MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

高級マットレス、シモンズとフランスベッドはどんなところがすごい?

高級マットレス、シモンズとフランスベッドはどんなところがすごい?

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

高級マットレスと言えばシモンズやフランスベットといったブランドを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?そもそも高級マットレスは普通のマットレスと比べてどんなところが優れているのか、それぞれどんな人に向いているマットレスなのか、みていきましょう。

目次

高級マットレスは何が普通のマットレスと違うの?

高級マットレス 違い

高級マットレスはブランド力もさることながら、こだわりの素材や製法をとっているため高価になっているといえます。一般的なマットレスとは何が違うのか見ていきましょう。


高級マットレスのメリット

耐久性が高い

高級マットレスはコイルマットレス(スプリングマットレスともいわれます)が多く、素材の特徴からも耐久性が高いものが多くあります。コイルマットレスにはボンネルコイル、ポケットコイルマットレス、高密度連続スプリングがありますが、高級マットレスではポケットコイルまたは高密連続スプリングが使われている場合が多いようです。

ポケットコイルはコイルスプリングが1つ1つ独立しており、点で身体を支えるイメージで日本人好みの寝心地と言えるでしょう。高密度連続スプリングは1本の硬鋼線を編み込んで作るタイプで最も耐久性が高いといわれてます。

腰痛悪化を防いでくれる

柔らかすぎるマットレスや、ヘタりのあるマットレスで寝ていると、腰など体重の負荷がかかる部分が沈みすぎて腰痛を悪化させてしまう可能性があります。高級マットレスでは、ヘタりにくさはもちろん、研究された耐圧分散力が備わっています。

湿気をためにくい構造

高温多湿の日本では、マットレスのヘタりの原因にもなる湿気は大敵です。素材ではウレタンよりもコイルマットレスの方が湿気をためにくい構造になっています。また、防ダニ、防カビ加工がされているものも多いので、快適に使うことができるでしょう。

高級マットレスにはどんなブランドがある?

何をもって高級マットレスと呼ぶかという定義はありませんが、10万円以上になってくると高級と呼ばれることが多いように思います。こうした高級マットレスにはシモンズ、フランスベッド以外にも次のようなブランドがあります。

■海外ブランド
Serta(サータ)  https://www.serta-japan.jp/mattress/
2011年から8年連続で全米売上No.1を誇るマットレスとして有名なサータは、アメリカのブランドです。全世界で数多くの高級ホテルに採用されています。

Sealy(シーリー) https://sealy-jp.com/
1881年に誕生したアメリカの歴史あるブランドです。ラグジュアリー感のあるマットレスが特徴です。

TEMPUR®︎ (テンピュール®) https://jp.tempur.com/
NASA公認の素材を使用し、低反発マットレスを一躍有名にしたアメリカのブランドです。

マニフレックス https://www.magniflex.jp/
高反発マットレスが有名なイタリアのブランドです。マットレスの保証としては最長ともいわれる15年保証からも自信のほどがうかがえます。

■日本ブランド
日本ベッド https://www.nihonbed.com/
1926年創業の国内マットレスのパイオニアメーカーです。日本人の体や日本の気候に合うマットレスづくりを目指しています。

エアウィーヴ https://airweave.jp/
浅田真央さんの広告でおなじみのエアウィーヴは洗える高反発ファイバーを使用したマットレスが特徴です。

シモンズのマットレスの特徴

シモンズ マットレス 特徴

高級ホテルへの導入実績豊富な老舗

シモンズは1870年にアメリカで誕生したベッドメーカーです。実際にホテルでシモンズのマットレスを見たことがある方も多いと思います。本国アメリカだけでなく、日本でもウェスティンホテル東京や帝国ホテル東京など高級ホテルへの導入実績が豊富なブランドです。


フィット感のあるポケットコイルが特徴

シモンズはポケットコイルを開発した会社としても有名で、人間のあらゆる感覚を数値化するなど、睡眠科学を取り入れた商品開発を行っています。ポケットコイルは点で身体を支える仕組みになっているので、自然で快適な寝姿勢を保つことができます。

ボーリングのピンを並べたマットレスにボーリングのボールを落としてもピンが1本も倒れない、という広告はとても印象的ですよね。それほど1カ所の振動が他に響かない構造になっているということです。

https://www.simmons.co.jp/philosophy/quality

意外かもしれませんが、日本で販売されているシモンズのマットレスは日本国内で製造されているんですよ!

フランスベッドのマットレスの特徴

フランスベッド マットレス 特徴

日本人が好むベッドを追求する国産ベッドメーカー

フランスベッドという名前からフランスのメーカーと思う方も多いと思うのですが、実はフランスベッドは日本のメーカーです。1949年に創業してから、日本人が作る、日本人のためのベッドづくりを続けています。マットレスだけでなくフレームなども日本国内生産にこだわる徹底ぶりで日本ベッドメーカーのパイオニアと言える存在です。

通気性のよい高密度連続スプリングマットレスが特徴

フランスベッドの特徴は何といっても、高密度連続スプリングマットレスです。ボンネルコイルの通気性と、ポケットコイルの耐圧分散力というそれぞれのいいところを掛け合わせたのが高密度連続スプリングです。日本ではフランスベッドのみ製造することができます。

適度な反発力がありながらも、マットレス内部に不織布などを使っていないので通気性が抜群。梅雨から夏にかけて高温多湿の時期がある日本にピッタリの仕様になっています。こちらもその快適さ、寝心地の良さからホテルオークラやウェスティンホテル東京など高級ホテルに導入されています。

シモンズとフランスベッド、それぞれどんな人に合いそう?

シモンズとフランスベッド 合う人

シモンズとフランスベッド、どちらもこだわりのコイルを使った高級マットレスですが、それぞれどんな人に向いているのでしょうか?比較してみていきましょう。

シモンズとフランスベッド比較表

シモンズフランスベッド
創業1870年1949年
生産国日本
※日本国内で販売されているもの
日本
マットレスの種類ポケットコイル高密度連続スプリング
寝心地身体に合わせてフィットしっかりとした寝心地
通気性
耐圧分散性
耐久性
耐用年数10年https://www.simmons.co.jp/company/inquiry10年https://www.facebook.com/francebed/posts/309605552402008/
料金ビューティレスト セレクション 126,500円
ゴールデンバリュー 167,400円
アルティメイトピロートップ 682,000円
LT-300N(シングル) 82,500円
LT-500N AS(シングル) 110,000円
TD-SLK(シングル)550,000円
保証期間商品到着から2年間購入から2年間
※一部商品は1年間
返金保証なしなし

マットレスの種類は違えど、さすが高級マットレスだけあって2社ともに通気性や耐久性などへの工夫があり、甲乙つけがたい高い評価ができると言えます。マットレスが生産されているのもどちらも日本ですから、安心ができますね。

保証期間も購入時か到着時かの違いはありますが、2年間でほぼ同じです。一部のマットレスでは30日間返金保証、といった実際に寝てみて試すことができる期間を設けているものもありますが、シモンズ、フランスベッド共にそういった期間はありません。実際のショールームで試すことが大切ですね。

価格については購入しやすいエントリーモデルと人気シリーズ、最高級シリーズの価格をそれぞれ記載しました。価格ではフランスベッドの方がややリーズナブルなようですが、それでも高級マットレスといわれる価格になっています。

シモンズは柔らかくて包み込まれる寝心地が好きな人

日本で発売されているシモンズのマットレスは、日本人好みのしっかりした寝心地が多いのですが、ポケットコイルの点で支えるという特性上、包み込まれるような寝心地も感じられますので、やわらかい寝心地が好きな方に向いていると言えます。

何といっても世界的に有名なシモンズのベッドですから、こういった高級感を味わいたい、予算にとらわれず寝心地で選びたいという方に向いているでしょう。

フランスベッドは寝返りのしやすさ、腰に痛みのある人

フランスベッドは日本のメーカーだけあって、日本の気候に合わせたマットレスづくりがされていると言えます。通気性が良いので汗っかきの方、暑がりの方に向いていると言えるでしょう。高密度連続スプリングマットレスの特徴として、身体を面で支えるので寝返りがしやすく、体格のよい方、筋肉量の多い方に好評なようです。

マットレスの選び方のポイント

マットレス 選び方

ここまでシモンズとフランスベッドの比較を紹介してきましたので、それぞれのこだわり、特徴が分かったかと思います。それでは最後に改めて、マットレスを選ぶ際のポイントを振り返ってみましょう。

1、寝心地

まずは何といっても寝心地です。筋肉量や好みの違いがありますから、固い・柔らかいなどのマットレスの特徴と全く同じように寝心地を感じられるわけではありません。ショールームなどで実際に寝てみて、自分好みの寝心地か確かめましょう

気を付けたいのが、腰が沈みすぎていないか、または、腰が浮きすぎていないかという点です。仰向けに寝て腰とマットレスの間に2~3cm隙間ができるのが理想といわれています。ショールームでは寝姿勢を図ってくれる場合もありますから、ぜひ試してみましょう。

2、寝返りのしやすさ

寝返りのしやすさも重要なポイントです。マットレスが柔らかすぎると寝返りを打つ時に必要以上に力が必要になり、快適な睡眠を妨げる原因となります。程よい弾力性を感じるマットレスを選びましょう

3、通気性

マットレスの中の素材に注目して、通気性がよいかどうか確認しましょう。日本の梅雨や夏は湿度が高まり、マットレスの内部に湿気がたまり、ヘタりの原因となります。また通気性の悪いマットレスに寝ていると、ムレを感じ、眠りが浅く感じられますので快眠のためにも通気性は重要です。

まとめ

シモンズとフランスベッド、どちらのマットレスも耐圧分散性や通気性、耐久性は、さすが高級マットレスと呼ばれるだけあって高品質と言えます。マットレスの選び方でもお伝えしたように、体格や筋肉量によって寝心地の感じ方が変わりますので、ショールームでの試し寝は欠かせません。

素材やブランドに注目するだけでなく、実際に5分ほど寝てみて、身体が沈みすぎていないか、寝返りが打ちやすいかという点もチェックしてみましょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ