても消えにくいため、カビを発見したりカビ臭さを感じたりした場合は、原因を絶つ処置を施すことが重要です。

周囲に広がる可能性も

カビをそのままにしておくと、周囲に広がってしまう恐れがあります。ベッドで発生したカビがフローリングに移った場合、拭いてもなかなか落ちません。

シミとして残ったり、見てわかるほど白っぽくなったりすることもあるでしょう。このような状態になると、フローリングを張り替えなければ元に戻せなくなります。

特に、賃貸住宅の場合は、退去時のクリーニング代としてフローリングの張り替え費用を請求される可能性もあります。

6畳1間の張り替えで10万円を超える可能性もあり、決して安い費用とはいえません。フローリングにカビを移さないためにも、ベッドのカビ対策は大事です。

すのこベッドのカビ取り方法は?

すのこベッドは、上に置くマットレスなどの通気性を確保しやすいため、ベッド自体にもカビが生えにくいと思われがちです。

しかし、木製ということもあり、条件がそろえば普通にカビが生えてしまいます。すのこベッドのカビ取り方法を、程度別に紹介します。

目立つ部分がなければ陰干し

すのこベッドに生えたカビは、陰干しすることで死滅します。外から見て目立つような部分に黒い斑点がない場合は、陰干しでカビを死滅させておきましょう。

すのこは木製であるため、直射日光に長時間当て続けると、ひび割れや変色を起こす恐れがあります。晴れた日に風通しのよい場所で陰干ししましょう。

カビによる黒っぽい斑点が気になる場合には、次で紹介している方法で掃除します。雑巾で拭き取れば取れる程度のカビであれば、陰干しだけでも十分な効果が得られるかもしれません。

気になる部分はアルコールで

目立つ部分にカビが生えてしまった場合は、アルコールを使って除去できる可能性があります。市販のアルコール除菌スプレー・ティッシュ・ゴミ袋を用意しましょう。

拭き取り作業を行う前に、カビが広がるのを抑える意味で、周囲にある物を移動させておく必要があります。

アルコールを含ませたティッシュで、カビが取れるまで拭き取りましょう。同じティッシュを長く使わずに、どんどん捨てて新しいティッシュを使用します。

カビに直接スプレーをかけると、スプレーの勢いでカビの胞子が舞ってしまう恐れがあるため、ティッシュのみで拭き取るようにしましょう。

拭き終えたら室内を1~2時間程度換気し、しっかりと乾燥させれば完了です。

頑固なカビや跡は漂白剤

アルコールでも拭き取れないような頑固なカビは、漂白剤を試すのも1つの方法です。なかなか落ちない黒い斑点も、きれいに拭き取れる可能性があります。

使用する漂白剤は、塩素系がおすすめです。スーパーの食器用洗剤コーナーなどに、市販品として販売されています。

落としたいカビに塩素系漂白剤をつけ、数分間放置した後、水で絞った雑巾を使ってしっかりと拭き取りましょう。

漂白剤を使用する場合は、すのこベッドの色落ちに注意が必要です。目立たない部分に漂白剤をつけるなどして、色落ちしないか事前に確認しておきましょう。

マットレスのカビ取り方法は?

マットレスを長期間敷きっ放しにしていたり、お手入れがおろそかになっていたりすると、カビが生えやすくなります。マットレスのカビを取る方法を覚えておきましょう。

アルコールで除去

マットレスのカビ取りには、消毒用エタノールの使用が効果的です。市販のエタノールには無水エタノールもあるため、間違えないように消毒用を購入しましょう。

最初にキッチンペーパーでカビを拭き取り、スプレーボトルに移し変えたエタノールをカビの部分に拭きかけ、約1時間放置します。

その後、お湯に浸したタオルで、こするのではなく軽く叩くように拭き取りましょう。拭き取った後、風通しのよい場所で陰干しすれば完了です。

アルコールには漂白作用がないため、カビによる黒い斑点は消えません。あくまでも、カビを除去するだけの方法です。

カビ除去スプレーで除去

マットレスのカビ取りには、市販のカビ除去スプレーも使用できます。スプレーを吹きかけるだけのかんたんな作業で済むため、手間をかけたくない場合におすすめです。

カビ除去スプレーの使い方は、カビの部分にスプレーを拭きかけ、乾くまで放置するだけです。1回のスプレーで落ちない場合は、何度か繰り返してみましょう。

エタノールと違い、カビ除去スプレーを使うと、マットレスも色落ちする恐れがあります。裏側など目立たない部分に少量吹きかけ、色落ちしないか事前に確認しましょう。

クリーニング業者に依頼する

頑固なカビを自分で除去できなかった場合や、色落ちなどに不安を感じる場合は、クリーニング業者への依頼もおすすめです。

カビ取り専門の業者なら、マットレスのカビ除去を依頼できます。出張サービスを展開している業者に頼めば、マットレスを配送する手間や送料もかかりません。

費用はかかりますが、高確率でカビを落とせる上、自分で除去作業を行う手間も省けます。業者へのカビ除去依頼に関しては、次項で詳しく解説します。

クリーニング業者に頼むメリットや注意点

マットレスのカビが頑固な場合は、専門のクリーニング業者に頼むのも1つの方法です。業者を利用するメリットや注意点を解説します。

カビだけでなく、さまざまな汚れに対応

クリーニング業者は、カビだけでなく、マットレスのダニ・汗・おねしょなどが原因の汚れも、きれいにクリーニングしてもらえます。

実際に業者へ依頼する場合は、マットレスのカビ取りに対応してくれる業者をいくつか選定し、見積もり依頼と日程調整を行いましょう。

おおまかな作業工程は、どの業者も基本的に同じです。最初にマットレス表面のホコリなどを吸引機で除去し、次にバキュームなどで洗浄や汚水吸収を実施します。

洗浄後は、専用の乾燥機を使用し、しっかりと乾燥を行います。オプションにより、使用する薬剤を変えたり、防カビ加工を施してくれたりする場合もあるでしょう。

対応可能なマットレスに注意

マットレスは、使用している素材などにより、さまざまな種類があります。マットレスの種類によっては、クリーニングできないこともあるため注意が必要です。

ポケットコイルやボンネルコイルといったスプリングタイプのマットレスは、基本的にクリーニングしてもらえます。しかし、高反発・低反発ウレタンやラテックスを使用しているマットレスは、水に濡れると劣化が進む恐れがあるため、クリーニングに対応していない場合もあります。

ただし、クリーニング方法が高温スチームではない業者の場合は、高反発ウレタンのクリーニングに対応してもらえるかもしれません。

自分が使っているマットレスの種類を調べ、対応可能か事前に確認しておきましょう。

費用の相場

マットレスをクリーニングしてもらう場合の費用は、マットレスのサイズが大きくなるにつれて高くなります

シングルサイズのマットレスは、約8,000~1万5,000円が相場の目安です。クイーンやキングほどのサイズになると、相場の目安は約1万~2万円まで上がります。

この価格は、片面のみクリーニングしてもらう場合の価格です。裏表両面をクリーニングしてもらう場合は、1.5~2倍程度の価格になるでしょう。

マットレス全体にカビが見られるケースだけでなく、おねしょなどの汚れがマットレスの内部にまで浸透している場合でも、両面クリーニングがおすすめです。

予防としてのカビ対策

日頃からカビ予防を意識しておけば、カビの発生を極力抑えられるでしょう。予防効果が期待できるカビ対策を紹介します。

換気や乾燥

カビが生える原因となる湿度やホコリを抑えるために、こまめな換気を心がけましょう。部屋を閉め切ったままの状態では、湿度が上がりやすくなり、ホコリも増えやすくなります。

窓を開けられない場合は、エアコンの除湿機能や空気清浄機などを使用し、空気の浄化を試みることが大事です。

また、カビは乾燥した状態に弱いため、できるだけ空気を乾燥させるよう意識しましょう。エアコンや空気清浄機がない場合は、除湿シートや新聞紙に湿気を吸わせるのも効果的です。

寒い時期に使用する、ガスや石油の暖房によっても、部屋の湿度は上昇します。日が当たらない部屋も湿度が上がりやすいため、こまめな換気が必要です。

汗や湿気への対策

寝汗をかきやすい場合や、湿気がこもりやすい部屋でベッドを使用する場合は、マットレスに湿気がたまり、カビが生まれやすくなります。

吸湿性の高い敷きパッドやシーツをマットレスの上に敷くなどして、マットレスをできるだけ湿気から守る工夫を施しましょう

敷きパッドは、吸湿性を重視したものと、寝心地を重視したものの2種類に大きく分けられます。カビ対策として使用する場合は、吸湿性の高い商品を選ぶのがおすすめです。

敷きパッドとシーツは、マットレスの上にシートを敷き、1番上に敷きパッドを敷くのが基本の使い方です。しかし、用途によってはシーツの下にペッドパッドを敷くのもよいかもしれません。

寝具を清潔に保つ

湿気対策としてパッドやシーツを使用しても、敷きっ放しの状態が長く続くと、湿気が発散されずにカビが発生しやすくなります。

パッドやシーツはこまめに取り外し、干したり洗ったりして常に清潔な状態を保つよう心がけることが重要です。

カビ対策でパッドやシーツを購入する際は、水洗い可能な商品を選びましょう。薄手の商品や洗濯機で洗える商品なら、お手入れがより楽になります。

洗濯が面倒な場合でも、こまめに干すだけで十分なカビ対策になるでしょう。こまめなケアが重要なので、楽にできる方法を頻繁に行うのがポイントといえます。

買い替えの目安

マットレスにカビが生えてきたら、買い替えを検討するのも1つの手です。一般的なベッドの寿命についても、併せて解説します。

マット内部や広範囲にカビが広がっている

マットレスのカバーにのみカビが生えてきた場合は、前述した方法で除去したり、業者にクリーニングを依頼したりすれば、継続して使用できるでしょう。

しかし、内部の素材にまでカビの発生が確認できるようなケースでは、業者でもカビの除去は困難です。

マットレスの表面全体にカビが発生している場合も、除去を試みるより、買い替えを検討した方がよいでしょう。

カビは、完全に除去しきれないことが多く、クリーニングを依頼しても元通りになるとは限りません。さらに広がってしまう前に、早めの交換をおすすめします。

マットやフレームの一般的な寿命

一般的に、マットレスの寿命は5~10年程度が目安とされています。マットレスの品質やお手入れ状況がよければ、10年以上使用できる場合もあるでしょう。

ベッドフレームの寿命は、10年前後が目安といわれていますが、きしむ音や亀裂があるような場合は、買い替えを検討する必要があります。

マットレスやフレームにカビが生えてきた場合、それぞれの寿命に近い時期であれば、カビの発生を機に買い替えを検討してもよいかもしれません。

カビにくいベッドの選び方

カビの発生をきっかけにベッドを買い替える場合、同じ環境で使用すると再びカビが発生する可能性が高いため、カビにくいベッドを購入するのがおすすめです。

豊富な種類があるベッドの中から、カビが生えにくいタイプを紹介します。

天板がすのこ状になっている

木製ベッドの中でもカビにくい種類として、すのこベッドがおすすめです。天板がすのこ状になっており、マットレス・フレーム共に空気と触れやすい設計で作られています。

天板がフラットなベッドは、マットレスの裏面と天板の間に隙間ができないため、湿気を逃がしにくいことがデメリットです。

しかし、すのこベッドなら、天板の隙間から空気に触れたり湿気を逃がしたりできるため、カビが生えにくくなります。

ただし、すのこ部分以外は、一般的なベッドと大きな違いはありません。すのこベッドを使用する場合でも、日頃からのお手入れは重要です。

金属や樹脂のベッドフレーム

木材などの天然素材と違い、金属や樹脂といった非天然素材なら、カビが生えることはありません

ベッドフレームのカビ対策として、金属や樹脂を素材に使用したベッドを選べば、フレームにカビが生える心配はなくなります。

しかし、フレームが金属や樹脂で作られていても、マットレスに関してはカビ対策のお手入れが必要です。

ベッド下やマットレスの通気性

ベッド下の空間は、収納スペースとして有効活用できます。しかし、ベッド下に物があると熱気がこもりやすくなり、フレームやマットレスにカビが生えやすくなるでしょう。

湿気対策を考慮するなら、ベッド下に物を置かない方法も効果的です。床からの高さがあるベッドなら、通気性のよいスペースをより広く確保できるでしょう。

マットレスのカビ対策には、通気性が高い商品を選ぶのもおすすめです。スプリングタイプの中でも、高密度連続スプリングマットレスなら、高い通気性を確保できます

ウレタンや樹脂素材タイプでは、樹脂素材の高反発マットレスや、ポリエチレンでできた高反発ファイバー素材が、通気性に優れています。

まとめ

ベッドにカビが生えるのは、寝汗などの湿気が主な原因です。カビは自分でも除去できる可能性がありますが、頑固なカビの場合、クリーニング業者へ依頼する方が確実にきれいになります。

また、現在はカビが生えていなくても、お手入れをサボれば、明日は我が身です。カビを予防するには、こまめな換気やお手入れを心がける必要があります。

適度に掃除・洗濯を行い、清潔な環境を維持できるように努めましょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ