MENU

いい眠りで明日をいい日にするメディア

検索

羽毛布団の寿命はどれくらい?布団を長持ちさせるための方法

羽毛布団の寿命はどれくらい?布団を長持ちさせるための方法

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

布団の寿命は素材や品質によって異なります。それぞれのケースにおける寿命の長さや寿命が訪れたサインについて確認しましょう。また、布団を長持ちさせる方法や、新品同様に再生させる方法についても詳しく解説します。

目次

羽毛布団の寿命

品質のよい羽毛布団は長く使えるものではありますが、それなりの使用年数が経過すれば寿命がやってきます。まずは羽毛布団の平均寿命と、寿命を迎えるというのはどういう状態になることなのか見ていきましょう。

平均寿命10年から15年程度

羽毛布団の平均寿命は、約10~15年といわれています。5年の開きがあるのは、羽毛の品質や使い方によっても寿命が変わるためです。ただし、この寿命は通常使用で、定期的にお手入れをしていることを想定した寿命に過ぎません。

普段はあまり使う機会もない客用布団を、押し入れにしまったまま月日がたってしまったということも多いのではないでしょうか。こうしたケースでは寿命が約20年と長くなることもあります。

実は、羽毛自体の寿命は約30年ともいわれているのです。ただし、掛け布団として使える期間は限られています。初めは掛け布団として、やがて敷布団・座布団へと打ち直しをして使い方を変えていく家庭も少なくありません。

寿命が来ると保温性が下がる

羽毛布団は厚みがあって柔らかく、軽いのにとても暖かいのが特徴です。新品のときが最も効果を感じやすく、使用年数が経過するごとにだんだんと暖かさが失われていくでしょう。

羽毛は空気をたくさん含んでいて、その空気層に暖かな空気を閉じ込めるため、布団の中はほどよい暖かさにキープされます。

ところが、長く使用した羽毛はベタつき始め、肝心の空気層を保つことができません。そのため、寿命を迎えた羽毛布団は十分に寒さをしのげなくなってしまうのです。

羽毛布団の寿命の差

羽毛布団の寿命が羽毛の品質によって変わるというのは先に触れた通りですが、細かくいうと、そのほかのさまざまな条件によっても寿命は左右されるのです。ここでは、その条件について詳しく解説します。

体質や側生地による違い

羽毛以外の条件として、布団を使用する人の体質や、羽毛を包んでいる側生地の品質が挙げられます。

人は寝ている間にコップ1杯分の寝汗をかくといわれていますが、この大部分が敷布団と掛け布団に吸収されてしまうのです。水分だけではなく、皮脂も布団に移ります。

汗の量や皮脂分泌量は性別や年齢によって異なりますし、汗をかきやすい・汗をかきにくいといった体質の違いもあるでしょう。そのため、使用者によって傷みの進み具合も異なるのです。

また、側生地にはさまざまな素材が使われます。例えば、繊細に輝くシルクは軽くさらさらした肌触りが魅力ですが、ほかの素材に比べて耐久性に劣るといわざるを得ません。羽毛よりも早く側生地の寿命がきてしまうこともあるでしょう。

価格や羽毛の種類による違い

一般的に、購入金額が高いと質もよい傾向があります。羽毛のランクは、高いものから順に次の通りです。

  1. アイダーダック
  2. マザーグース
  3. グース
  4. マザーダック
  5. ダック

ダックはアヒルのこと、グースはガチョウのことで、それぞれ親鳥の羽毛の方が高品質とされます。アイダーダックは羽毛布団に使われる中で最高品質の羽毛です。

ただ、布団の価格を決めるのは羽毛だけではありません。側生地の素材によってもかなり価格に開きがあります。羽毛のランクがそこそこでも、最高級の側生地であれば、その分値が張るでしょう。

さらに、側生地の仕立て方によっても価格は変わります。一概に購入金額が高かったから羽毛の品質がよいとは限らないのです。

メンテナンスしていれば10年ほど伸びる

全ての物にはいつか寿命が来るとはいえ、丁寧に扱えば長持ちさせることは可能です。もちろん、羽毛布団もその例にもれません。適切な方法でメンテナンスをしておけば、寿命を約10年延ばすこともできるでしょう。

しかし、どれだけ大切に扱おうとも、家庭でできるメンテナンスには限界があります。より寿命を延ばしたいと思うのであれば、専門の業者に依頼するのも一つの方法です。

長持ちさせるためには定期的にクリーニングしたり、専門業者に依頼してできる『打ち直し』をする方法などがあります。

羽毛布団の寿命サイン

羽毛布団は年々少しずつ劣化していくので、パっと見て変化に気付きにくいかも知れません。弾力がなくなってきたと感じたら、次のような寿命のサインがないか確認しましょう。

羽毛が出てくるなどの見た目

ダウンコートを着ていて、どこからともなく羽毛が飛び出してきたことはないでしょうか。長く使っていると、布団にも同じことが起こります。

ダウンはとても細いため、羽毛布団の側生地には一般的に『ダウンプルーフ加工』が施されています。ダウンプルーフ加工とは、目をギュっと詰めて糸の隙間を極限まで狭める加工のことです。

長く使用していると側生地が傷み、糸の隙間が広がってしまうことがあります。そのまま使っていれば、やがてどんどん羽毛が飛び出してくるようになるでしょう。

また、ボリュームが減ったり、羽毛が片寄ってくるのも寿命のサインです。これは保温性にも大きく関わります。次の項目で詳しく見ていきましょう。

保温性や重さなどの使用感

新品の羽毛布団はたっぷりとしたボリューム感があり、まさに羽のように軽いのが特徴です。何も掛けていないかのような軽さにもかかわらず、布団の中は心地よい暖かさがキープされます。

羽毛布団が暖かいのは、羽毛がたくさん空気を含んでいるためです。この空気層の効果により、熱を閉じ込める保温性・余分な湿気を逃がす放湿性を保っています。

ところが、使用年数が経過するごとに布団のボリュームは失われ、新品のときほど保温性や放湿性を感じにくくなるでしょう。これは、染み込んだ寝汗や皮脂の影響で羽毛がベタつき、空気層が少なくなっていくためです。

新品のときのボリュームが見る影もなくぺちゃんこになり、重みを感じるようになってきたら寿命のサインといえるでしょう。

においが取れなくなってしまった場合

羽毛布団を使い続けていると、嫌な臭いがすることがあります。これは、羽毛布団に発生したカビや雑菌によるものです。見た目にカビが見えなくても、中身の羽毛に繁殖していると考えられます。

カビや雑菌の元となるのは湿気です。寝汗だけではなく、湿気のたまりやすい押し入れに長くしまい込んでいた場合も臭いが発生することがあるでしょう。

また、寝汗や皮脂が酸化しても臭くなります。長く使うほど臭いの原因が蓄積され、天日干しやクリーニングでも落ちにくくなってくるでしょう。臭いが取れなくなってしまったら、買い替え時かもしれません。

羽毛布団を長持させる方法

羽毛布団の心地よさをなるべく長持ちさせるため、常日頃から気を配っておきたい三つのポイントを紹介します。どれもすぐに実践できる方法なので、今からでも普段の手入れに取り入れてみましょう。

カバーをつけ丁寧に扱う

羽毛布団は側生地の上に、さらにカバーを付けて使うことをおすすめします。側生地がむき出しのままだと寝汗や皮脂が直接染み込んでしまい、ダメージの進行が早くなってしまうでしょう。

カバーが付いていれば、ある程度の汚れを引き受けてくれるので、羽毛の汚れを最小限に食い止めることが可能です。

また、押し入れにしまうときなどは、できる限り丁寧に扱いましょう。ダウンプルーフ加工がされた側生地はとてもデリケートな素材です。

狭いところへ無理に押し込んだり、引っ張って取り出したりすると、小さな穴が空いてしまいかねません。なるべくカバーで覆うか通気性のよい保管袋に入れるなどして、側生地の傷みを防ぎましょう。

適度にクリーニングを行う

寝汗や皮脂に直接触れる布団カバーは、週に1回程度は洗濯した方がよいでしょう。汚れが付着したままの布団は、ダニや雑菌が増殖しやすい環境です。肌の弱い人や小さな子どもは、肌荒れしてしまうことも少なくありません。

一方、羽毛布団を清潔に保つため、まめにクリーニングに出した方がよいかというと、実はそうとも限りません。あまり頻繁にクリーニングすると、羽毛や側生地を傷める原因になる可能性があります。

メーカーにより、約3~5年に一度であったり、汚れが目立ってきたときであったり、クリーニングの目安はさまざまです。羽毛布団メーカーが推奨する頻度を守り、適度にクリーニングを行いましょう。

季節に合わせ布団を使う

近頃はエアコンを付けて寝る家庭も多く、羽毛布団を一年中使っているというケースも珍しくありません。しかし、羽毛布団の寿命を延ばすという点で見れば、夏場は厚手の羽毛布団は使わない方がよいでしょう。

部屋を涼しくしていても、夏場は汗の量が増えやすい季節です。できれば薄手の合い掛け布団などに切り替え、厚手の布団は本格的に冷え込む時期のみ使用することをおすすめします。

羽毛布団を長持ちさせる打ち直し

天日に干したり、乾燥機にかけたりしても、あまり効果を感じられなくなる時期がやってきます。そんなときは、羽毛布団を『打ち直し』に出してみるとよいかもしれません。

10年に一度打ち直しをしよう

打ち直しとは、布団の中身を洗浄・殺菌することで、新品同様の使い心地をよみがえらせる再生加工のことです。基本的に専門の業者に依頼します。羽毛布団の場合、使用してから約8~10年たった頃が打ち直しのタイミングといわれています。

使用年数はあくまで目安であり、ダメージの進行によって早めに打ち直しが必要になることもあるでしょう。ボリュームが目に見えて減った・臭いが取れない・側生地が破れたといった傷みがあれば、打ち直しを検討する時期です。

再生不可能なほど羽毛のダメージが進んでしまうと、打ち直しの効果は期待できません。使用頻度や見た目の状態を考慮した上で、手遅れにならないうちに打ち直しに出すとよいでしょう。

打ち直しのメリット

羽毛布団の打ち直しには、主に次の三つのメリットがあります。

  • 買い替えるより経済的
  • 環境に優しい
  • リフォームもできる

近年では羽毛の価格が高騰しているため、高級な羽毛を使用しているほど同じクオリティーの羽毛布団を買おうとすると高くつく可能性が高いです。

同じ使い心地を求めるのであれば、新しい布団へ買い替えるよりも、新品同様に再生できる打ち直しの方が経済的でしょう。粗大ゴミを出さずに済むので環境に優しく、個人的にも費用や手間を省けるといったメリットがあります。

また、打ち直しすると同時にサイズや厚みを変更することも可能です。シングル布団を子どもサイズの掛け布団と敷布団にしたり、厚みを減らして肌掛けを作ったりすることもできます。

打ち直しの工程

打ち直しに出された羽毛布団は、まず預かった時点での状態が細かくチェックされます。その後、中身を取り出し細かなゴミを取り除いた後、羽毛を大きな袋に入れて洗浄するというのが大まかな流れです。

洗浄時に殺菌も行われるため、汚れと同時に臭いも取れます。洗浄・殺菌が済んだ羽毛は職人の手によってまんべんなく側生地に詰められ、縫製が済めば全行程の完了です。

細かな部分は布団店や工場によって異なるため、打ち直しに出す際に確認することをおすすめします。

敷布団の素材別の寿命

布団の寿命は中身の素材によっても異なります。ここでは、敷布団に使用される主な素材を取り上げ、それぞれの寿命と特性についてまとめました。

ポリエステルと木綿わた

ポリエステルは約3年、木綿わたは約3~7年といわれています。ポリエステルの敷布団は軽くて扱いやすく、比較的安く手に入るのが魅力です。丸洗いできるものもあり、まめに手入れしていればいつでも清潔な布団で寝ることができます。

一方でへたりやすいといったデメリットがあり、3年もすると弾力がなくなってくるでしょう。低価格帯のものが多いため、打ち直しよりも新品に買い替えた方がよい素材といえます。

木綿わたの敷布団は吸湿性に優れ、寝汗でベタつきにくい素材です。天日干しすればふっくらとした感触がよみがえるため、寝心地は抜群といえるでしょう。

寿命は『敷いて3年掛けて5年』といわれており、約3年たった頃から傷みを感じるようになります。普段の手入れで弾力性や臭いなどが改善されなくなってきたら、買い替えか打ち直しを検討するタイミングです。

ウールとウレタン

ウールは約3~7年、ウレタンは約5~10年で寿命を迎えます。ウールのメリットは保温性の高さにあるといえるでしょう。繊維内に暖かい空気を閉じ込める性質があり、羽毛と同じように冬に重宝する素材です。

さらに、吸い込んだ水分を発散させる特性があるため、それほどまめに布団を干さなくても大丈夫でしょう。なお、ウールは日光に弱いので、日陰に干した方が長持ちさせやすくなります。

ウレタンは水に弱い素材です。家庭での丸洗いは基本的にできないほか、専門のクリーニング店でも引き受けているところはそう多くありません。

そのため、ウレタンの敷布団は『防ダニ抗菌加工』が施されていることがほとんどで、この機能が保たれている限りは清潔に使いやすいです。敷布団の上に吸湿性のよいシーツやパッドを敷くとより長く使えるでしょう。

樹脂素材と低反発敷布団

樹脂素材は約3~10年と、低反発敷布団の寿命も約3~8年と、密度や厚さといった品質により使用できる年数に開きがあります。どちらも耐久性の高さと弾力性に優れている点が最大の特徴です。

ただし、長持ちさせるには使い方や手入れ方法に工夫が必要な素材でもあります。

同じ場所に圧をかけ続けるとへたるのが早まってしまうため、定期的に裏返したり上下逆さで使ったりと圧力のかかる場所を変えましょう。また、高温に弱く天日干しできないので、湿気対策は陰干しかこまめな部屋の換気が必要です。

布団を長持ちさせる手入れ方法

汚れや湿気をまめに取り除いておくと、布団の使い心地のよさが長持ちします。手入れのポイントについて確認しておきましょう。

天日干しで湿気を逃がす

人は寝ているとき、約コップ1杯分の寝汗をかくといわれています。その約3分の2が敷布団へ、約3分の1が掛け布団に吸収されるため、定期的に布団を干して湿気を取り除くのが長持ちさせるコツです。

日中の日が高く湿度の低い時間帯が天日干しに適しています。また、カバーを付けたままの方が傷みにくいでしょう。空気に触れさせるだけでも効果があるため、梅雨時期などは扇風機や除湿機を利用して乾かすのもおすすめです。

収納時は湿気の少ないところに

収納時に湿気対策を怠ると、カビや雑菌が繁殖してしまいかねません。収納前には天日干しをしてよく乾かしておきましょう。通気性のよい袋などに入れ、口は完全に閉じないでおくのもポイントです。

また、押し入れは湿気がたまりやすい場所なので、使わない間もときどき扉を開けて湿気を逃がしましょう。すのこを敷いて空気の通り道を作ったり、除湿シートを敷くのもよい方法です。

洗う時のポイント

布団を洗うときは、必ず洗濯表示を確認しましょう。家庭で洗えるのはウォッシャブル表示のあるもののみです。ドライマークの布団はクリーニング店や専門業者に依頼しましょう。

また、乾くまでに時間がかかるので、できれば前もって天気予報チェックして晴天が続く日を選ぶことも大切です。丸めてひもで縛ると、中身が片寄りにくく脱水しやすくなります。

まとめ

羽毛布団の寿命は約10~15年といわれています。寿命を迎えると保温性がなくなり、見た目にもボリューム感が失われたり羽が飛び出したりといったさまざまな劣化のサインが出始めるでしょう。

寿命がきたら買い替える以外にも、打ち直しすることで新品同様の使い心地がよみえがえることもあります。まだそれほど使用年数が経過していない・高品質な羽毛を使っている、といったケースでは打ち直しを検討してはいかがでしょうか。

どの素材の布団も、家庭でできる湿気・汚れ対策で寿命を延ばすことが可能です。素材に合った手入れをして、気に入った布団をできるだけ長く使いましょう。

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

PR
腰痛対策マットレス第1位 【モットン】
朝起きても腰の痛みが気にならない腰痛対策マットレスの秘密とは!?

先行特別価格!『雲のやすらぎプレミアム』
なんと17cm!ふんわりボリューム敷布団★WEB先行販売&特別価格!

  • サイズ

  • 価格帯

  • 材質

  • 固さ

  • メーカー・シリーズ