MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

シングル掛布団の選び方は?素材別の特徴もしっかりチェックしよう

シングル掛布団の選び方は?素材別の特徴もしっかりチェックしよう

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

シングル掛布団を選ぶときは、中綿の素材や布団の厚さ、お手入れのしやすさなどをチェックしておきましょう。自分に合うシングル掛布団を見つけることで、快適な眠りを得やすくなります。シングル掛布団を選ぶポイントや素材、おすすめの掛布団を紹介します。

目次

掛布団のシングルサイズ

掛布団を選ぶとき、重要なポイントの一つがサイズです。『シングル掛布団』とひとくくりにしても、全て同じサイズとは限りません。シングル掛布団のサイズについて考えてみましょう。

幅150cm×長さ210cmが一般的

ただ『シングル掛布団』というときは『幅150cm×長さ210cm』が一般的なサイズです。シングル敷布団の標準サイズが『幅100cm×長さ200cm』ですから、それよりはやや大きめに作られています。

身長が平均より高い人、あるいは「頭まですっぽり掛布団を被って寝たい」という人にとっては、掛布団の長さが足りないと感じるかもしれません。その場合はより長さのある「シングルロング掛布団」を選ぶのがベターです。

シングルロングとの違い

シングルロングはその名の通りシングルより長めに作られています。ただし長さに関しては明確な基準がなく、サイズはまちまちです。

シングルサイズと変わらない『長さ210cm』のものが『シングルロングセット』として敷布団とセット販売されることもあれば、230cmもしくは250cmなど、より長いサイズの掛布団が『シングルロング掛布団』として販売される場合もあります。

身長のある人が掛布団を選ぶときは、「シングルロング掛布団なら安心だろう」と安易に考えるのはおすすめできません。必ず実寸をチェックし、長さが足りているか確認しましょう。

中綿の素材別の特徴

掛布団の使用感を大きく左右するのが中綿の素材です。それぞれ特徴やお手入れ方法などが異なるため、「どのような掛布団が欲しいのか」を明確にし、それに合うものを選ぶとよいでしょう。

掛布団の中綿に使われる主な素材を紹介します。

吸湿性と保温性に優れた 綿

綿は日本の布団の中材として長く親しまれてきた素材です。

吸湿性・保温性ともに高い上、弾力性もあるとされます。就寝中の汗を吸い取ってくれるので、汗をかいても不快感を覚えにくいでしょう。加えて熱を逃がさないので、寒い冬はとくに重宝します。

ただし綿は放湿性がさほどないといわれています。吸い取った湿気をため込めば、布団が重く傷みやすくなるのは避けられません。小まめな天日干しなど必要となり、お手入れにはそれなりの手間がかかるといえます。

とはいえやはり「天然素材は安心感がある」という人は少なくありません。打ち直しもできるので、大切に使えば10年以上は持つともいわれています。

軽くて暖かい 羽毛

羽毛を中材に使った羽毛布団は、羽毛の間に空気を多く含みます。そのため軽量でかさ高性(羽毛が膨らむ力を数値化したもの)があり、保温性も高いのが特徴です。加えて吸湿性・放湿性に優れているため、汗をかいても掛布団が蒸れにくいというメリットがあります。

ただし機能面に優れているぶん、コストはやや高額になりがちです。

また、あまりにかさの高い掛布団は収納に困ることもあるかもしれません。虫食いが発生しやすいデメリットもあるといわれており、保管方法には十分な注意が必要です。

一般的に羽毛布団とよばれるのは『ダウン50%以上』の布団です。それ以下のものは羽毛ではなく『羽根布団』に分類されます。

高い吸放湿性で蒸れにくい ウール

ウールは繊維の表面に独特の縮れがあるのが特徴です。この繊維形状により高い吸放湿性を発揮し、吸収した水分を素早く空気中に放出します。

加えてウールには湿気を熱に変える性質があるともいわれています。寒い冬も汗を吸収して熱を出すため、寒い冬ほどウールの魅力を実感しやすいのではないでしょうか。

難燃性が高い、弾力性に富むなどのメリットもある一方、価格は羽毛布団ほど高くありません。掛布団としては非常にバランスが取れているといえるでしょう。

ただしいったんへたると回復しにくい上、衛生管理が悪ければ虫害の恐れもあります。定期的に陰干しするなど、適切なお手入れが必要です。

安価でお手入れしやすい ポリエステル

ポリエステルの掛布団は軽量かつ丸洗い可能なものが多い上、製品の種類が豊富です。探せば安価なものも見つかるため、「手もコストもかけたくない」という人に向いています。

ポリエステルは繊維自体に吸湿性はありませんが、『透湿性』には優れているといわれています。湿気の多い季節でも比較的蒸れを感じにくいでしょう。

また綿ボコリが出にくいのもポリエステルの魅力です。細菌の温床になりにくく、衛生的につかいやすいといえます。

加えて繊維を加工しやすいため『消臭加工』『防ダニ加工』などが付いた機能性掛布団も少なくありません。ポリエステルの掛布団を選ぶときは、機能にも注目するとよいでしょう。

掛布団選びのポイント

掛布団を選ぶときは、中綿の素材はもちろんですが「快適に使えるか」「お手入れはどうか」という点のチェックも不可欠です。掛布団を選ぶとき注意したいポイントを紹介します。

季節に合った厚さか

掛布団には薄い順に『肌掛け』『合掛け』『本掛け』とあり、それぞれ保温性や軽さが異なります。四季の変化が顕著な日本では、季節に合わせて掛布団を変えるのがおすすめです。

まず肌掛けは最も薄手かつ軽量な掛布団です。厚さはタオルケットよりやや厚みがある程度で、「ちょっと何か掛けたい」ときに向いています。

一方『合掛け』は、肌掛けよりはボリューム感のある掛布団です。厚くもなく薄くもないため、真夏・真冬以外は使えます。冬は毛布を足して使えば、温かく眠れるでしょう。

『本掛け』は最も厚みのある掛布団です。適度に重量があるため体にフィットしやすく、布団の熱を逃がしません。寒さが厳しい夜に最適です。

天日干しできるかどうか

掛布団は、就寝中の人の汗を吸収します。そのまま放置すると湿気がたまり、ダニや細菌の温床となりかねません。このとき天日干しできる掛布団なら快適な状態を保ちやすくなるでしょう。

天日干しできるかどうかは、素材や加工によります。例えば羽毛や羊毛は天日干しには不向きです。また防ダニ加工などしてある掛布団を干すと、直射日光によって効果が半減する恐れもあります。特殊加工を施してあるものは、天日干しの可否を事前に確認しておきましょう。

加えて、重すぎる掛布団は干しにくいので要注意です。掛布団を選ぶときは、中綿、機能、重量などよく確認した上で、天日干しできるものを選びましょう。

掛布団は自宅で丸洗いできる?

汚れが気になるときは、「いっそ掛布団を洗濯したい」などと思うものです。しかし、掛布団を自宅で丸洗いすることは可能なのでしょうか。掛布団の洗濯方法について紹介します。

表示を確認してから洗濯機へ

洗濯する前に、タグに掲載されている『洗濯絵表示』で洗濯の可否を確認しましょう。またタグで洗濯可能とされていても、洗濯機が『布団洗いNG』というケースもあります。掛布団を洗うときは、タグ・洗濯機両方の確認をおすすめします。

洗濯機OKの掛布団を洗うときは、まず必ず小さく畳んで洗濯ネットに入れます。洗濯機のモードは『大物洗い』『毛布洗い』『手洗い』などのコースを選びましょう。

また、あらかじめ洗濯機に洗濯液を作っておくのも大切なポイントです。洗剤を後で入れると洗いムラができやすくなります。先に液を作り、その後掛布団を入れましょう。

コインランドリーやクリーニングも活用

コインランドリーを使用する際は、内部が掛布団だけで埋まるサイズの洗濯機がベターです。掛布団はロール状に巻いて紐で縛り、型崩れしにくくしてから入れます。

一方、乾燥器は大きめサイズが望ましいとされます。乾燥後に掛布団が膨らむことを考えて、内部に余裕がある方が安心です。いったん乾燥器に入れたら中までしっかり乾くよう、最低でも1時間程度は乾燥させましょう。

また、洗濯の手間や時間が惜しいならクリーニングを活用する方法もあります。近年は自宅まで回収・配達に来てくれる業者もいるので、探してみてはいかがでしょうか。プロに任せれば、「大切な掛布団が傷むかも」可能性は低いでしょう。

おすすめのシングル掛布団

シングル掛布団といっても種類は多く、好みや季節によって選び方は異なります。考えすぎて迷ってしまう人は、人気の高いシングル掛布団をチェックしてみてはいかがでしょうか。

扱いやすく使い勝手もよい羽毛布団を中心に、おすすめのシングル掛布団を紹介します。

暑い夏も涼しく タンスのゲン「洗える ダウンケット」

羽毛ならではの高い吸放湿性を持ち、暑い夏でも蒸れにくいとされる肌掛けです。軽量なので圧迫感がなく、暑い季節でも寝苦しさを感じずに眠れるはずです。

また羽毛を洗浄して使う『パワーアップ加工』や『立体キルト』製法によりふかふかした感触も楽しめます。加えて表生地はピーチスキン加工で肌当たりもよく、ごわつき感を感じにくく作られているのも魅力です。

このほか『自宅で洗濯OK』『除菌・防臭・防ダニ・防カビ機能付き』などメリットはさまざまあります。日本製のホワイトダックダウン85%使用で3年補償も付いているので、信頼性の高い掛布団を探している人におすすめです。

  • 商品名:タンスのゲン 洗える ダウンケット
  • 楽天:商品ページ

春から秋まで使える 西川プレミアム「羽毛掛け布団(合掛け)」

ホワイトグースダウンを約90%使用した、高級感あふれる合掛けです。西川独自の『フレッシュアップ加工』で磨き上げられた、高品質なダウンの感触を楽しめます。掛布団は厚みもちょうどよく、春から秋まで長く使えるでしょう。

また、布団の側生地には軽量で滑らかな綿100%のサテン生地を使用しています。ダウンのふかふか感が失われにくく、心地よい肌触りを実感できるはずです。

加えてキルト加工で羽毛が移動しにくいため、羽毛がかたよる心配はほぼありません。暖かさが長持ちし、冬も快適に眠れるでしょう。

  • 商品名:西川プレミアム 羽毛掛け布団(合掛け)
  • 楽天:商品ページ

寒い冬も暖かい ニトリ「かるふわ羽毛掛ふとん 完全二層式」

シベリア産シルバーグースダウンを92%使用しています。総重量は約1.54kgと軽く、寝苦しさはほぼ感じません。フィット感も高いため、体との間に隙間ができにくく、寝返りをしてもずれにくい仕様です。

また側生地はニトリと帝人社との共同開発によるものです。羽毛がつぶれにくい上、超高密度でダニやほこりを通しにくいように作られています。

ネットに入れれば洗濯機で洗えるので、お手入れが簡単なのもうれしいポイントです。

  • 商品名:ニトリ かるふわ羽毛掛ふとん 完全二層式
  • 楽天:商品ページ

まとめ

毎日使うものだからこそ、体や好みにあったシングル掛布団を選びたいものです。中綿の素材によってお手入れ方法や特徴は異なるので、どんな特長を重視するか決めておくことをおすすめします。

また、季節によっても選ぶべきシングル掛布団は異なります。冬用なら厚手の本掛け、夏用なら薄手の肌掛けなど快適に使えるものを選びましょう。

快適に使えるシングル掛布団が見つかれば、心地よい眠りにつながります。疲れた体がしっかり休まるよう、ベストなシングル掛布団を見つけましょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ